コロラド州・エステスパーク・あのホラー映画で有名なホテルへ

今回は、アメリカ・コロラド州・エステスパークの町にある有名なホテルについてお伝えします。

何故そのホテルが有名なのかというと…あるホラー映画の起源であり、同テレビドラマの撮影地となっているからです。
(ひとつ前の記事で「ホラー映画のロケ地」と書きましたが訂正します。本記事の執筆にあたり調べたところ、正確にはロケ地ではありませんでした。失礼いたしました。「起源」という表現の理由について、詳しくは以下の記事をご覧ください^^)


2019年9月4日(水)。
アメリカ・コロラド州。
快適だったエステスパークのロッジを出発した私達。

この町を離れる前に、行こう行こうと思いつつ、公園でのトレッキングに夢中になったあまり、まだ行けていなかった場所へ立ち寄ってみることにしました。


目的のホテルは、エステスパークの町の中心部からそう遠くない場所にあります。

だんだんとホテルが近づいて来ました。
山の麓に立っている赤茶色の屋根に白い壁の建物がそのホテルです。


Stanley Hotel / スタンレーホテル
333 E Wonderview Ave, Estes Park, CO

このホテルの名前を聞いてピンと来た人はかなりの映画通です!

1974年、この【Stanley Hotel】をスティーブンキングがに宿泊し、その際、古いホテル(ホテルは1909年に建てられた)のミステリアスな雰囲気から着想し、かの有名なホラー小説(映画・ドラマ)の『The Shining(シャイニング)』を執筆したそうで、映画に登場する「Overlook Hotel」のモデルになっているそうです。
また、1997年のテレビドラマシリーズでは、このホテルがロケ地になっています。

このホテル、 1911年にハウスキーパーの女性がホテルの217号室で嵐の時に感電をしたそうで、その女性は死ななかったものの、それ以降、その部屋では超常現象がたびたび起こると言われているそうです。

私はサイエンティストなので、科学で立証できない物事は信じない…と言いながらも、実はかなりの怖がりで、ホラー映画どころかお化け屋敷も、怖い話も大の苦手です。
なので、このホテルには怖くて宿泊できそうにありません(;;)
(子供の頃、夏になると昼頃に放映されていた「あなたの知らない世界」とか怖くて観れなかった→同世代にしか通じないテレビ番組ですが^^;)

さらにさらに、スティーブン・キングは、このホテル敷地内のペット墓地にインスパイアされて、 これもまた有名なあのホラー小説(映画)『Pet Cemetery(ペット・セメタリー』 を書いたそうです。

おまけの話ですが、 『The Shining(シャイニング)』 のホテルの内装は、ヨセミテ国立公園内にある「アメリカ人が一度は泊まりたいホテル」と言われる【The Majestic Yosemite Hotel】から着想したと言われています。
ご興味のある方は、ホテルの宿泊記事をこちらからご覧下さい^^


そして、話を私達のこの旅に戻しますと…
ここからは反省すべき私達の失敗談なのですが、結論を言うと
ホテルに入りたかったのですが、入れなかったんです( ̄▽ ̄)

理由は、ホテルの入り口に守衛さんのいるゲートがあり、「ホテルへの用事は?」と聞かれたからです。
今思えば正直に答えなければよかったのですが(!?)、正直に主人が ”Just go inside and walk around…”的なことを言ったんです。そしたら、「それはダメ」と言われてしまったのです~~~

で、本来時間があれば、ホテルに入るために中のラウンジ利用でもすれば良かったのですが、私達はこの日、コロラド州ボールダ―でランチ、そこからさらに移動してデンバーに行く予定だったので、時間が無くて、それもできず…
だったら嘘でも「ラウンジ利用します~!」と言えばよかったかしら…(苦笑)。

そしてダメと言われた私達は、守衛さんのいる建物の前でUターンしなくてはならなかったのですが、主人がその前に食い下がってくれ、”May we take pictures from here?”という感じで聞いてくれて、一瞬だけ車を停めて写真を撮らせてもらう了承を得ることができました!

そうして撮影したのがこちらの写真です。

笑えるのは、3枚上の写真に写っているブルーのBMWに乗った欧米人カップルも、私達と同じく写真を撮って守衛さんの前でUターンしていました
彼らも私達と同じシチュエーションだったのね…

普通、アメリカの大型ホテルなら、宿泊者でなくてもホテルに自由に出入りできる場合が多いので、今回の守衛さんの件は想定外でした。
そして、行く前に調べておけば中に入る理由を言えたのですが、ホテルHPを調べたところ、ホテル内にはレストランやバー、べストリーショップがありました。

ペストリーショップがあるのを事前に知っていたら、たとえ急いでいた私達でも「そこで買い物する」って言えたのにー!!と思うと残念ですが、ロッキーマウンテン国立公園には再訪するつもりでいるので、その時には必ずやこのホテルに(怖いから泊まらないけど)入ってブログの記事にします!

ちなみに以前、スイスに行った時にハイジのモデルとなった場所、マイエンフェルトのハイジ村に雨&開園時間に間に合わなくて行けなかったのですが、それも数年前に晴天の訪問を果たしました。


さて、この記事を書きながら、これまでの旅で色々なロケ地を訪れたなあ…と思い出しまして…「ロッキー」とか「シックス・センス」、「プラダを着た悪魔」、「アイ アム レジェンド」などなど…

この2019年9月の旅行記が終了後に「ロケ地訪問特集」、とかやれたらいいなぁ~と思っています。


次回はコロラド州・エステスパーク~ボールダ―編です。

ロッキーマウンテン国立公園22・さようなら、また来る日まで…

長きにわたり、ロッキーマウンテン国立公園ついて記事を書いてきましたが、今回はその最終回、ベアレイクからエステスパークまでのドライブ風景についてご紹介します。


2019年9月4日(水)。
アメリカ・コロラド州・ロッキーマウンテン国立公園。

園内での最後のトレッキング…ニンフレイクドリームレイクエメラルドレイクベアレイクトレッキングを終えた私達は、トレイルヘッド(下の地図の【1】)から車へロッジ【3】へ向かいました。
(下の地図はGoogleマップに一部加筆しています)

園内のドライブもこれが最後…(;;)
帰り道の車窓からの景色を噛みしめます。

Rocky Mountain National Park

前方には雪がまだ残る山が見えています。

Rocky Mountain National Park


目の前に見えているのは約4000メートルの高さの山々です!

Rocky Mountain National Park
Rocky Mountain National Park


こちらは、ホースシューパーク見晴らし台(Horseshoe Park Overlook)からの眺めです。

Rocky Mountain National Park

上の写真で見えている山々は、左から順に、Mt.Chapin (3796メートル)、 Mt.Chiquita(3985メートル)、 Mt.Ypsilon(4119メートル)、 Mt. Fairchild (4117メートル)とどれも立派な高さの山ばかり。
この場所が「ホースシューパーク」と呼ばれるのは、この場所に流れるFall Riverが蛇行していることから、その形が馬蹄鉄のように見えたからではないか、という説があります。

公園を発つのは寂しいけれど…
これにてロッキーマウンテン国立公園とはお別れです…

最後に、この3泊4日の間にロッキーマウンテン国立公園で行って良かったおすすめトレイルを2つ挙げておきます。

一つ目は、 ツンドラコミュニティーズトレイル(記事はこちら
アップダウンがほとんど無い簡単で短いトレイルながらも、マーモット、ピカ(ナキウサギ)を間近に見ることができて、トレイル終点にある岩に上り、そこから広く見渡せるロッキー山脈の眺めも素晴らしいです。

American Pika @ Tundra Communities Trail


二つ目はコロラドリバートレイル。 (記事はこちら
Lulu City周辺の清流と共に見るロッキー山脈の景色が素晴らしいです。
トレイルではマーモットとピカを見れたうえ、マーモットが一つの岩に3匹もいる光景は一生忘れないものとなりました。

Marmots @ Colorado River Trail

さて、3泊した快適なロッジ【Boulder Brook on Fall River】ともお別れ…

Boulder Brook on Fall River

荷物をまとめて出発です。

次回は、 私達の宿泊したロッジの近くにの映画のロケ地となったホテルについて。
あの有名なホラー映画の起源となった有名なホテルがあったので、外観だけですが見てきました!

ロッキーマウンテン国立公園17・エルクの群れと虹とフォールリバービジターセンター

今回は、
アメリカ・コロラド州ロッキーマウンテン国立公園の
エルクの群れとMoraine Park周辺の景色
・フォールリバー ビジターセンター

についてお伝えしていきます。


2019年 9月3日(火)。
エステスパークのテラスが素適なカフェ【Inkwell & Brew】(カフェについてはこちら)を出た私達は、ロッジ寄ってすぐさま支度を整えると、再び園内へ。

この日はすでに私達にとっては長距離と言えるトレイル【Colorado River Trail】を17.6キロ歩き、疲れていたので、ロッジから比較的近くて、前日にエルクの群れが見れたMoraine Parkへ行ってみることにしました。


…すると、いたいた!!
前日より車道のすぐ近くにエルクの群れがいました。

見える範囲だとメスと子供だけのよう。

この小さな群れは前日見た群れからもそう遠くない場所に居ました。


さらに前日に見た大きな群れ(それについてはこちら)も、ほぼ同じ場所にいました。
下の写真に茶色く点々と写っているのは全てエルクです。

本当に大きな群れですよねぇ~。


この群れを率いる例のオスは、今日もちゃんといましたよ!


さらに車で西側に行くと、さっきまでの通り雨が止んで虹が出ていました!
うっすらですが、濃く見えている虹の左側にも薄~~~くもう一つ虹があり、二重の虹です。

ロッキーマウンテン国立公園で見る虹は格別でした。


日が落ちてきたので、帰路につくことに。


主人と食後にアイスが食べたいね、ということになり、ロッジへと向かう道の途中にあったフォールリバー ビジターセンターへ立ち寄ってみました。

Fall River Visitor Center / フォールリバー ビジターセンター
US-34, Estes Park, CO


ビジターセンター併設の”Restaurant”と書かれた建物があったので、そちらから中へ入ってました。


中にはおみやげ物屋さんがあって、動物のぬいぐるみやキーホルダー、オーナメントなどなどのおみやげが充実の品揃えで売っていました。


残念ながらアイスは売っていなかったのですが(;;)、レジ横に焼き菓子の入ったショーケースを発見!!
チョコチップクッキーを2枚買って帰りました♪


この日の夕食も無印のレトルトで^^
私は【ごはんにかける 黒豚と大麦黒酢の酸辣湯】↓、主人は【ユッケジャン】。
あとはインスタントンお味噌汁に、ドリンクはお気に入りのLimeade、デザートはさっき買ったチョコチップクッキー。

クッキーは甘めでしたが、し~っとりしていて、大粒のチョコチップが入っていて、手作り感があって、美味しかったです。


本日のルートは以下の通りです。 走行距離は約156キロでした。


次回は、ロッキーマウンテン国立公園の中でも特に人気が高いエリア、ベアレイク周辺のトレッキングについてお伝えします!

ロッキーマウンテン国立公園16・テラスが素適なカフェ

今回は、
アメリカ・コロラド州
ロッキーマウンテン国立公園の美しい景色
・エステスパークの町のテラスが素適なかわいいカフェ

についてお伝えしていきます。


2019年 9月3日(火)。
アメリカ、コロラド州 ・ロッキーマウンテン国立公園。

前々回前回の記事ではコロラドリバートレイル(↓のマップの【4】)でのトレッキングについてご紹介しましたが、17.6キロの山道を歩いてすっかり疲れ切った私達は、来た道を戻っていきました。
(本ページ以下の地図2つはGoogleマップに一部加筆したものです。)


来た道を戻る…と一言で言っても、トレイルリッジロード(Trail Ridge Road)からの眺めは壮観で、

車窓からの景色に見飽きることはありません。


ロッキーの山間のくねくねと曲がった道を走って行きます。こんな風に、私は助手席からの道の写真を撮るのが大好きです。


過去の記事でも紹介しているロックカット(ロックカットについての記事はこちら)が見えて来ました。 ロックカットは岩を砕いて道を拓いた場所で、両脇に岩がまだ残っています。


14:30ごろ、宿泊していたロッジ(ページ上部のマップ【1】)へ一旦戻ると…


またまた私達のロッジのお庭に、例のうさぎさん↓が居てくれました~ヽ(♥o♥ )ノ
(ロッジ&ロッジにかなりの確率で居る、かわいいうさぎさんについて、詳しくはこちら

何回会っても嬉しい、野生の野うさぎさん。
最初に会った時は、もっとよそよそしく逃げ腰だったけど、何度も会ううちに逃げようとはしなくなった気がしました^^
私達のロッジのお部屋は、もはや「うさぎ付き部屋」と謳っても良いのでは!??


ロッジのジャグジーにゆっくりと入りながら、バスタブから見える小川の景色を楽しみ、30分ほど昼寝をした後は、エステスパークの町へ行きました(↓のマップの【5】)
町でのお目当ては、カフェ♪


近くのパーキングに車を停めて歩いて行くと、小川に架かる橋から、お目当てのカフェが見えて来ました。


Inkwell & Brew
150 E Elkhorn Ave, Estes Park, CO

店舗入り口の向かって左側にテラス席があって、そこがとても素適なんです。

このお店も、できるだけ川から近いロケーションが気に入り、事前にネットでチェックしていたお店です。
お店の前にはゆとりのある遊歩道があり、その横は小川です(*^^*)

2人でコールドブリュー(Slow Brewed Coffee)をオーダーすると、フレンドリーなスタッフさんに「あ~、ちょうど無くなりそうなところだから2人分あるかな??」と言われ、私が主人に向かってファイティングポーズをとると笑われました。

でも、もう一度残ったコーヒーの量を見てくれて、「Shortサイズなら2人分できます!ぎりぎり良いタイミングだったね!」と言われ、そうすることに。


店内席もありますが、もちろんテラス席でコーヒーをいただきました。


テラスにはセンス良くお花がたくさん飾られていて、とってもかわいかったです。
お花にはハチドリも来ていました。

この前ご紹介した【Kind Coffee】 も良かったですが、ここもおすすめです!
ちなみにこのお店【Inkwell & Brew】から【Kind Coffee】は 小川沿いに歩いてすぐの場所にあります。


カフェを出て少し周りを歩いてみると、パブがあり、生バンド演奏をしていました↓
ここで一杯飲みたい気持ちもあったのですが、昨日に引き続き今日も夕暮れ時の動物ウォッチングに行く気満々だったので、我慢…(飲むと眠くなりやすいし、だるくなるから)

少々エステスパークの町を散歩したら、

町中にある大きなスーパー(Safeway)へ行き、瞬間接着剤とお水を買いました。
なぜ瞬間接着剤なのか?と言いますと、主人のトレッキングシューズの先端が少しだけ剥がれてきて、くっつけないと危ないので、早々に買ったのです^^;
ところで、写真は撮らなかったのですが、さすがはロッキーマウンテン国立公園近くのスーパー!スーパーにはおいしそうなBBQ用お肉がずらりと売られているし、お酒の種類もかなり豊富で、ロッジのお庭のコンロでBBQするのも楽しいな、と思いました。


再びロッジに戻って、夕暮れ時の動物ウォッチングの支度をしたら、再び公園内へと向かいます!

次回は、夕暮れ時の動物ウォッチングとフォールリバービジターセンターについてお届けします。

———————————————————

今日、何気なく見ていたテレビから、ハウステンボスCMが流れてきて「おおっ、これは…!?」と思ったのが、これ↓とそっくりだったハウステンボスの建物。

オランダ・ゴーダ(Gouda)の市庁舎です。
かなり似ていたので、ゴーダの市庁舎がモデルなのかな…
>>ゴーダの旅行記はこちらからご覧になれます^^

ロッキーマウンテン国立公園15・コロラドリバートレイル【後編】かわいい齧歯類たち

今回は、
アメリカ・コロラド州・ロッキーマウンテン国立公園のトレイル、
コロラドリバートレイル【後編】

をお届けします。

2019年 9月3日(火)。
アメリカ、コロラド州 ・ロッキーマウンテン国立公園。

Colorado River Trail / コロラドリバートレイル
場所:Colorado River Trail Head
長さ:Lulu Cityまで約6.0キロ (私達はさらに2.8キロ奥まで進み、折り返しました)
トレイルヘッドの標高: 2,755 メートル
トレイル難易度: Lulu Cityまで8.1(中級)

前回のコロラドリバートレイル【前編】で、↓の岩山で見かけたピカとマーモットについてお伝えしたのですが、この岩山では向かって右側にピカ、左側にマーモットが見られ、住み分けをしているようでした^^


この岩山を右手に見ながら、先に進もうとした時、なんとも貴重な光景を写真に収めることができたのです!!!
実は下の写真に動物が3匹写っているんです。
私のブログ恒例の「動物探しクイズ」にするには難しすぎるのですが、実際のトレッキング時の視界に近い写真になっています。(とはいえ実際は動物が動くので動きで存在に気付くことができますが)


その場所は矢印の先です^^


なんと、大きな岩の上にマーモットが3匹も乗っているんです!!!

マーモットが同じ岩に乗って、じっとしている姿をじっくり眺められるなんてマーモット好きの私達には夢の様な体験です!!
まるでマーモット を主役にした絵本(そんなマニアックな絵本は無いかもしれないけど^^;)の中の様な風景に大興奮しました。


大興奮の岩山を後にし、さらに進みます。小川を通り過ぎ、


ブルーの花を横目に見ながら、


LULU CITY SITEという場所にたどり着きました。
トレイルマップの□で印を付けた場所で、スタート地点から約5.8キロの地点にあります。


↓に【LULU CITY SITE】という看板があり、


そのすぐ横は、このような開けた場所になっていました。


平坦で草も無く、静かに流れる綺麗な小川が流れていて休憩にぴったりの場所だったので、この川原の石に腰掛けて少しの間体を休めました。


それにしてもどうしてこんな山の中の美しい場所に【LULU CITY SITE】 なんていう「シティ」がつくネーミングになっているか不思議ではありませんか?

調べてみたところ、驚いたことに、ここはかつて、金、銀、鉛の採掘場所であり、集落があった場所なのだそうです。

さっきの看板をもう一度アップで見てみると…

LULU CITY SITE
1879-1884
POPULATION 200

…とあるので、1879年から1884年の間に約200人の集落があったんですね。
今となっては信じられないくらいの静寂に包まれ、木々の緑に囲まれた山の中でした。


LULU CITY SITEを後にし、森を進んでいくと、お尻としっぽだけ出して、草の根元に頭をうずめてゴソゴソとしている、かわいい子を発見です。誰でしょう~??

アカリス (Red Squirrel) さんでした。


LULU CITY SITEからさらに3キロ位進んだところで、道に確信が持てなくなったのと、進む先に急な登りがあったことで、本当はぐるりと一周する予定だったトレッキングをあきらめ、↓のマップの赤線の左上の終点あたりの場所で折り返すことにしました。


帰り道では嬉しいことにまたまたピカさん達にも会えました。


この子も冬眠に備えて草をくわえていますよ!

トレッキングでは他のお客さん達と少々の交流もありました。
帰り道の途中で出会ったハイキング客には「LULU CITYまであとどれくらい?」と聞かれたり、戻って来たトレイルヘッドでは「どんなトレイルなの?歩く価値ある?」と尋ねられたので、「歩く価値があるし、マーモットとピカを見たよ!」と紹介しました。

一周する予定が道半ばで折り返しましたが、とても満足なトレッキングでした。
約17.6キロの行程でした。私達にしては歩いた方で、久々の山歩きにすっかり疲れましたよ~~~

今回はムースに会えずに残念ですが、またロッキーマウンテン国立公園か他の場所でムースに会うためにトレッキングにチャレンジしたいです!


次回もロッキーマウンテン国立公園の景色と、エステスパークの町の、テラス席がかわいい、またまた小川のすぐそばのカフェについてお伝えします。

——————————————————————

昨日は久しぶりに夜はレストランへ行きました。
とは言え、家から歩いて行ける距離の場所【Los Angeles BALCONY Terrace Restaurant & Moon Bar】というところです。
前日にテラス席を予約をしておいたところ、当日の昼に電話がかかって来て、
●マスク持参で来てもらいたい
●レストランに入る前に検温をさせてもらいたい
●レストランに入る前にアルコールで手を消毒してもらいたい
●トイレ等、レストラン内を移動する際はマスクを着用して欲しい
と以上の項目に対して同意してもらえるか、という確認でした。
これだけ徹底してくれるなら返って安心…

スタッフの方曰く、私達が食事をした昨日からディナー営業を再開し、私達が再開後のテラス席のお客第1号だとのこと。
ちなみに店内席には既に先客がいましたが、十分に席を離して配置していました。
同様に、私達のテラス席も後から他に3組来ましたが、お互い十分に距離が取れる配置にしてありました。

お陰で久しぶりにテラス席で、楽しいディナーのひと時を過ごせました^^

ロッキーマウンテン国立公園14・コロラドリバートレイル【前編】ピカもマーモットも♪

今回は、
アメリカ・コロラド州・ロッキーマウンテン国立公園のトレイル、
コロラドリバートレイル

についてお届けします。


2019年 9月3日(火)。
アメリカ、コロラド州 。
前回の記事では、↓のマップ【1】から【4】までのルートで見た動物や景色についてお伝えしましたが、今回から2-3回にわたって【4】の場所にトレイルヘッドがある、コロラドリバートレイルについてお伝えしていきます。
(地図↓はGoogleマップに一部加筆しています)


私達はコロラドリバートレイル(Colorado River Trail)のトレイルヘッドに到着し、のパーキングに車を停めました。

Colorado River Trail

このトレイルを選んだ理由は、ムース(ヘラジカ)の目撃情報があったからです。
ただ、期待してこの先をご覧になる方がいるかもしれないので先に結論から言うと、ムースは見れませんした。
でも景色は美しいし、動物にも会えたので、とても良いコースでした!おすすめです!!

↓は公園にあったトレイルマップです。

Colorado River Trail / コロラドリバートレイル
場所:Colorado River Trail Head
長さ:Lulu Cityまで約6.0キロ (私達はさらに2.8キロ奥まで進み、折り返しました)
トレイルヘッドの標高: 2,755 メートル
トレイル難易度: Lulu Cityまで8.1(中級)

私達は↑のマップ(公園設置のマップより引用)の “YOU ARE HERE”のところからトレッキング開始~!!

Colorado River Trail
Colorado River Trail


歩き始めて45分位すると、右手の斜面に岩が重なり合った場所が現れました。
「こういう場所って、いかにもピカやマーモットがいそう…」と、言おうと思ったら…

Colorado River Trail


言葉に出す前にさっそくいましたよ~ヽ(♥o♥ )ノ
いそいそと走っているピカ(ナキウサギ)を!!

Pika @ Colorado River Trail

たくさんの草をくわえて巣穴に運ぶところみたいです。冬眠に備えているんですね^^

Pika @ Colorado River Trail


「ピー」とかわいい鳴き声も聞こえてきました。
見た目はいつもと同じアメリカン・ピカ(American Pika)なのですが、ここで鳴いているピカの声は、ちょっと枯れててハスキーボイス。それがまたかわいかったです。

Pika @ Colorado River Trail


への字口みたいになっている口元も愛らしい…!!

Pika @ Colorado River Trail


丸い耳もチャームポイントです。

Pika @ Colorado River Trail


ピカを見れて満足していると、同じ岩山の奥に、今度はマーモットを見つけました。
さてここで動物クイズです!
下の写真のどこに何の動物がいるでしょうか?
今回は簡単ですかね?

Marmot @ Colorado River Trail

正解は・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

矢印の場所にマーモットがいるでした♪

Marmot @ Colorado River Trail


キバラマーモット(Yellow-bellied Marmot)という種類のマーモットです。
マーモットはこんな風に↓岩が重なり合った場所の岩の上にいることが多いです。

Marmot @ Colorado River Trail


顔が黒くて体はグレーと茶色混じりなんですね。

Marmot @ Colorado River Trail


この写真はおっさんみたい!??

Marmot @ Colorado River Trail


マーモットは、このぽってりした体つきがなんともかわいいんですよ~。

Marmot @ Colorado River Trail

でも、こんなにぽってりした体つきなのに、そこは野生動物。素早い動きなんですよ!

Marmot @ Colorado River Trail


後姿のしっぽまでもかわいい。

Marmot @ Colorado River Trail


こちらはまた別のマーモット。子熊みたい!?

Marmot @ Colorado River Trail

この↑マーモットを撮影した直後に、まだまだ凄いマーモットの写真を撮りました!
それについては次回につづきます♪

—————————————————————

今日、ブルーインパルス、生で見ました!!
マンションのバルコニーから見えたんです!!

隊列を組んで飛ぶ姿は圧巻でした。
とは言え、あっという間の出来事で、猛スピードで一瞬で通り過ぎていってしまいましたが…

でも2度通ってくれたので、2回見れましたよ。

東京は再び感染者数が増加しているので、まだ油断できませんが、こうして飛行機を眺めて、これまで日本は頑張ったなあ…と(自分は自粛するだけだったけど)、感慨深いものがありました。

ロッキーマウンテン国立公園13・朝の動物ウォッチング

今回は
エステスパーク~ ロッキーマウンテン国立公園内~トレイルリッジロードのルート
で見れる朝の動物たちとドライブ中の風景
についてお伝えします。


2019年 9月3日(火)。
アメリカ、コロラド州・ エステスパーク。

朝に弱い私が頑張って5:45に起床し、急いで身支度を整えて車に乗り込みます。
これも朝の動物たちを見るため!

宿泊していたロッジを出発し (↓のマップの【1】) 、主人の運転で私は車中で朝食のバナナを食べながら、まずはコロラドリバートレイル【4】を目指して本日のドライブスタートです!
>> 宿泊したロッジについての詳細はこちら
(↓はGoogleマップに一部加筆しました)


ロッキーマウンテン国立公園のフォールリバー入り口【2】手前で、早くも数匹のシカさん達が横切る姿を目撃しました!


さらにトレイルリッジロード (Trail Ridge Road)に入ると、車が数台停まっている姿が見えたので、私達も側道に車を停めると、エルクがほんの数メートルの距離のところにいました。

私達は少し遠巻きに見ていましたが、それでも動物園で見るくらいの近さでエルクをじっくり見ることができました。
中には相当エルクに近寄っている人もいて、危ないなあ…と。
先日の記事で、コロラド州でエルクに襲われた人がいた、という話題をご紹介したのですが、やはり普段はおとなしい動物とは言え、一定の距離を保つことが大事ですよね。
野生動物たちともソーシャルディスタンスが必要です^^


いつも動物が出そうな可能性のある場所をドライブする時は、シャッターを即座に切れる体勢をとりながら、車窓から視界を広く保ち、キョロキョロと動物を探す私です。
仕事の時はほんの数メートル、PC作業をしている時はそれこそ数十センチのところに目線をフォーカスしていますが、視界の開けたところで虎視眈々と動物の現れる姿をとらえようとしていると、日頃は使っていない、都会の生活では使うことが無い、忘れていた”ヒト”という動物としてのプリミティブな視覚やハンティング力を思い出して、それを研ぎ澄ましている感覚になります。

そんな風にしている時に見つけたのが、ツンドラ地帯(だと思う、ツンドラコミュニティーズトレイルにも近かったので)にたった一匹で佇む動物の姿でした!

主人に安全な脇道に車を停めてもらい、私一人でカメラを持ってズーム撮影してみました。

エルクはふだん群れで見ることが多いのに、この動物は一匹でいるからカリブー(トナカイ)?と思い、撮影後に調べたらカリブーはシカ科で唯一オスもメスも角を持つとのこと。写真の動物は角が無さそうなことから、メスのエルクのようです。

それにしてもこんな広い草原に見るかぎり一匹でいるなんて、はぐれ者のエルク、アウトロー系の子(笑)なんですかね?
メスだけど、草原にただ一匹佇むその姿はカッコイイです。


こちらは先日もご紹介した【ロックカット(Rock Cut)】。岩場を切り拓いて道を造ったという場所です。


ロックカットを過ぎるとアルパインビジターセンターの近くにやって来ます。

アルパインビジターセンターの辺りは高度が3600メートル前後あるので、道の横には残雪が見受けられます。
>>前日に訪れたアルパインビジターセンターについてはこちら


眼前に広がるロッキー山脈を眺めながら、本日最初のトレイル【コロラドリバー トレイル】ヘッドを目指して走っていきます。

次回は、コロラドリバートレイルについてご紹介します!
かわいい動物が登場しますのでどうぞお楽しみに~^^

————————————————————–

ついこの前の日曜日、『世界の果てまでイッテQ!』の番組冒頭を見ていて、思わず「あ~~~!」と叫んでしまいました。

というのも、私達が行ったことがあるバハマの海賊ミュージアム・【Pirates of Nassau】が写っていて、イモトさんが私も撮影した、ミュージアム前の顔はめパネルの前でリポートしていたんです!

イモトさんはミュージアムの中もリポートしていましたが、旅行当時(2009年)と変わらぬ内部の様子にとても懐かしくなりました。

ミュージアムの顔はめパネル、海賊の顔のところに顔を入れることができるのですが、私は海賊をイメージして悪そうな表情を作ったら、仕上がった写真を見た主人に「何このすごい顔~!??」と失笑されました。

旅番組を見ていて、自分の訪れた場所が紹介されるのって嬉しいですよね!

バハマ旅についての旅行記・その1はこちらから
バハマの【Pirates of Nassau】についての旅行記はこちらからどうぞ♪
※私のアメブロの記事にリンクしています

ロッキーマウンテン国立公園12・オスのエルク観察

今回も前回に引き続きエルクの話題です。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 の
エルク(前回より近くで!)
夕暮れ時のMoraine Park(モレーンパーク)周辺の景色
についてお伝えします。


2019年 9月2日(月)。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 。

前回の記事では、↓のマップの右手周辺で見た大きいエルクの群れをご紹介しましたが、さらにそこから西側に進んだところで、また別の小さなエルクの群れを見つけました。
(↓のマップの【小】のマークの場所です)

群れのサイズは小さいものの、より近くでエルクを見れました。
私達はエルクの群れから小川を挟んだ場所で、しばらくそっと観察してみることに。

だいぶ日が落ちて来ていた時間帯だったので、写真がどれも暗めの仕上がりです…

群れのサイズは小さいけれど、このオスの角も、かなりの大きさで立派でした。


正面からのカット。天に向かって左右対称に立派に生えた角。風格があります。


こちらは鳴いている姿。少々ハスキーめのトーンで「キー」と大声で鳴く姿は、かなり迫力があり、子供の頃観ていた昔のテレビ番組「野生の王国」(ご存知ですか^^;?)を彷彿とさせる風景でした。


このエルク、角がむず痒いようで(?)、頭を上下させながら木に何度も自分の角をこすりつけていました。こすりつけるといっても力が強いようで、木はバキバキと音を立てて折れていました。


近くでメスが「あら、痒いの~?」みたいな感じで、見ています(笑)


この立派な角、かなりの凶器ですよね。

この旅行から帰って間もなく、テレビのニュースで「コロラド州(ロッキーマウンテン国立公園もコロラド州)でエルクが女性を襲った」というニュースが報じられ、駐車場のような人が普通に歩いているところに、突然エルクがて女性に角を向けながら突進してきて、女性は軽傷で済んだものの、危うく大けがするところだった… エルクは何らかの理由で気が立っていたようだ、とのこと。

ふだんは大人しそうだし、きちんと距離を保っていれば襲うことは基本ないと思うのですが、改めて野生動物には気を付けて接しないといけないな…と思ったのでした。

後姿。頭から首にかけて濃い茶色、そこから下は色が薄いんですねぇ~。


再び車に乗り込んで、そこから西へオフロードを歩いてみたのですが、暗くなり始めて人気もなく、危ないのでCub Lakeへのトレイルヘッド付近で写真を撮って帰路へ着くことにしました。


ロッジに戻り、夕食タイム。
この日の夕飯は持参したレトルトカレーです^^;

日本から持参したのは無印の食品がメイン。
無印のパウンドケーキやバウムクーヘンなどのお菓子は、毎度トレッキングに活用していますが、夕食は【マッサマンカレー】を写真左手の100円ショップで購入した【フタをしたままレンジできる保存容器】に入れて調理し、いただくことにしました。


ドリンクは、行きにスーパーで買った【Simply Limeade】↓。
これはアメリカに住んでいる時から大好きで、ライムからできているLimeade ですが、レモネード版もあり、どちらもよく買っていました。

ロッジのキッチンに食事に便利なカウンターが付いていたので、こちらで夕食。
(宿泊したロッジについてはこちら


いただきま~す!

この前の晩は、エステスパークにあるレストランの中ではレビュー評価が高かったホテルのレストラン【Waterfront Grille】で夕食をいただいたのですが、賞を受賞したというバイソンのスープ以外は美味しくなくて、ちょっと残念だったのです。

なので、この日は慣れ親しんだ味、安心のクオリティーの無印のカレー♪
レンチンご飯にかけて美味しく頂きました!

主人と「田舎町の場合、美味しいレストランが無いことも多いから、ヘタなお店で食べるより、こっちの方がいいねえ~」と盛り上がりました。
私が特にそうなのですが、パンより断然ご飯派でして、海外での食事が続くとご飯物が恋しくなり、旅の途中で中華やタイレストランなどでご飯物を食べないと、食欲が無くなってしまうのです。

今回初めて旅先でレトルトカレーを食べましたが、今後、国立公園へ行くときの定番になりそうです。(宿か公園併設のデリなどにレンジがあればですが)


この日1日で回ったコースは以下の通り。約210キロの走行でした。

次回もまたロッキーマウンテン国立公園の動物が登場します!

ロッキーマウンテン国立公園11・エルクの群れ&シカに出会う

今回は、アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 の
スプラグ湖
夕暮れ時のロッキーマウンテンで見かけたシカ、エルクの群れ
についてお伝えします。

2019年 9月2日(月)。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 。

本日のこれまでのルートはこちら。
(下はグーグルマップに加筆したものです)


エステスパークにある小川の真横のカフェ、【Kind Coffee】でひと休みした後は、夕暮れ時の動物ウォッチングに再び公園内へ向かいました。

最初に向かったのはスプラグレイク。(上のマップの【12】)

Sprague Lake / スプラグ湖

『地球の歩き方』に【Sprague Lake Nature Trail】が紹介されていたので行ってみたのですが、キャンプ客や子供など人が多くて大盛況のエリアでした。
人くて賑やかだったので、動物には会えなさそう…と思い、湖と小川の写真を撮って別の動物が見れそうな場所に移動することにしました。

ですが、この 【Sprague Lake Nature Trail】 、湖の周りををぐるりと 1.4キロ歩くコースで、高低差も少ない初心者コースなので、小さなお子様連れやご年配の方でも歩きやすいコースだと思いますし、湖もとても美しいです。


近くでキャンプしている家族の子供たちは、湖近くのこの川↓で川遊びを楽しんでいました。


次の目的地へ移動中、車道脇にシカ2匹を見かけました。

夕方になり、気温も下がってきたところでシカさんも夕食タイムのようです。


ロッジへ戻る方向で、動物が見れるところは無いかと車を走らせていると、モレーンパークロード(Moraine Park Road) 沿いに多くの車が停まっていて、動物ウォッチャーが集まっている場所がありました。 (ページ上部のマップの【13】)

私達も Moraine Park Road 沿いに行ってみると…
エルクの群れがいました!しかも群れのサイズがかなりの大きさ。
下の写真の中央当たりに点々と見えているのがエルクです。


群れのサイズが大きすぎて、写真一枚には収まり切れないのですが、↓が群れの一部です。中央に群れのボスと思しきオスがいます。

こちら↓、上の写真のオスに印を付けたものです。


このオスの立派な角、ご覧ください@@!

オスの周りには何十頭ものエルクがいて、草を食べたり休んだりしていました。

エルク自体は何度も見たことがありますが、ここまで大きなエルクの群れを見るのは初めてです。
遠目に見てもこれだけの群れのボスは体のサイズが一際大きくて、威厳に満ちていました。
夕暮れ時に巨大なエルクの群れという荘厳な風景に出会え、感動的でした。

エルクの群れを見たのは Moraine Park Road沿いのマップの右下の場所です。
(マップはGoogleマップに加筆したものです)

次回は、さらに近くで観察できた別のエルクの群れの様子と公園内の景色についてお伝えします。

ロッキーマウンテン国立公園9・ブルーの湖&トレイルリッジロードからの絶景

今回は、アメリカ、コロラド州 ロッキーマウンテン国立公園の
ブルーの湖、Poudre Lake
展望スポット、Forest Canyon Overlook
・トレイルリッジロードから見えるロッキー山脈の絶景
についてお伝えします。

2019年 9月2日(月)。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 。

本日のこれまでのルートはこちら。
(下はグーグルマップに加筆したものです)
前回は下のマップの【7】と【8】の間にある展望スポットまでを記事にしました。


上のマップ【8】に到着した私達夫婦。トレイルリッジロード沿いにあるブルーの湖【Poudre Lake】です。

Poudre Lake / プーダー湖

Poudre Lake はMilner Passという場所のすぐ横にあり、パーキングもあります。

この日の青空を反射してか、湖面は深いブルーで、木々や草の緑とのコントラストが美しく、湖水も綺麗です。



再び車に乗り込み、トレイルリッジロードをロッジ方面へ向けて戻っていきます。


↓の写真を見ると、トレイルリッジロードがどんなに大自然の中を通り抜ける道なのかお分かりになると思います^^


↓こういう眺めを見ると、まさにロッキー山脈…山が脈々と連なっているんだなあ…と実感できます。

トレイルリッジロードは絶景を堪能できるものの、断崖絶壁沿いのところもあって、景色は良いけど怖い…という場所が何か所もあります。


少し走るとまた展望台が現れました。

Forest Canyon Overlook (このページ上部のマップの【9】)
Forest Canyon Overlook, 1043 Trail Ridge Rd, Estes Park, CO 80517

パーキングから歩いてすぐのところに見晴らし場所があり↓、壮大なロッキー山脈の風景を大パノラマで堪能できます。

山は緑の木で覆われていますが、雪がところどころ残っています。


Forest Canyon Overlook からは、に岩を粉砕して道を切り拓いたという場所、【Rock Cut】 (このページ上部のマップの【2】) が遠くに見えます。(Rock Cutについての詳しい記事はこちら


上の写真のクローズアップがこちらです↓

ロッキーマウンテン国立公園の旅はまだ続きますが、
次回は公園のすぐ近くの町、エステスパークの町の様子とかわいいカフェについてご紹介します。