ナパ旅行☆その1~ナパ近郊ホテルとナパグルメ~

今回は

① ナパバレー旅行の際に前泊した、ナパ近郊のリーズナブルだけど快適なホテル
② ナパの街にある『Napa Valley Life Magazine』のベスト アウトドア/パティオ ダイニング 2017に選ばれているレストラン
Angele Restaurant & Bar
Napa General Store

についてご紹介していきます。


2017年9月4日(月)。夜。
カリフォルニア州、クレイトン(Clayton)の友人宅を出て40分ほど車で走り、この日のホテル、
DoubleTree by Hilton Hotel & Spa Napa Valley – American Canyonへ。
(下記はGoogleマップに一部加筆したものです)

イメージ 1

ホテル名にはナパ(Napa)と付いていますが、実際の場所はアメリカンキャニオ(American Canyon)にあるホテル。
とはいえナパまで15キロ程度のところにあります。

このホテルにした理由は、友人宅と次の目的地のナパバレーの通り道にあり、なおかつ主人のたまっていたヒルトンホテルのポイントが使えるから(笑)。

チェックイン時には真っ暗だったので、こちらは後日撮影したホテルの外観。

イメージ 2


ロビーは何故か仏像の顔がデスクの上にディスプレイされているという不思議なアジア風のインテリア。

イメージ 3


ホテルのスタッフさんはとても感じが良くて、「コンバンハ~!」と歓迎してくれました。
ホテルの部屋はこんな感じで、ロビーと同じくライムグリーンをベースにした色合い。

イメージ 5
イメージ 4

・・・と部屋でくつろぎ始めた所で、先ほどのスタッフさんがお部屋をノックして主人が何かを受け取っていると思ったら、ヒルトンの会員にくれるクッキーをわざわざ持ってきてくれました!
普通はチェックイン時に会員には水とクッキーのセットをくれるらしいのですが、クッキーを渡し忘れたらしく、わざわざお部屋に届けてくれたとのことでした。

ちょうど小腹が空いていたので、食べ応えのあるクッキーを美味しくいただきました!

イメージ 6

ホテルに着いたのは、もう夜遅めだったので、クッキーを食べたら即寝て、
翌朝。
2017年9月4日(月)。

昨晩は暗くて分からなかったのですが、ホテルは池を囲むような造りになっていました。
ポイントで無料で泊まったし、そうでなくても元々の宿泊費も安めのホテルなのに、とってもいい感じ~♪

イメージ 7


しかもアウトドア席の大好きな我が家にぴったりのテラス席のある朝食レストランで朝ごはんをいただくことができました。

イメージ 8


下の写真の右手の席で朝食をいただきました。

イメージ 9
イメージ 10


ホテルには小さいながらもプールが付いていました。

イメージ 21


あっという間の1泊のホテル滞在を終え、チェックアウトして、いざナパバレーに向けて出発!

ホテルのすぐ近くのアメリカらしさ全開の巨大スーパーで水を買い、

イメージ 11


初めてのカリフォルニア州、ナパバレー(Napa Valley)へ。
ナパの中心街へ到着。

イメージ 12

ランチは、前々から調べておいた、『Napa Valley Life Magazine』の
ベスト アウトドア/パティオ ダイニング 2017に選ばれているレストラン、Angele Restaurant & Barへ。

これまで国立公園内に滞在していたので、オシャレレストランを楽しみにしていました。レストランはナパ川のほとりにあり、

イメージ 15


アウトドア席があるという、理想のロケーション!

イメージ 14


入り口もオシャレな感じでした。

イメージ 13


でも外観やロケーションだけではありません!
お料理のクオリティーが素晴らしかった!

主人がオーダーしたのは、本日のお料理からSteak Sandwich with fried egg

イメージ 16

私はAngele Garden Vegetable Tartine, Ricotta, Olive Oil, Toasted Country Breadと、

もちろんワインも♪ ナパ産のソーヴィニオンブランをいただきました~。

イメージ 17
イメージ 18

お料理は見た目のディスプレイも美しく、お味も美味。
主人のサンドイッチのステーキは美味しく、焼き加減もパーフェクト。
私のは野菜も新鮮で美しく、野菜とリコッタチーズ、それにシンプルなドレッシングが素材の美味しさを生かしていてすごく良かったです。

ここは2人で時々思い出しては、また行きたいね、と言っているレストランの一つです。
ナパを訪れたら絶対また行こうと思っているお気に入りのレストランになりました。



そして、このレストランのすぐ横にあるのがNapa General Storeというカジュアルなレストランや洋服屋さん、雑貨屋さんの入ったストアー。

イメージ 19


こちらの入って一番奥にあるカフェコーナーは、

イメージ 20

カジュアルな雰囲気ながらも『Napa Valley Life Magazine』の
ベスト アウトドア/パティオ ダイニングとベスト ブランチ、さらにさらにベストワインバー2017に選ばれていました。
既に満腹だったので行けなかったですが・・・。

グルメが満喫できる街、ナパのグルメと観光を次週もご紹介します!

ヨセミテからクレイトンへ&アメリカのドライブスルー式洗車☆

今回は、

① アメリカ、カリフォルニア州、ヨセミテ国立公園から サンフランシスコ東方面のクレイトン(Clayton) へのドライブ
② アトラクションのように面白い(!?)アメリカのドライブスルー式洗車


についてお伝えします。



2017年9月4日(月)。
ヨセミテ国立公園。

朝食の後は公園を出発し、サンフランシスコ東方面のクレイトン(Clayton)を目指して走っていきます。
(下のマップはGoogleマップに加筆したもの)

イメージ 1

こちらはヨセミテ国立公園を訪れる前日に宿泊した、グローブランド(Groveland)という小さな町。

イメージ 2

旅4日目ですが、すでに旅の1日目が思い出になってしまったなぁ・・・と思いつつ、名残惜しい気持ちで通過していきました。


ドライブ途中はこんな感じの枯草に深緑の葉の木々・・・という風景が続きます。

イメージ 3
イメージ 4


まだ延々続く・・・

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7


ストックトン(Stockton) という街に出たので、ショッピングモールの一角にあるベトナミーズレストランでランチ。

イメージ 8


本格的なフォーだったけど、味は普通・・・。

イメージ 9

主人が2016年のゴールデンウィークにカリフォルニアで本格的なフォーを食べてから、フォーにハマってしまい、アメリカに旅するたびに、何かとフォーを食べたがるのですが、カリフォルニアに住んでいた友人Cheeさんが連れて行ってくれたカジュアルだけどオシャレで美味しいフォーのお店とは違い、主人と行くところは何となく薄汚れた感じのところばかり・・・(-_-メ)

いい加減こういうフォーのお店はイヤだ!と主人に主張しました^^;
(このお店のフォーが悪かったというわけではないんですが・・・、ただフレッシュオレンジジュースと言っておきながらやたらとオレンジ感が薄く、何で薄まっているのかと思うと怖くて飲めなかった・・・)



さて、このフォー屋さんの近くは、もう友人宅のまあまあ近く。
ここまで順調な時間で来ていたので、汚れてしまった車を洗車することに。
アメリカのドライブスルー式洗車は久しぶり♪

こちらが洗車の入り口。

イメージ 10

昔NYに住んでいた時によく利用していたcar washは、マシーンの前に人がいて、そこで何コースにするか伝え、その人に支払いしていたのですが、ここではこんなマシーンが置いてあり、

イメージ 11

このマシーンで私達は8ドルのEXPRESS WASH を選択し、クレジットカード払いしました!

いざ、車に乗ったまま洗車エリアへGO~~~!!!
アトラクション気分でワクワクします。

イメージ 12


まず泡だらけになります~!

イメージ 13


そして青いビロビロしたゴム!?のようなカーテンで叩き付けられるような状態に。
この手粗さ、レンタカーだからいいけど、自分の愛車だったらイヤだ~~~

イメージ 14


青いビロビロはもう1回あり、

イメージ 15


この大胆な洗車方法がアメリカっぽくて好きで、洗車の間中、まるでアトラクション気分で面白いわ、おかしいわで笑いが止まりませんでした。

最後は暴風が吹き荒れ、水滴を飛ばし、

イメージ 16


DRY and SHINEコーナーへ。
これもまた回転している巨大な布?のような間を通り抜け、豪快さ満点!

イメージ 17


ここまで完璧にマシーンだったのに、最後はお兄さんが二人登場して人の手を使うという・・・・^^;

イメージ 18


これにて終了!
アトラクション気分の洗車で本当に楽しかった!その後、すぐに横にあるガソリンスタンドで撮った一枚ですが、ちゃんと車がピカピカになっていました。

イメージ 19


ストックトンから走り、サンフランシスコ東方面のクレイトン(Clayton)の友人宅へ到着。
ここに来るのは2014年以来の3年ぶり。

イメージ 20


暖炉に

イメージ 21


ジャグジーとプール、

イメージ 22


常設のテラスのダイニングテーブルに、バーベキューコンロ。

イメージ 23

相変わらずゴージャスなお宅で本当に羨ましい・・・。ところで↑写真の右側に映っている木に、
なんと ボブキャットという野生の猫が現れてリスを捕食していた らしく@@!、
友人がそれを動画で撮影して地元のテレビ局に売り込み、取材を受けてテレビに映ったんですってー!!

私達もボブキャットを期待して、滞在中はその木をしばしばチェックしていたのですが、その日はフクロウが訪れただけで会えませんでした・・・残念~。

イメージ 24


その代わり、友人宅の愛犬ギネスちゃんが私達を温かく出迎えてくれ、3年前は子犬で落ち着きのなかったギネスちゃんもすっかりオトナになっていました。

イメージ 25


次回はワインで有名なカリフォルニア州、ナパバレー編です!

ヨセミテ国立公園☆その4 ~初心者トレッキング・・・だけど!?@ヨセミテビレッジ~

今回は、 アメリカ、カリフォルニア州、ヨセミテ国立公園 の

① トレッキングを阻む思わぬ出来事
② ミラーレイク(Mirror Lake
③ マジェスティック・ヨセミテホテルのバー(ホテル詳細についての記事はこちら
④ 朝食にもおすすめ!ヨセミテビレッジにあるおすすめカフェ

についてご紹介します!



2017年9月3日(日)。
アメリカ、カリフォルニア州、ヨセミテ国立公園。

ビジターセンターから歩いて、ミラーレイクへ歩いて行こうとしたのですが、その途中ですんごい数の小さな虫が顔の周りにまとわりついて追いかけて来て手で振り払いながら歩いたのですが、虫よけスプレーは効かない、手で振り払うのを一瞬でもやめると、またすぐに虫が寄ってくる・・・という最悪の状態・・・!!!

私達の後ろを歩いていた家族連れも同じ目に遭っていて、彼らは私達より早くあきらめて引き返したのですが、私達はもう少し粘ってみたものの、歩きながらず~~~っと手を振り回しているのにいい加減疲れてしまい、ついに我々もトレッキングをリタイア・・・。

山の中のトレッキングルートから虫のいない大通りに出て再びビジターセンターへ戻りました。まさかこんな虫攻撃があるなんて・・・!!これまで色々な国立公園を訪れてきましたが、初めての体験でした。

虫を追い払うので本当に精いっぱいで、さすがの私もこの間一枚も写真を撮れませんでしたorzしかし・・・!!これで終わりにするわけにはいきません。

私達はマジェスティック・ヨセミテホテルへ戻り、レンタルサイクルをすることにしました。自転車だと虫がそのスピードに追い付けないので、虫を振り払って走り抜けることができるんです♪

ホテルのすぐ裏手からサイクリングをスタート。
出発してすぐに、美しい静かな流れの川の景色が。

イメージ 1
イメージ 2

もちろんヨセミテ・バレーの眺めも楽しめます。

イメージ 3

ミラーレイク(Mirror Lake)へ到着。

イメージ 4
イメージ 5

ミラーレイクの水が少なくて、あらかじめ見ていた写真から期待していたほどの景色ではありませんでした。

おまけに、ここでもやっぱり観光客が多くて、自然を満喫するには人が多いなぁ・・・というのが正直な感想でした。ミラーレイクへのトレイルも歩きやすく小さな子供も歩ける初心者向けなので、どうしても人が多くなってしまうんでしょうね・・・。

ロウアーフォールトレイルと同様、アクセスが良く誰でもが楽しみやすい反面、混んでいて風情に欠ける・・・という感じでした。

だからと言ってヨセミテは丁度良い中級者用で半日程度で楽しめる、ビジターセンター周囲のトレッキングルートも私達がちょっと調べたところ無さそうで、上級者か初心者か・・・というルートの二極化で、私達向けのルートがあまりない印象でした。(あくまでも私達夫婦の個人的見解ですが)頑張って人をあまり入れないようにしてミラーレイク周辺の写真を撮りました^^;

イメージ 6
イメージ 7

ミラーレイクの近くにいたコゲラ?系の鳥さん。
コンコンコン・・・と木をつついていました。

イメージ 8

ランチはビジターセンターへ戻り、ファーストフードでハンバーガーを買いアウトサイド席で。相変わらずできる限り外でご飯を食べたいという私達夫婦でございます。

主人はアンガスバーガー(右)、私はキッズ用のチーズバーガー(左)。キッズ用でちょうど良いサイズでした。

イメージ 9

ホテルへ戻り、レンタルサイクルを返して、ホテルのテラス席で飲み物を飲んでまったりしようとしたら、すぐに雨が降って来ました。

イメージ 10

トレッキング中に雨降られなくてよかった・・・。雨は降っていたものの、テラスの傘の下でのんびりと休憩していると、

イメージ 11

ホテルの庭にいるステラカケスや、

イメージ 12

庭のすぐ向こうの草原にいるカリフォルニアジリスと

イメージ 13

シカの親子が見れました。

イメージ 14

身近に野生動物が見られるのも、国立公園内に宿泊する醍醐味です。
でも、やはりヨセミテは人気の国立公園だけあって、人が多い場所が多く、動物も思ったより種類が少な目でした。

15:00からは以前の記事で詳細をご紹介したマジェスティック・ヨセミテホテルのホテル案内にツアーに参加しました。

夕食を食べに、再び車で5-10分程度のはずのビジターセンター方面へ向かうと、なんとビジターセンターに向かう車が多すぎて大渋滞が起きているのが見え、この様子だとビジターセンターにもしばらくたどり着けないどころか、パーキングも開いていないだろうと予想し、途中でUターン。
ホテルへ逆戻りして、結局ホテルバーでの夕食となりました。

モヒート片手に

イメージ 15

ディナー。

イメージ 16

夕食後もさらに夜のヨセミテ・バレーを堪能しようと、バーでコーヒーをテイクアウトし、ヨセミテバレーを眺めながら飲みました。

部屋に帰り、ホテルのバスルームに置いてあって、ずっと気になっていたヨセミテ国立公園のレンジャー帽をかぶったアヒル隊長を探しに、閉店ギリギリのホテルのショップへ。

お目当てだったアヒル隊長がバスケットに盛られて売られているのを発見!

イメージ 17

アヒル隊長を2匹買って、1匹は会社の同僚のSさんのお子さんへプレゼントしました。

Sさんの子供は気に入ってくれ、早速お風呂に入れてくれたらしいのですが、なんとアヒル隊長、帽子のせいで重心がずれてるのか、真っすぐ浮かばず、斜めに傾きながらでしか浮かないそうです~~~( ̄▽ ̄)

ちなみにこのアヒル隊長は、私の旅インスタグラムのプロフィール写真に使っています!こうしてヨセミテ2泊目のヨセミテ最後の夜が更けていきました。



明けて、
2017年9月4日(月)。

6時に起床し、バナナだけ食べて、ホテルの周りの散歩へ出かけましたが、またしても昨日と同じ大量の小さい虫が顔周りに集まってきました!!
振り払おうとしてもしつこいし、何しろ昨日振り払い過ぎて手は筋肉痛だし、ダッシュして逃げようとしても歩いたとたん虫が寄ってくるしで、すぐに疲れてしまい散歩を断念・・・。

これじゃあ写真も撮れない!
2人で朝からグッタリし、朝ごはんを食べずにホテルを出て、ビジターセンターの一角にある
DEGNAN’S KITCHENの1階のデリへ行きました。

イメージ 18

デリでソーセージマフィンをオーダーしたのですが、オーダーは自動販売機ですることができ、販売機は日本語を選択すれば日本語対応も可能でした。

販売機で支払いを済ませたレシートをカウンターへ持って行くと、オーダーが完了するシステムです。
ヨセミテ最後のご飯は、ビジターセンターの一角、と言ってもこんなに山と緑に囲まれたロケーションでいただきます。

イメージ 19
イメージ 20

ソーセージマフィンもソーセージの塩気は強めですがおいしい!

イメージ 21

DEGNAN’S KITCHENは1階のデリも2階のデリカフェもおすすめです。

ヨセミテを去る前に、一番私達にとって景色がお気に入りのスポット、バレービュー(Valley View)を再訪しました。
朝もやに包またバレービューの景色は、日中訪れた時にクリアな感じとはまた違い、幻想的で、昼間とはまた違った魅力的な風景でした。

イメージ 22

私達は公園内のホテルに2泊しましたが、ちょうど良い長さかなと思いました。

個人的な感想ですが、ヨセミテはあまりにツーリスティック過ぎて、大自然の中ではありますが、秘境度というか特別感がほかの国立公園に比べて少ない気が・・・。

良い点は、自ら出掛けて行かなくてもホテルに居ながらにしてヨセミテ・バレーの美しい景色が楽しめ、小さな子供から大人まで気軽に楽しめる、短くて歩きやすいトレッキングルートがアクセスの良い場所にあるところです。

また、食事やショップも国立公園では屈指の充実度でした。



次回はクレイトン友人宅訪問と、ナパバレーのお値打ちホテル編です♪