withコロナ時代の空の旅 2020年7月

前回のラウンジの記事でも触れたように、7月は久しぶりに羽田発着で飛行機を利用した旅をしました。

利用時期は東京の感染者数が激増する前の2020年7月上旬でしたが、
withコロナ時代のANAの空旅がどんな様子だったか、どんな感染予防策がなされているか
について、以下箇条書きでご紹介したいと思います。

私が搭乗前に一番心配だった【飛行機は密閉空間ではないのか!?】という疑問の答えも、以下にありますので、ご興味のある方はどうぞ拾い読みでもご覧下さい^^

● 保安検査場の入り口にはサーモグラフィーがある
羽田・成田・伊丹・関西・中部・福岡の6空港に設置されているようです。
設置のサーモグラフィーでセルフチェックを行なうというネット情報がありましたが、私達が利用したスイートチェックインの場合はセルフチェックの必要はありませんでした。

優先搭乗は中止されている
現在、会員ステイタス、搭乗クラス(ファースト・ビジネスなど)による優先搭乗は中止されています。

ANAのHPでは、
優先搭乗サービスは一時中止いたしますが、各グループ内において、スター アライアンス ゴールドメンバー専用レーン*を設置してご案内いたします。 *空港、機材により設置されない場合がございます。”
とありますが、私が7月に利用した羽田、那覇、女満別空港で専用レーンの設置はありませんでした。

では搭乗はどのようにしているのかというと、 東京大学西成研究室とANAとの共同研究で得た知見を参考にしており、チケットに印字されたグループナンバー順の搭乗になっています。
具体的には、①後方窓側席 ②後方間席 ③後方通路側席 ④前方窓側席 ⑤前方間席 ⑥前方通路側席 の順だそうです。

私はANAスーパーフライヤーズカード【SFC】(スターアライアンス ゴールド会員) 、主人はダイアモンド会員なのですが、優先搭乗は一切なし!でした。
しかし今の時代、できれば飛行機内に滞在する時間は短い方がリスクが低いと思いますし、専門家の意見を取り入れた搭乗順にしていることは評価できると思います。

さて、
私個人的には、搭乗前に一番心配だったのが機内の換気です。
3密は、「密閉・密集・密接」と言われますが、飛行機はそれに当たるのではないかと危惧していましたが、【機内は密閉空間ではない】ことが機内アナウンスにより判明しました。

約3分で機内の空気がすべて入れ替わり、高性能フィルターも装備、空気の滞留なし
・上空のきれいな空気を大量に取りこみ、約3分で機内の空気がすべて入れ替る ・機内の空気は高性能なフィルターでろ過され、客室内に供給されています
フィルターは、病院手術室の空調設備にも使用されている「HEPAフィルター」が全機に装備されています。
・空気は常に天井から供給、左右の壁の下部から床下へ流れ、客室内や特定の場所に滞留しない

これらの詳細な説明は、ANAのHPにも掲載されています↓
https://www.ana.co.jp/group/about-us/air-circulation.html

ドリンクサービスは簡素化・希望者にはアルコールシートの提供
私が搭乗した機内のドリンクサービスは、冷たい緑茶(紙コップによる提供)かペットボトルの水かどちらかでした。また、希望者にはアルコールシート(ウェットティッシュの様なタイプ)を配布していました。

新聞・雑誌の提供は中止

機内で使える不織布の袋の配布
羽田空港では、搭乗ゲートを入ったあとに、手荷物を足元に置く際などに荷物カバーとして使える、不織布の袋が置かれていました。

「お客様へのご協力のお願い」の動画が流れる
搭乗客に対しても、感染症予防対策のための協力を求める機内動画が流れていました。主に、手指衛生、マスク着用、ソーシャルディスタンス、大声での会話を控える、トイレの蓋を絞めて流す、などについてでした。

もちろん、CAさん達はマスクに手袋着用、こまめに消毒や清掃作業を行っていました。ドリンクサービスはかなり簡素化しているものの、きっと通常業務より多くの作業量があることでしょう。

最後に、IATA(国際航空運送協会)公式調査の結果によると、降機後にCOVID-19が確認された1,100人の乗客(2020年1月から3月の期間中)の接触追跡のより詳細な分析では、同じ飛行機に搭乗した10万人を超える乗客の間で、二次感染は見られなかったそうです。(ANAのHP情報より抜粋)

上記調査結果が真実を反映しているのであれば、意外にも飛行機内では感染のリスクは低いようです。
とは言え、飛行機に限らず公共交通機関を利用する際は、常に自分が感染者であるかもしれないと思って行動し、適切な感染予防策を実施することが必要ですね。

道の駅 木更津 うまくたの里・おすすめグルメ

今回は、前回の記事に引き続き木更津のグルメ記事です。

前回の記事では、【三井アウトレットパーク 木更津】 内のグルメについてご紹介しましたが、今回は、そこから車で20分ほどの所にある木更津の道の駅【道の駅 木更津 うまくたの里】グルメをご紹介します。

道の駅木更津 うまくたの里
千葉県木更津市下郡1369-1

千葉県は落花生が名産品なので、巨大落花生オブジェが出迎えてくれます。

この道の駅、向かって左手がカフェレストランになっています。
のうえんカフェレストラン &TREE

私達のお目当てはここのオリジナルソフトクリーム♪
この日は、ピーナッツ、ショコラ、ショコベリー、ショコナッツ、ブルーベリー、というラインナップでした。

せっかっくの千葉ですし、夫婦ともに迷わずピーナッツ味のソフトクリームにしました。

このソフトクリーム、おしゃれなビジュアルで縦に長くて、ふわふわの仕上がり。
ですが、それゆえに見る見る溶けてしまうので、味わうのもそこそこに猛ダッシュで食べました。(それでも手にだらだらと溶けたソフトクリームが流れ落ちてきました^^;)

口当たりがふわふわで、ピーナッツが優しく香って美味しかったですが、もっとピーナッツが濃厚でもいいな、と思います。
ですが美味しいのでおすすめですよ!!


そして、道の駅と言えば…の、農産物や特産品の販売コーナーですが、そこで買った2品がこちら。

どちらも千葉県産の素材で作られたもので、写真左は【ローズカフェ ロココのラスク】右が【風土食房 ジンジャーシロップ】です。

このラスク、千葉県産の落花生の粉末が入っているというので買ったのですが、期待した落花生感はそんなに感じないものの、カステラのような卵感ある風味のラスクで美味しくて…!!お値段も上の写真の物で税込み356円とお安く、カジュアルなお土産にもぴったりです。

カステラみたいに美味しいのでパッケージの裏側を見たら、表のシールの商品名は『ラスク』だったのですが、裏には『カステラ ラスク』と書いてありました。
わ~い(*^^*)、私の味の感覚が当たっていたので嬉しいわ…。

右のジンジャーシロップは無糖炭酸水で割って飲み、オトナの本格ジンジャーエールとして楽しんでいます。

このほか、道の駅で野菜類もたくさん買って帰りました。
道の駅の野菜は新鮮なので、都心に住む私達には種類豊富な野菜が新鮮かつ安価で買えるのがありがたいです。

『マツコの知らない世界』で紹介されたグルメ@木更津アウトレット

今回は、首都圏でも楽しめるグルメ…ということで、
千葉県木更津市にある【三井アウトレットパーク 木更津】内で食べられる『マツコの知らない世界』でも紹介されたグルメ2品
をご紹介したいと思います。

関東以外にお住まいの方のために簡単にご説明しますと、【三井アウトレットパーク 木更津】 は千葉県木更津市にあるのですが、東京、新宿や品川、(渋谷は8/1から運航開始)から高速バも出ていて、順調であれば都心から約1時間程度の所要時間と、車が無くても都心からのアクセスが良好です。

三井アウトレットパーク 木更津
木更津市 金田東3-1-1

アウトレット内には飲食店が多数ありますが、中でも私が気に入っていて、『マツコの知らない世界』 で紹介される前から何度も訪れていたのがここ!

gelato pique cafe / ジェラートピケカフェ
※下記写真はコロナ以前に撮影したものです

写真は人がいなくなった隙を狙って撮影したものですが、土日の昼間はとても混んでいて、行列していることもあります。

なので週末に行くなら閉店間際がおすすめ。私達はいつも閉店間際狙いです。

そしてこちらが私のお気に入りのクレープ、【バターとお砂糖のクレープ】。

こちらは、分かりやすく言うと、クレープの皮部分だけなのですが、エシレバターを使っていて、外はほどよくこんがりサクサク、中はもっちもち~!
素材の美味しさや食感が一番ダイレクトに感じられるので、これが私は一番のお気に入りでありおススメだったのですが、『マツコの知らない世界』出演の週8回クレープを食べる、管理栄養士の辻元未奈美さんも、同じクレープをおすすめしていました。

この店舗の他に大阪や名古屋などにも店舗がありますので詳しくは公式HPをご覧ください。
https://pique-cafe.com/shop.html#link_creperie
是非、お試しあれ~♪

さて、お次のグルメがこちら。こちらもアウトレット内にあります。

函館グルメ回転寿司 函太郎

名前の通り、回転寿司屋さんなのですが、『マツコの知らない世界』で紹介されたのは、ここのフライドポテトなんです!

このお店、番組で紹介される前から回転寿司が安くて美味しいことから、私達夫婦はショッピングのついでによく立ち寄っていました。

こちらはアフターコロナの店舗の様子です。
平日の昼間に行ったのにテーブル席はほぼ満席と大人気。
そして、コロナ前は回転していたお寿司も、今では一切回転していません~(;;)
(私達は元々回転しているお皿は取らなかったですが)

ブログに掲載するつもりで撮影しなかったので、写真がイマイチ&これしかないのですが…お寿司も安くて美味しいんです!

『マツコの知らない世界』で紹介されたポテトフライがこちらの【インカのめざめフライ】。

糖度の高いじゃがいも「インカのめざめ」を使用したフライドポテトで、ほくほくで甘~~~いです。
確かに美味しいですが、私は細切りで塩気があるタイプのフライドポテトの方が個人的には好みです^^

2007~2019・ゴールデンウィークの旅先リスト

みなさまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか…?

旅好きの方々にとって今年の自粛は辛かったのではないでしょうか。私達夫婦はも旅に出れず寂しかったです。

医療従事者の方々をはじめ、仕事の性質上出勤をしなければならない方々のリスクや精神的なストレスを考えたら、旅に出られないことくらいでストレスを感じてはいけないわ…と思ってもおりますが、正直、どこかに行きたくてたまりません。

しかし今は外出を我慢し、近所の散歩やバルコニーでご飯を食べる…などの気分転換でやり過ごしています。

とは言え、散歩に行ってもどこの公園も混んでいて…( ̄▽ ̄)
都心は公園が限られているので、どうしても人が集中しがちです。

3日前は珍しく家から少し足を延ばして芝公園まで散歩に行ったのですが、ベンチはすべて埋まっていて、その上レジャーシートを広げて4人でおしゃべりしている女性グループまで見かけましたよ(@@)!

昨日は天王洲アイル近辺を散歩してみたのですが、ここもまた人が多くて…
公園のベンチには座らないようにテープが貼られていたのに、テープは破かれ、無残にベンチの下に剥げ落ちていてベンチには平然と人が座っていました。

どちらも公園に居る人たちは観光客ではなくて近所の人のようでしたが、想像以上に公園に人が多いことに嫌になり、滞在時間ほぼゼロで、そそくさと立ち去りました。

———————————————————-

さて、本題ですが、おとといの夕飯の時に、主人が一枚の紙を持っていました。
そこには、主人がエクセルに記録していた過去の旅のうち、ゴールデンウィークの旅のみが抜粋して手書きで書かれていて、「夕食時の話題に、過去の旅を振り返ろうと思って」と主人。

なかなか良い持ち込み企画じゃない~(*^^*)
ということで、旅に出れない今年は、過去の旅を振り返ってみました。

下に我が家の過去のゴールデンウィーク旅の旅先リストとその要約を掲載しますので、どうかシェアさせて下さい。
※旅先ごとにリンクを貼っています。ここ数年のものは個人ブログの記事リンク、過去のものはアメブロへの記事リンクとなります。


2007年 中国・上海
昔過ぎてブログの記事無し
初めての中国。中華料理やマッサージを満喫。中国雑技団も観賞。

Waitan in Shanghai

2008年 台湾・台北
昔過ぎてブログの記事無し
旅の直前に風邪で発熱するも、グルメを満喫。台湾式シャンプーを初体験。

Taiwanese shampoo

2009年 USA・NY(居住)
2010年 USA・NY(居住)

2011年 中国・北京
ブログ休止中につき記事無し
万里の長城を訪れる。カンフーショーも観賞。駐在中の友人と会い、美味しい中華レストランで人生初めての冬虫夏草を食べる。

2012年 USA・カリフォルニア州レドンドビーチサンタバーバラなど→ネバダ州ラスベガス
NY在住時の親友夫婦がレドンドに引っ越したため、友人を訪ねる。一緒にラスベガスに行く。私以外の3人はカジノに夢中なため、私は一人でラスベガス観光^^;


2013年 USA・ ラスベガスグランドキャニオンセドナラフリンレドンドビーチ
ラスベガスとグランドキャニオンは1泊づつでセドナメインの旅。ラフリンという小さなカジノシティが超レトロな町並みで、深く印象に残っています。

Santa Barbara

2014年 USAカリフォルニア州 テメキュラレドンドビーチフロリダ州キーウエストエバーグレイズ国立公園フォートローダデール
充実の内容だった旅。テメキュラでワイナリー巡り、憧れのセブンマイルブリッジを渡りキーウエストをドライブ。エバーグレイズ国立公園と思い出のロクスハッチー国立保護区で野生のワニに再会。

2015年 ドイツ・ロマンティック街道オーストリア・ブレゲンツ→スイス・ツークルツェルンブリエンツ・インターラーケンドイツ・バーデンバーデンフランス・ストラスブールドイツ・バイデルベルク
初めてのヨーロッパドライブ旅。要約が難しいけれど、ロマンチック街道の小さな町は可憐で美しく、スイスではルツェルンに住む友人を訪ねつつ、美しい山脈や田園風景を堪能。ドイツのバーデンバーデンで温泉体験。ストラスブールでは美味しいランチを食し、ハイデルベルグでは哲学の道をお散歩。

Neuschwanstein Castle

2016年 USAカリフォルニア州 レドンドビーチハンティントンビーチロングビーチマンハッタンビーチカールスバッドサンディエゴ
サンディエゴメインにカリフォルニア州のビーチシティを巡る旅。カールスバッドのお花畑とサンディエゴは主人にとって人生初の海外旅行で訪れた思い出の地。サンディエゴで宿泊したホテル【Paradise Point Resort & Spa】内レストランで食べたスイーツが暫定私のNo.1スイーツ in USAです!

Coronado Bridge

2017年 USAニューヨーク →マサチューセッツ州ケープコッドボストンロードアイランド州ニューポート
住んでいた街、ウエストチェスターマンハッタンを再訪。ボストンではかつてお世話になった英語の先生と再会。ニューポートで宿泊したB&B【Marshall Slocum Inn】がとても可愛くて、朝食も美味しかった。

Times Square

2017年 USA カリフォルニア州モントレー→ピズモビーチ→サンタクルーズ
モントレーでは野生のラッコが見えるホテル【Monterey Plaza Hotel & Spa】に宿泊。憧れのビッグ・サードライブから、ローカルムードあふれるピズモビーチサンタクルーズ。3つのビーチシティ巡りの旅。

Santa Cruz

ゴールデンウィーク以外の旅行ではアジアやヨーロッパにも行っているのですが、ゴールデンウィークの方が夏より長く休みが取れるので、アメリカドライブ旅が多い傾向にあります。

歴代のGW旅の中で、ベスト1を選ぶとしたら2014年のフロリダです!
2度目のフロリダで初めてのキーウエスト。海に架かるセブンマイルブリッジ から両サイドに広がる海の眺めは最高で、橋を車で走り抜けた爽快感は何とも特別でした。また、大の猫好きの私は【ヘミングウェイの家】で、幸運を運ぶと言われる6本指のかわいい猫ちゃんたちに会えたのも、ほっこりする思い出です。

Seven Mile Bridge
Polydactyl cat @ Hemingway Museum

ああ…早く旅に出たいです!
次回旅する時は、旅することのありがたさを強く感じることでしょう…


アメブロの旅ブログは、2008年以降の古い旅記事をすべて掲載していますが、ヤフーブログから引っ越したため、行先リストをあまり整理できていなくて見づらいという欠点があります。申し訳ないです…m(_ _)m
ここ数年の旅に関しては本個人ブログに見やすい国別・旅先別リストを作成しています。
併せてどうぞよろしくお願いいたします!

アベノマスク&恩師からのハガキが届く

昨日、アベノマスクが我が家に到着しました。

このマスクに関しては、このマスクにかけたマスク事業費、さらにはこの事業そのものの是非に関して色々と思うところがありますけど…。

それは他ブログでも論じられていることなので、ここにはあえて何も書きません^^;

コロナの惨禍にはこういう出来事があったなあ…と、後々のために記録を残したく、この記事を書きました。


届いたマスク、うわさ通りサイズがちょっと小さめですかね。

私の顔のサイズは普通(か、普通よりちょっと小さめだと自分では図々しく思っている…)なのですが、それでも大きさが少々物足りない感じが…

普段自撮りなんてしないのですが(アメブロのプロフィール写真以来^^;)、こちらも後世への記録用にと思い自撮りしてみました。

そして、マスクと一緒にポストに届いていたのが、恩師からのハガキでした。

私が大学卒業して間もなくから10年以上在籍していた大学の研究所の教授で、今は退官して静岡で悠々自適な生活を送られています。

ハガキによると、昨今のPCR検査の話題がきっかけで夢に私が出てきたそうです。

今や誰もが聞いたことがある「PCR」法は、検査に使われるだけではなく、医薬・生物学系の研究室などでは広範に用いられる手技です。
今回のようにコロナ感染者から 検体採取をする操作はPCRの手技には含まれないため、PCRという手技そのものの実験操作は簡易で、研究初心者でも出来るようなテクニックしか必要とされません。
私も数えきれない回数はやったことがある、かなり身近な手法です。
(それもあって、研究員時代の同僚となぜPCRの検査を多く処理できないのかについて話したりするのですが、恐らくは最初の被験者からの検体採取のところが一番律速になっているのでは、と予測しています←あくまでも医療従事者としてのプロの意見ではなく、サイエンティストとしての予測に過ぎませんが…)

また、世間では検査数が少ないことに対して批判も多いのですが、PCRは通常の実験においても偽陽性や偽陰性が生じます。これはPCR以外の実験手法でも珍しいことではありませんが…

先日、神戸大の岩田健太郎教授がTV出演の際に、PCRの精度は30-70%で(今回の新型コロナのPCR検査を特定して行っているのかPCRという検出方法全般を指しているのかは言及してなかったですが、私の経験から感じていた精度より低くてちょっと驚きでした)、仮に希望者全員がこの検査を受け、「陰性」の人が自分は大丈夫だと行動自粛を行わず、もしそれが「偽陰性」だったら、感染者数を増やすリスクにるながる、という旨のことをおっしゃっていました。
それを聞いて、この先生の好き嫌いは別として、確かに「大人数をPCRすればよい」という単純なことでもないと納得…

話がPCRに逸れちゃいましたが、コロナで気も滅入りがちな時に、恩師が自分を思い出してハガキを送って下さったことがとても嬉しく、ほっこりした気持ちになりました。

こういう時だからこそ、日頃連絡を取っていない人に思い切ってハガキを送る、メールを書く、というのは素敵なことですね(*^^*)

私も先生にお返事を書き、最近連絡を取っていない友人にもメールを送ってみたいと思います。

2020年7月の台湾・ホテルをキャンセル

コロラド州旅行記の途中ですが、今日は7月の旅行のキャンセルについて記録がてら記事にします。

昨年末に予約していたのですが、
2020年の7月23日チェックイン26日チェックアウトで、台湾高雄市の 高雄グランドハイライホテル
(高雄漢來大飯店 / GRAND HILAI HOTEL KAOHSIUNG) を予約していました。

すると4月15日に、Expediaから「エクスペディア ホテル キャンセルの確認」という連絡が予約者である主人あてに来て、期限までにキャンセルすればデポジットの全額が返金されるということでした。

外務省 海外安全ホームページを見てみると、
新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限)のページには、

台湾について、

3月19日から,外国人は,居留証,外交,公務の証明,あるいはビジネス上の契約履行等の証明がない限り,一律入境を禁止する。3月24日から4月30日まで,航空機のトランジットを禁止する。”

と記されていました。


従って7月のことはまだ不明ですが…
今の日本の感染者数の状況を考えると、台湾へ入国させてもらえなさそうで厳しそう…と個人的には感じていますが、 航空券(ANA)の予約は一応そのままで、ホテルだけキャンセルしました


昨日のTVニュースによれば、現在も中東地域をはじめとする世界50か国に滞在中の1100人の帰国希望者が日本に帰国できずにおり、うち、350人は帰国予定となったが、残り750人が帰国の目途が立っていないとのことです。

また、在ニューヨーク日本国総領事館の情報によれば、
4月19日から,当地(ニューヨーク) から日本への直行便は原則としてANA の週1便のみ
になっているそうです。


こういう厳しい状況ですので、7月の台湾は無理かなぁ…という覚悟ではいます。


何より今は外出を控え、ご存知のようにブログ記事で昨年の旅行記を発信しています。
また、先日の「おうちで過ごそう」の記事に書いたように、オンライン英会話も続けています。

今は我慢の時ですが…、世界がこのウイルスを克服して、お互いの国を気軽に行き来できる日が一日も早く来ることを祈っています。

2020年・ゴールデンウィークのアメリカ旅をキャンセル

新型コロナウイルスが世界に拡散し、たくさんの感染者、死亡者が出ていることに心を痛めています。

それに伴い、現在は私達夫婦も不要不急の外出を控えている次第です。
また、 アメーバブログさんで行っている活動、「#おうちで過ごそう」を広める発信に賛同し、前回の記事では家で楽しめるアイディアについて微力ながらご紹介してみました。

さて、タイトルの通り、この状況下では当然のことですが、今週ゴールデンウィークに予定していたアメリカ旅をキャンセルしました。
(3月初めの時点で行けないと判断していたのですが、その時点でキャンセルしても、今週キャンセルしてもキャンセル料は一緒だったので、そのままにしていました。)

私達は下記のコース&スケジュールで、
ロサンゼルスから移動し、【ラスベガスを起点にグランドサークルの国立公園を巡る旅(個人旅行)】をするはずでした…
(下記はGoogleマップに一部加筆したものです)

4/29(水)17:00 成田発ロサンゼルス行き
      10:50 ロサンゼルス(LAX)着
      ロサンゼルス>>ラスベガス ラスベガス泊
4/30(木) ブライスキャニオン国立公園 園内ロッジ泊
5/1 (金), 2(土) キャニオンランズ国立公園 モアブのホテル泊
5/3 (日), 4(月) モニュメントバレー国立公園 園内ホテル泊
5/5 (火) ザイオン国立公園 園内ホテル泊
5/6 (水) ラスベガス ラスベガス泊
5/7 (木) ロサンゼルス ロサンゼルス泊
5/8 (金) 16:30 ロサンゼルス(LAX)発成田行き


キャンセル内容は以下の通りです。

ホテルのキャンセル:

ラスベガスについてはホテル予約を直前にしようと、一切していなかったので、キャンセル料は無し、
モアブに2泊の予定だったプチホテルはキャンセル料50ドル。

ザイオン国立公園の予約については、今週初めにメールで問い合わせをしたところ、以下の回答が来ました。
(ザイオン国立公園からの返答。私と送信者の名前は消してあります)

ブライスキャニオン国立公園からは、本日(2020/4/4)、公園側から【IMPORTANT INFORMATION REGARDING YOUR UPCOMING BRYCE CANYON LODGE RESERVATION】というタイトルで下記のメールが来ました。

これらの国立公園は現在閉園中となっており、キャンセル料は取られれないとのこと。


航空券のキャンセル:
ANAで予約していましたが、「新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応」の適用で、 手数料無しで払い戻しとなりました。


グランドサークルを巡り、国立公園を堪能しまくる旅、とても楽しみにしていました…
しかし、ウイルスの感染が拡大し、多数の罹患者や死亡者が出ている中、今はみんなが感染をしないよう、感染を広めないように我慢しなければらない時。
とても残念ですが、命を落としている人がいる中、バケーションがキャンセルになったことを嘆くつもりはありません…

一日も早く、自由に行きたい場所へ行ける、旅行が楽しめる、平和な日常が取り戻せますように…と心から願っています。


次回からは、2019年夏のカリフォルニア旅の続きをお伝えさせて頂きます。

今はコロナ収束を願い…「#おうちで過ごそう」

日本で、そして世界でコロナウイスルの感染が拡大するのを報道で知るたびに、非常に辛く悲しい気持ちです。

さらに個人的なことを言いますと、こんな最中に母に大腸がんが強く疑われる腫瘍が見つかり(細胞診でクラス4 [きわめて強く悪性を疑う。上皮内癌を想定]の判定です)、母はゴールデンウィーク明けに(医療崩壊が起きなければ)切除手術を受ける予定です。


コロナの中、この旅ブログでカリフォルニア旅の記事を書きながら、このまま旅ブロガーとして、単に楽しい旅の記事を続けて良いものなのか…?と自問自答してきました。

そこで、カリフォルニア旅行記事の途中ですが、微力ながら、1ブロガーとして(影響力ある人気ブロガーではないけど…^^;)、元1創薬研究者として、アメーバブログさんで行っている活動、「#おうちで過ごそう」を広める発信をしたいと考えました。

私もそうですが、旅ブロガーさんやグルメブロガーさんを初め、多くの方々が現在の外出自粛にフラストレーションが溜まっていると思います。

しかし、今は新型コロナウイルスの感染拡大防止や現況の自粛期間の短期化につながるよう、 不要不急の外出を控えることが、一日でも早くコロナウイルスを収束させるため、一人でも多くの命を救うため、私達一人一人にできる最善の策だと思います。

下に、おうちで楽しめるアイディアをいくつか挙げてみました。
旅好きの方向け、と、どなたでも楽しめるアイディアと2カテゴリに分けました。


旅好きの方へ!おうちで楽しめるアイディア

① お小遣いが稼げるかも!? これまで撮った写真を整理し、出来栄えの良いものは『PIXTA(ピクスタ)』など写真素材販売サイトでの販売にトライしてみる

私はピクスタにクリエイター登録をして、19枚ほど販売しています。まだ1枚も売れたことが無いですが(-_-)、売れたらラッキー くらいに考えています。
実力がある方は、趣味と実益を兼ねられますよ!

ちなみに、私はこんな感じの旅写真を販売しています。

アメリカのマウントレーニア国立公園。

アメリカ・ マウントレーニア国立公園

マウントレーニア国立公園にいたマーモット(グランドホッグ)。

マーモット in アメリカ・ マウントレーニア国立公園

② これを機に整理整頓!プリントした写真をデジタル化してみる
かねてから自宅の省スペース化のためにもやりたいと思っているけれど、まだ私自身スキャナーも未購入でやれていません…でもやりたい!

③ 旅の思い出に浸る…思い出の場所にちなんだ食料品をお取り寄せし、思い出の写真を眺めながら楽しむ

かつて訪れた、カリフォルニア州セントヘレナ(ナパ)のワイナリー【Duckhorn Vineyards(ダックホーン・ヴィンヤーズ)のものを購入しました。
パソコンで思い出の写真をスライドショーにでもしながら、旅先にちなんだものを飲食するのも楽しいと思います。

Duckhorn Vineyards
Duckhorn Vineyards

④ 旅に備えて…オンラインで語学学習 or 自習
私もずっとサボっていたオンライン英会話を先月から再開しました!


どなたでも!おうちで楽しめるアイディア

① ローカルショップに貢献!徒歩圏内の地元ショップでお買い物・お持ち帰りグルメ
スーパーへのお買い物のついでなどに、地元のスイーツショップに立ち寄り、お持ち帰りグルメを楽しんでいます。

ご近所にある老舗和菓子屋の【松島屋】さん。

松島屋

ここの豆大福が美味しいのでお持ち帰り。

さらに、最近ご近所グルメで夫婦でハマっているのが、バスクチーズケーキのお店【ガスタ(GAZTA)】。

ガスタ(GAZTIA)

初めて食べた時、あまりの美味しさが衝撃で、夫婦で目を見開いて顔を見つめ合い「何これ~!?美味しいんだけど!!」と、ビックリしました。

話は逸れましたが、お次のアイディアです。

② 免疫力アップ!ちょっぴり高級な入浴剤を買って、お風呂で楽しむ
血行促進は、体温アップにもつながります。体温が高いと免疫細胞が活性化されやすくなります。オフの日はゆっくりとお風呂に使ってみてはいかがでしょうか?
ドラッグストアなどで1回分から小袋で買える、ちょっと高級な入浴剤を入れてお風呂タイム…リラックス&リフレッシュができる上、免疫力アップ効果も期待できます。

③ 運動不足解消!動画サイトの動画に合わせてエクササイズ
私、何を隠そう以前はジム&エアロマニアでございました…!(#^^#)
(でも全然ムキムキじゃないけど…)
ここ2-3年は仕事が忙しくてやめていたのですが、YouTubeで「マンション」「エクササイズ」などのキーワードを入れると、たくさん候補が出てきます。
私はマンション住まいなのですが、下の住人に迷惑をかけずにできるエクササイズがたくさんありますよ!

ちなみに、本日、うちの主人宛にSIXPAD(シックスパッド)が届いていました( ̄▽ ̄)
①の話とつながるのですが、最近、家でスイーツを食べ過ぎている我々は、いつもより若干体重が増えております(;´∀`)

④ こんな時こそ交流を!ご無沙汰していた友人にメールやSNS、Skypeでコンタクトしてみる

毎日コロナの感染拡大のニュースが報道され、外出自粛が要請されている中、不安や寂しさを感じている人が多いはず…。
この巣ごもりの機会に、なんとなく先延ばしにしていた友人たちに連絡してみるのも良いと思います。

うちは、先週、カリフォルニア州に住む親友の日本人夫妻とSkypeをしました。


以上、私の思い付きを書いてみました。
一人のアイディアでは限りがありますが、お互いブログでアイディア交換をして、外出自粛の我慢の時をできるだけ快適に乗り切れて行けたら…と思います。

最後に近所の名所、本日の泉岳寺の桜をお届けして締めくくりたいと思います。

泉岳寺

コロナウイルスの収束を心より願っています…

新型コロナでラスベガスの一部ホテルもクローズ予定…

2020年のゴールデンウィークですが、私達2人は個人旅行で
アメリカ・ロサンゼルス

ラスベガス

グランドサークル

ラスベガス

ロサンゼルス
というコースを予定していて、グランドサークルのホテルはすでに9~10か月ほど前から国立公園内のホテルを予約していました。

で、ラスベガスに関してはホテルがたくさんあることから予約はしていなかったのですが、ついさきほどCNNのオンラインニュースを見ていたら、気になるニュースが飛び込んできました!!

なんとCNNのオンラインニュースの情報によれば、ラスベガスの有名ホテルである
”MGMリゾーツインターナショナルとウィンリゾーツは、コロナウイルスのパンデミックを考慮して、3月17日にラスベガスの施設を閉鎖する予定”
”MGM Resorts International and Wynn Resorts will close their Las Vegas properties as of March 17 in light of the coronavirus pandemic. ”
と報じられているではありませんか@@!

クローズ期間は上の文では両ホテルのクローズが3月17日とありますが、さらにこのニュースの本文を読み進めると
MGMホテルのカジノは 3月16日にクローズ予定5月1日まで予約を受け付けない
らしいです|||||/(=ω=。)\||||| 

現時点(3月16日)では、クローズはまだラスベガスのMGMとWynnだけのようですが(注:あくまでもCNNオンラインニュースに基づいた私調べですのでご了承下さいませ)
今後どうなるやら…


ちなみにラスベガスは過去に2度行ったことがあり、

1度目は親友夫妻とBellagio(べラージオ)
→その時の記事はこちら【アメブロ記事にリンクします】

Bellagio(べラージオ)
Bellagio(べラージオ)


2度目は Monte Carlo Resort and Casino(モンテカルロ・ リゾート・アンド・カジノ)(現在では名称がPark MGM Las Vegas (パーク エム・ジー・エム ラスベガス)に変更)に宿泊しました。
→その時の記事はこちら【アメブロ記事にリンクします】

Monte Carlo Resort and Casino(モンテカルロ・ リゾート・アンド・カジノ)


今回も7年ぶりのラスベガスに行くのを楽しみにしていたのに…
かなりラスベガスを含むアメリカ旅行の雲行きが怪しくなってきました。

Las Vegas

ゴールデンウィークのアメリカ旅行、行くか行かないか、まだどうするか最終決断はしていませんが、そろそろホテルのキャンセル代金のことを考えても決断しないといけないと思っています。




NY・昔住んでいたWestchesterでコロナ感染者多発

日本のニュースで報じられる前から、感染者がじわじわ増えていることは知っていましたが、ついにアメリカ、ニューヨーク州のウエストチェスター郡ニューロシェルが新型コロナウイルスの感染者が多発したため、「封じ込めゾーン」 になってしまいました…

実はこのブログ、私達夫婦のアメリカ(ニューヨーク州のウエストチェスター)生活のスタートがきっかけで始めたものなので、今回の件を単なる他国の出来事とは思えず、ことの経過がとても気になっています。


ウエストチェスター郡はみなさんが良く知るマンハッタンの北に位置し、電車で30分(もしくはそれ以上)くらいの場所にあり、日本企業の駐在員の方々が約9000人も暮らしている場所なんです。
(下の2つの地図はGoogleマップに一部加筆したもの)



私が住んでいたのはホワイトプレーンズ(White Plains)というところで、今回の封じ込めのエリア中心、ニューロシェルのユダヤ教教会【Young Israel of New Rochelle】(封じ込めエリアは中心から半径1マイル[約1.6キロ]) から、元住んでいた場所まで車で15分の距離です。

このニューロシェルが、米国内の症例の中で「おそらく最大規模のクラスター」になっているとのこと。

ちなみに、封じ込め中心地のすぐ東側にあるママロネック(Mamaroneck)も、懐かしくて2017年に旅行で訪れました。(その時の記事はこちら

2時間前にアップデートされた、ニューヨークタイムズのオンライン版をチェックしたところ、
・マンハッタンのセントパトリックデー・パレードは延期
・ニューヨーク市立大学とニューヨーク州立大学は、3月19日からほとんどの授業をオンラインで実施
だそう。

また、CNNの最新ニュースによると、アメリカの感染者数は1267人、うちニューヨーク州が216人で、 ワシントン州の373人に次いで多い人数となっています。


私がウエストチェスターに住んでいたのは、2009年1月26日から2010年10月2日の1年8か月の間と短い間ですが、ウエストチェスターは第二の故郷と思うくらい愛着のある場所です。
ついにWHOがパンデミック宣言を出しましたが、日本もアメリカももちろんのこと、世界のウイルスの鎮静化と人々の暮らしの正常化を祈るばかりです…