台湾旅4・ローカル店で朝食からの、ホテルで点心

2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行記↓の続きです!

今回は、台湾のローカル店での台湾式朝食についてを中心にお伝えします!
今回ご紹介するコースはこちら。台北駅の東側エリア、善導駅~忠孝新生駅あたりについてです。


2023年12月24日(日)。
シェラトングランド台北ホテル(ホテルの記事はこちら)を出て、朝食を食べに街へ。

目指していたのはミシュラン ビブグルマン(価格以上の満足感が得られる料理を提供する店)にも掲載されているという人気店↓だったのですが…

★ 阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)
100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District, Section 1, Zhongxiao E Rd, 108號2樓

朝8時半でこの行列!!!すごすぎるーっ!!しかも、この行列は、下の写真に見えているところから、


さらに角を曲がっても続いてるんです。

余談ですが、この人気店のすぐ近くに「ファッションセンターしまむら」がありました!台湾にもあることにビックリ!!「しまむら」って「思夢樂」って書くのねぇ~。

話は戻って、【阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)】のとんでもない行列に萎えたのと、2泊3日の弾丸旅の貴重な時間を朝食の行列に費やすのはもったいないと思い、ここはあきめることに。

急遽、近くの豆漿があるお店をGoogleでさがし、そちらへ向かいます。


こちらに到着!ここも【阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)】ではないけど、人気店のようで、お店はテイクアウトとイートインのお客さんで賑わっていました。

★ 永和豆漿大王
100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District, Section 2, Zhongxiao E Rd, 106號


レジ前から短い行列が。店内は小さいテーブルが8くらいかな?ありました。


店員さんはみな超大忙しの様子でしたが、言葉の通じない私達の指さしオーダーにも、感じよく応対してくれました。


メニュー。


厨房の奥では、鉄板?の上でなにやら生地を焼いている様子も。


こちらが、私達の朝食!【油條(イウティアウ)】=揚げパン、【豆漿(ドウジャン)】=豆乳、【飯糰(ファントァン)】=台湾式おにぎり


台湾式おにぎりが見た目以上にボリュームたっぷりでビックリ!
しかも、揚げパンを2個買ったのに、この中にも揚げパンが入ってた!!

でもこれ、すっごく美味しかった~!!中には揚げパンのほか卵、豚肉の「でんぶ」みたいなのものが入っていて、甘じょっぱくて何とも言えない美味しさ。すっかり好きになりました♡

目的のお店ではなかったけど、過去2回の台湾旅ではホテルの朝食しか食べたことがなかったので、こういうローカルのお店を体験できて、しかも安くて美味しくて大満足♪
ここはリピありのお店です。

ホテルへの帰り道、通りがかりにあったこちらの広場。

★ 華山1914文化創意産業園区
100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District, Section 1, Bade Rd, 1號


クリスマス時期…というか、この日はまさにクリスマスイブだったので、COACHのツリーがあり、記念撮影。


その後は、シェラトングランド台北ホテルに戻り、せっかく無料で朝食を付けてもらったので、立ち寄ってみました。ホテルは台湾人と思しきお客さん+日本人も少々ですごく混んでいましたよ~。


満腹だったけど、せっかくだし…と思い(食い意地!)、こちらの点心コーナーで


Taro Buns(タロイモ)と黒糖Bunsをいただいてきて、ラテと一緒にいただきました。

どちらもせいろに蒸された状態で置かれていたので、しっとりふんわり温かくて美味しかったです。
朝から食べ過ぎですが(苦笑)、このあと街歩きしてカロリー消費します!!!

次回、台北街歩き&グルメに続きます。

台湾旅3・士林夜市と台湾スイーツカフェ

2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行記↓の続きです!

今回は、台北市の中心地からアクセス良好かつ台北で最大級といわれる夜市【士林夜市】グルメ、士林夜市から歩いてすぐのニューオープン(恐らく2023年)の台湾スイーツカフェをご紹介します!

【士林夜市】グルメは、ミシュラン ビブグルマン掲載(価格以上の満足感が得られる料理を提供する店)の屋台も詳しくレポしています!

2023年12月23日(土)。
新光三越の【鼎泰豊】で小籠包や担々麺を食べた後は、電車で【士林夜市】へ。GoogleMapで見ると、三越のある中山の駅から電車で19分のようです。


土曜日の夕方とあってか中山駅のチケット売り場は結構混んでいました。久しぶりに台湾の電車に乗るけど、分かりやすくて簡単に購入できましたよ!


地下鉄(途中から地上だったけど)のプラットホーム。


19分ほどで【剣潭】駅に到着。ここから夜市へは徒歩で10分弱。さっきまでお餅スイーツとか小籠包とか食べちゃってたし(苦笑)、そこまで空腹じゃなかったのでタピオカとかは飲みたくなくて、駅の改札手前のキオスクで無糖の緑茶を買って夜市へ向かいました。


【士林観光夜市】の看板が見えてきた!


駅から向かうと最初は屋台街というより商店街のようなところを通り抜けていきます。


こちらは、スマートボール?パチンコ?のお店でした。ちょっと楽しそうだったけど、覗いただけ。


オーギョーチー(愛玉子)の屋台。大きな鍋いっぱいに入ってる!


さて、ここからはミシュラン ビブグルマン掲載の屋台グルメを3店舗ご紹介!
備忘録かつご興味のある方のために、その場所を詳しくご紹介しますね。マップはこちら。

剣潭駅を背にして大東路を北へ歩いていくと、Googleマップでは「Tiger 3D(No. 34號, Dadong Rd, Shilin District, Taipei City, 台湾 111)」と記されている、このトラちゃんの画面が目立つ十字路に辿り着きます(マップの1)。(この十字路の角のトラちゃん、新宿東口駅前のあのネコちゃんのパクリかしら…!?って思うの私だけ??)

そしたら、このトラちゃんを右前に見て、「士林慈誠宮(マップ5)」方面」に左折して下さい。


左折した大南路という通り。左手前がスポーツ用品店で、ピンクの矢印のところが、まず1件目のミシュラン店、【大腸包小腸(マップ2)】(Googleマップでは「冠正宗創始店大腸包小腸」となっています)です!

私達も初訪問だったので、詳しい場所を知らないまま現地に向かったのですが、行列がきっかけで発見!すぐに列に並びました。

こちら列の最後尾に並んだところ。土曜日で混んでいるのか、いつもこうなのかは不明ですが、この時点で18時くらいで、20分並びました。でも、この後通りかかった時にはもっと長い行列になっていたので、これでも待たずに済んだ方だったのかな!?


こちらが店舗。
★ 冠正宗創始店 大腸包小腸/Taiwanese sausage with sticky rice
111 台湾 Taipei City, Shilin District, Danan Rd, 45號家湘涼麵臭豆腐正對面

このお店、つい先日のTBS系のテレビ番組「サタデープラス(サタプラ)」で「キング・オブ・王道 夜市の台湾式ホットドッグ」として紹介されました。


「大腸包小腸」って名前が強烈だけど(笑)、もち米の腸詰(=大腸)をパンの代わりに使って、ソーセージ(=小腸)を挟んだホットドッグ的なものです。


私の正直な感想は、ソーセージ(=小腸)が美味しい!けど、もち米の腸詰(=大腸)はちょっとクドいかも…。何なら私はソーセージ(=小腸)だけでも良いのかも…
主人は美味しいと言っていました。


お次のミシュラン掲載店は同じ通りの目と鼻の先。


★ 饒河街胡椒餅, 111 台湾 Taipei City, Shilin District, Danan Rd, 49號


お餅も手作りのよう。右手前と奥には生地が。具材もボールにいっぱい入ってますね♡
お餅の生地を釜で焼くため、おじさんがお餅を釜の内側に貼り付けていました!


釜の中のお餅が見える~!!


5分程度並んでゲット。パッケージがかわいい。


こんがりカリッカリの皮の中にはたっぷりのひき肉とネギのあん。

これは…正直な個人的感想ですが、ミシュランのビブグルマンと聞いて、私が期待し過ぎちゃった!??
肉のあんは、胡椒の辛さが際立っていて、あんの旨味<胡椒というように感じました。皮は勝手に日本の肉まんみたいなものを想像していましたが、カリカリしていて食感は良いものの、ちょっと淡白な印象を受けました。

最後のミシュランはこちら。これまた同じ通り沿いで胡椒餅のお店からすぐ近く。

★ 士林廟口阿輝面線
111 台湾 Taipei City, Shilin District, Danan Rd, 52號

食べたかったんですが…満腹で断念!次回行った時に食べたいと思います。
このお店のすぐ横にある士林慈諴宮

★ 士林慈諴宮
111 台湾 Taipei City, Shilin District, Danan Rd, 84號

媽祖神を祀った歴史的な寺院だそう。


人形劇みたいなものをやっていて、人だかりができていました。観客は台湾人のようで、現地の人も熱心に観たり、写真や動画を撮ったりしていましたよ。私達が観た時はもう終わりの方だったので、ストーリーにもついて行けず…(とはいえ言葉が分からないので最初から観ていても理解できない可能性大!)でも訳が分からず観ていても人形の動きとか衣装などが興味深くて面白かったですよ!


19時ごろにはさらに人が増え、道には人、人、人!


串焼きのお店、


ハマグリが山盛りのお店。奥のお鍋で蒸しているのかな??


開いたイカが並んでるお店。


こんな人混み、コロナ大丈夫かな…?って思ったけど、今思えば、この時すでに私は感染していたんですよ。それについてはまたそのうち書きます。

ずっと夜市周辺を歩き回って疲れたので、座ってお茶できる場所を探していると…

通りがかりに、ニューオープンらしき、きれいな台湾スイーツカフェを発見!(↓マップの6)


★ 氷封仙果 ICE UNA 台北士林店
111 台湾 Taipei City, Shilin District, Wenlin Rd, 178號1樓


お店が見た目より奥に広く、明るく清潔な店内。奥には台湾人と思しきお客さんが数組いました。


メニュー。迷っちゃうほど豊富なスイーツメニュー♡


クッキーモンスターみたいな、かわいいかき氷もありました。


私達はこちらをオーダー。何と言うメニューか忘れてしまいましたが…。
これ、かなりのボリュームで女性が1人で食べるには多い!見えているのは豆やあんこ、さつま芋(?)で作ったようなモチモチしたお餅みたいなものなのですが、その下に仙草ゼリーがびっくりするほどたっぷり入っていました。

甘さ控えめてかなりヘルシー。罪悪感なく食べれるデザートで、素材の美味しさを感じられて、なかなか美味しかったですよ。お店の人の対応も良かったです。

剣潭駅に戻ってきました(写真左手奥)。右手の球体がある建物は、【台北表演芸術中心(Taipei Performing Arts Center)】だそうです。

この後はホテルに戻って、閉まる直前のラウンジへ偵察に。

次回も台北グルメについてです!

台湾旅2・小籠包にお餅スイーツ&街歩き

2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行記です!
シェラトン グランド 台北ホテルの紹介記事↓で間が空いてしまいたが…

今回は、台湾旅1↓の旅行記の続き、

①あの小籠包の有名店、【鼎泰豊(ディンタイフォン)】(新光三越・南西店)
②中山駅から雙連駅周辺の街歩きと出来立てお餅スイーツ店

についてです!

今回の街歩きコースは、約1.8キロ(約27分)です。


2023年12月23日(土)。
【シェラトン グランド 台北ホテル】(マップの1)を出発し、台北街歩きへgo~!

今、この記事を書きながら、この旅以前に台湾に行ったのはいつだろう…?と考えてみたら…、たぶん2008年くらいに行ったのが最後の気がするので、約15年ぶりの台湾!!!

そんなわけで懐かしくも新鮮でもあり、辺りをきょろきょろ観察しながら歩きます。


中山駅周辺。


目指す小籠包の名店【鼎泰豊(ディンタイフォン)】(複数店舗があります)のある、新光三越。中山駅からすぐ近くでアクセス良好です!

新光三越(マップの2)
104 台湾 Taipei City, Zhongshan District, Nanjing W Rd, 12號B2


目指すは、新光三越百貨・南西店1号館地下2階。


地下2階はまるで日本のデパ地下にいるような感じ。さすがは三越って感じ。そんな中で、ひときわ混み合っていたのが【鼎泰豊(ディンタイフォン)】


着いたのは15時半ごろでランチでもディナーでもない時間だったのに、60~75分待ち!


受付で整理券を発行してもらいました。ちなみに、鼎泰豊アプリを入れておけば、この整理券の番号での呼び出しも可能らしいですが、私達この整理券の待ち時間より少し早めに戻るつもりで、近くへ散策へ。


南京西路は、クリスマスマーケットが催されていて、すごい賑わい。


この時の旅で何度も見かけたこの犬種のワンコ。台湾で流行っているみたい!??みんな注目して写真を撮ってました。


こちらは台湾を良く紹介している、美人YouTuberの未来さんの紹介で知り、あらかじめGoogleマップにマッピングしていたお店。

★ 10/10 HOPE , Taipei Zhongshan Store(マップの3)
No. 5-1號, Lane 3, Chifeng St, Datong District, Taipei City, 台湾 103


女性が好きそうなコスメやルームフレグランスなどのお店で、おしゃれで良い香りのものがたくさん売ってました。ゆっくり見たかったけど、主人がつまらなそうだったので何も買わずに早々に退散(悲)。


南京西路からちょっと入った路地はおしゃれなお店があって、そぞろ歩きが楽しい場所でしたよ。


人だかりができている人気店。何かと思って見たら、みたらし団子を売っているみたいでした(下の写真右手に串団子の写真が写ってます)。


南京西路を歩いていたら、美味しそうなミニサイズのお餅を食べている人を良く見かけて、「私もあれ食べたいな~!」と思って周囲を観察していたところ、


お店を発見!!やった~!!

★ 灑白甜 / SA BAI TIAN
(Googleマップでは「洒白甜鮮奶麻糬販売舗」とあり。マップの4)
103 台湾 Taipei City, Datong District, Lane 25, Nanjing W Rd, 38號


こちらがメニュー。
ミニ餅と味付き落花生の専門店のようです。

私達は餅6個入りミックスにして、3個ずつ食べることに。
お餅は6種(ピーナッツ、ごま、あんこ、タロイモ、チョコ、ココナッツ)から選べました♡

注文を受けてから作ってくれるので、出来立ての温かいお餅が食べれるんです!


お餅にあんこを入れてくれてるところ♪


上からごま、あんこ、ピーナッツ。

テイクアウトして、お店目の前の公園に腰かけて即食べました。
この日、寒かったので(っていうかこの旅の間じゅう、例年より寒かった、泣)、温かいお餅が嬉しい~!柔らかくてモッチモチ、そしてゴマやピーナッツは、噛むとじゅわっとあんが口の中に広がって最高!!!3つ以上余裕で食べれましたが、忘れちゃいけないのは私達、小籠包の待ち時間なのよね(笑)

そうこうしているうちに待ち時間も終わりに近づき、早めに【鼎泰豊(ディンタイフォン)】に戻りました。
しばらくお店前のベンチに座って待っていると、番号で呼ばれ、店内へ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 231223_47.jpg

日本人もちらほら見かけましたが、ほとんどが地元の人のようでした。

食べたかった【鼎泰豊(ディンタイフォン)】の小籠包!


美味しい食べ方解説も渡されました。

やっぱり美味しい。でも、20年近く前!?に本店で初めて食べた時ほどの感動がないなぁ~、と思っていたら、主人もそうだったみたい。でも美味しいよ!

汁なしタンタンメン。これも20年近く前に本店で食べて美味しくて、その後、日本やシンガポールの店舗に行ってみたものの汁ありしかなかった(少なくとも私達の来訪時は、今は不明)のでオーダー。これは初回の感動そのままに、美味しかった!!!


主人ってば、冒険してニンニク胡麻ソース和え麺をオーダーしたら、これはフツーでした。


お会計は539台湾ドル(この日のレートで約2480円)でした。

次回に続きます!
次回は士林夜市グルメ編です!

【宿泊記まとめ】シェラトングランド台北ホテル

2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行で滞在した【シェラトングランド台北ホテル】宿泊記まとめです。

マリオットボンヴォイ・プラチナエリート特典により、
★ アップグレードされたお部屋
無料朝食
クラブラウンジ利用

などについて、各記事に詳しく記載しています!

詳細は下の各リンクからどうぞ!

【宿泊記】シェラトングランド台北ホテル④クラブラウンジ編

今回は、2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行で滞在した【シェラトングランド台北ホテル】宿泊記④として、クラブラウンジアクセス付き客室の宿泊客およびマリオットボンヴォイ・プラチナエリート会員以上が使用できる、シェラトン・クラブラウンジ「シェラトン 台北クラブ (Sheraton Taipei Club)」についてご紹介します♪

宿泊記①共有施設編
宿泊記②ディレクターツインルーム客室編
宿泊記③朝食ビュッフェ編
はこちら↓

シェラトン・クラブラウンジ「シェラトン 台北クラブ (Sheraton Taipei Club)」は西館17階にあります。

実は…2泊した2023年12月23日(土)も24日(日)も、せっせと夜市に行ってて(夜市についてはまた次以降の記事で♪)、クラブラウンジに着いた時間が1日目はクローズ間近、2日目は8時少し前くらい。恐らくベストな時間帯を逃しております…

ハードリカー等のコーナー、


ワインとフルーツ、


コーヒー、紅茶コーナー。このほか写真にはありませんが、ソーダなどのソフトドリンク缶が入った冷蔵庫もありました。


クリスマスだったからなのかな?ローストターキーも♪


ホットミールのコーナー。


サラダ、チーズ、クラッカーなどのコールドミールのコーナー。


エッグサラダと巻きずし。


クリスマスイブの日、トナカイのカチューシャを付けたスタッフさん達が各テーブルにやってきて、1人1回くじ引きに参加できました。日本の商店街のくじ引きみたいなこの↓ガラガラ式。


私はハズレで缶入りウーロン茶。主人はちょっとした当たりでミニサイズのリカー2本をゲット。

↑トナカイと雪だるまの袋はラウンジにいた全員に一袋ずつプレゼントしてくれたお菓子詰め合わせでした。中身は、たまごボーロ、キャンディ、一口サイズのゼリー、チョコなど。
これを見て主人と、「子供のころ長靴に入ったお菓子をクリスマスに買ってもらうのが嬉しかったよね~」なんて思い出話になりました。

ラウンジ利用時は満腹だったので、食べ物はほとんど頂かず、ワインだけ2杯飲みました。



ラウンジはとにかく混んでて開いている席を見つけるのが大変だったほど(下の写真はクローズ間際に人がいない場所だけを撮影)。欧米人の姿も多かったです。

ラウンジのドリンクやフード類については、バンコクのシェラトンの方がだいぶ豪華だった印象です。(バンコクのシェラトンのクラブラウンジについてはこちら↓)

以上、簡単ではございますがシェラトン・クラブラウンジ「シェラトン 台北クラブ (Sheraton Taipei Club)」のご紹介でした!

次回から台北旅行記です!

↓↓↓ まとめ記事あります ↓↓↓

【宿泊記】シェラトングランド台北ホテル③朝食ビュッフェ編

今回は、2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行で滞在した【シェラトングランド台北ホテル】宿泊記②「ディレクターツインルーム客室」について、たくさんの写真と共にご紹介します♪

宿泊記①共有施設編
宿泊記②ディレクターツインルーム客室編
はこちら↓

今回はひたすら朝食ビュッフェのご紹介です。ご興味のない方、ごめんなさいっ!
朝食ビュッフェはマリオットボンヴォイのプラチナエリート特典で無料朝食サービスでした。

こちら、朝食ビュッフェレストランのオールデイダイニング「Kitchen 12」


ガラス張りのエレベーターから見えるレストランの様子。…ですが、広すぎて両脇のお席やビュッフェのお料理が写りきらないほど!!

このダイニングはとにかく人気で、週末だったからかもしれませんが、朝昼晩とオープン前には大行列になっていました。

レストラン内の様子。


ここからは、ずらずらっとビュッフェの内容紹介です。

ドリンクコーナー。


サラダ、


中華系の冷菜。


洋食コーナーにはエッグステーションも。


中華麺コーナー。オーダーすると麺を茹でてくれます。


お粥とスープ(?)コーナー。


お粥のトッピングも豊富。


中華おかずコーナー。網の上にはこんがり焼けた焼きサバも。


私も大好き点心コーナー♡


日本食コーナー。黒豆の煮たのとか、きんぴらなど。


謎の麺と巻きずし。日本食は1つも食べなかったので、クオリティは不明です(笑)


パンコーナー。


クロワッサンやデニッシュは、温かいケースに入っている心遣いが嬉しい。


お総菜パンとチーズ。


シリアルコーナー。


ちゃんと牛乳、豆乳、オーツミルクと3種ある♪


フルーツ。


フレンチトースト、


ブレッドプディングやパンケーキ。

とにかく広くて食べ物の種類が豊富で、全部紹介しきれたかな!?という感じです。
ここのビュッフェはかなり豪華だと思いました!

以上、朝食ビュッフェのご紹介でした。
次回は、クラブラウンジアクセス付き客室の宿泊客およびマリオットボンヴォイ・プラチナエリート会員以上が使用できる、エグゼクティブラウンジ「シェラトン 台北クラブ (Sheraton Taipei Club)」についてです!

↓↓↓ まとめ記事あります ↓↓↓

【宿泊記】シェラトングランド台北ホテル②ディレクターツインルーム客室編

今回は、2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行で滞在した【シェラトングランド台北ホテル】宿泊記②「ディレクターツインルーム客室」について、たくさんの写真と共にご紹介します♪

宿泊記①共有施設編はこちら↓

★ シェラトングランド台北ホテル
100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District, Section 1, Zhongxiao E Rd, 12號


チェックイン時、マリオットボンヴォイのプラチナエリート特典でお部屋をアップグレードと無料朝食をサービスしていただきました。
その際、レセプションの方が私達の客室について、「スイートルームではないけど、スイートルーム仕様の部屋にアップグレードしましたよ。」と控えめな感じで説明してくれました。

それを聞いて、主人と「『スイートルームじゃないけど、スイートルーム仕様の部屋』ってどんなんだろうね~??」と不思議に思いながらお部屋に向かいました。

私達はホテル向かって左側の棟で、ガラス張りのエレベーターからはオールデイダイニングの「Kitchen 12」が見渡せました。


アサインされたのは11階の客室。写真右手がダイニングの吹き抜けです。



さて、ここから「ディレクターツインルーム客室」(公式HP情報によると50平方メートル)のご紹介です。

お部屋のエントランス部分。左手に荷物置き、その奥がミニバーや食器類の棚、突き当りがリビング&ベッドルーム。


ミニバーにはコーヒーメーカー、ポット、無料のお水、アイスペールや冷蔵庫があり、


引き出しの中にはコーヒー、紅茶、中国茶が入っていました。この中国茶「京盛宇」のティーバッグ、美味しかったです!


確かにスイートルームではないけど、リビングスペースが広くて快適な間取りのお部屋でした。


大型テレビの横にはデスクがあり、デスクライト付き。


窓も大きくて明るいお部屋。


テーブルの上にはフルーツがあり、翌日はまた新しいものに入れ替わっていました。


ベッドの上にはプチ嬉しいミニお菓子が。


さらに嬉しかったのが、スリッパを脱いだ後、ベッドに入る前に安心して素足になれるタオルが敷いてあるサービス♡これ好きなんです!


ベッドの右手がウェットルーム。余談ですが、この↓ガラステーブルの四隅に保護用のシリコン製のシールが貼ってあったのですが…ガラス製のテーブルであるがゆえ透明だからなのか!?私も主人も滞在中の初期に何度もこの角に脚をぶつけて痛いのなんのって!(苦笑)

そして早々にこのテーブルの四隅に合わせるように、本などの紙類を置き、透明でないようにして、脚をぶつける事故を防止したのでした(笑)

窓の外の景色。左手のビルは同じホテルのコの字型の反対側の棟が見えています。写真左手が台北駅方面です。


窓を背にしての室内の様子。右手奥がエントランス、左手がウェットルーム。


ウェットルームに続く廊下(下写真左手)に入ると、


クローゼットや広い収納スペースが。セキュリティボックスもあり。


ウェットルーム。左手がシャワーブースとバスタブ、奥がシンク、右手がトイレ。


写真ではバスタブからガッツリベッドルームが見えちゃっていますが、ロールスクリーンで遮ることができますのでご安心を!


しっかりガラスで仕切られたシャワーブースだったので、使いやすかったです。


こちらにも無料のお水、そしてアメニティ。


シンク横の棚の上にはクレベリンが設置されていてきめ細かなサービスにビックリ。(ただ、クレベリンについては昨年、消費者庁が景品表示法違反に当たるとして大幸薬品に6億744万円の課徴金納付命令を出していますよね…)


こちらはトイレ。ご覧の通り、トイレは透明なガラスドア、そしてドア横も結構見えるすりガラス。これは、一緒に泊まる相手によっては恥ずかしいかも(若いカップルとか、友達同士とか?)結婚23年以上の私達ですら(笑)、お互いトイレ使用中はウェットルーム使用禁止にしていました。

ちなみにトイレ横にさりげなくある脱衣かご。これもシャワーブース使用時にすごく役に立って、かゆいところに手が届くサービスだな、と感心しました。

次回は朝食ビュッフェ編です!

↓↓↓ まとめ記事あります ↓↓↓

【宿泊記】シェラトングランド台北ホテル①共有施設編

今回は、2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行で滞在した【シェラトングランド台北ホテル】宿泊記①です。数回に分けてお届けしますが、今回の①では、ホテルの共有施設をたくさんの写真と共にご紹介します♪
(ひとつ前の旅行記「出発編」はこちら

2023年12月23日(土)。14時台後半にホテルに到着。

★ シェラトングランド台北ホテル
100 台湾 Taipei City, Zhongzheng District, Section 1, Zhongxiao E Rd, 12號


ホテルはMRTの善導寺駅からすぐ、かつ台北駅にも徒歩圏内と言う便利な立地。


ホテルの正面玄関。


エントランス入った正面。12月23日だったのでクリスマスの装飾でした。


ロビー。


レセプション。


マリオットボンヴォイ・エリートメンバー用のレセプションがあり、主人がプラチナエリートメンバーなので、待たずにチェックインできました。


こちらはエレベーター内にあったフロアガイド。


1階のレストラン「Kitchen 12」。ここはオールデイダイニングだと思います。朝食ほかビュッフェのレストランがここでした。


ホテル1階にあった中国茶などを扱うショップ。


こちらはホテルの部屋にあったホテルガイドの施設案内のページです。


17階にあるフィットネスセンター


この施設内には、プール、サウナ大浴場(そんなに大きくはないが数人は入れる程度)、ジムがあります。


ジムは下の写真が入り口から奥まですべて写っている感じなので、そんなに広いというわけではありませんが、ランニングマシーンやサイクリングマシーン、


バランスボールやストレッチスペースなどあり。


ジムからの眺めが結構良くて、台北の街越しに遠くの山々が見え、この景色を見ながらランニングできます。

私は体調が悪かったので大浴場とサウナを利用できず、主人が大浴場とサウナを利用しましたが、混んでいて写真は撮影できず…「4トラベル」のサイトに写真が掲載されていて、その情報によると、大浴場ほか、ミストサウナ、塩サウナ、サウナ、ジャグジー、打たせ湯、シャワーブースやパウダールームなどがあるそうで、同サイトに写真も掲載されていますので、ご興味のある方はそちらをご覧下さいね!

そのほか、スカッシュコートもあるようです。


17階のコスメティカル・スパ。美容施術等のスパと思われます。


17階のエアロビクス・スタジオ。サインの下のタイムテーブルを見たら…


各曜日ごとに、色々なスタジオメニューがありました。ヨガやピラティス、太極拳入門やズンバ…楽しそう~!今回は2泊3日の弾丸旅だったので利用できず残念…!


17階にあるレストラン


こちらは別棟の最上階(17階)にあるシェラトン クラブラウンジ。これについては後日またご紹介します。

以上、【シェラトングランド台北ホテル】宿泊記①でした!
次回は客室編です。

↓↓↓ まとめ記事あります ↓↓↓

台湾旅1・ANAスイートラウンジ~初利用エバー航空で松山空港へ

今日から2023年12月23日(土)~25日(月)の台湾・台北旅行記スタートです!

今回は出発編!ANAスイートラウンジ~この旅で初利用だったエバー航空(EVA AIR)~松山空港到着についてです。

2023年12月23日(土)。8時ごろ羽田空港に到着。
3連休初日の朝とあって大混雑の羽田。
当時主人はANAダイヤだったため、ありがたいことにすんなりチェックインできました(が、今はプラチナに陥落…!)。


出国手続きし、カルティエのツリーを横目に見つつ…


ANAスイートラウンジへ。
そこそこ人が多かったのと、最近ではラウンジ写真を撮るのがちょっと面倒になったのとが理由で、写真少なめですが…ざっくりご紹介。フードとドリンクコーナー。


私達は窓際の駐機場ビューの


こちらのお席に陣取りました!


お寿司コーナーがあったので、


マグロとサーモンを一貫ずついただき、


白ワインで乾杯。


あとは鉄板メニューのカレー。


このパン…どこかとのコラボだった記憶が…(ピエールエルメだったかな、忘れちゃいました)。


ラウンジを出て、いざ搭乗ゲートへ。


大谷選手の大きな広告が♡思わず撮影。


これに搭乗しました!エバー航空は初利用。


機内食。牛丼とお蕎麦。悪くなかった記憶です。


14時ごろに台湾・松山空港に到着。過去2回の台湾旅では桃園利用だったので初めての松山空港。


さて、松山空港では…お仲間の旅行ブロガーさん達から情報を得て、我が家も台湾観光局の個人旅行者対象NT$5000が当たる抽選に事前エントリーしていました。


が、2人ともハズレたわ~~~。ガッカリ!


タクシーで台北駅近くのホテルへ向かいます。

次回は、台北駅近くのホテル編です!