箱根湯本【ホテルはつはな】・和室スーペリア客室

前回の記事「箱根湯本【ホテルはつはな】・外観とロビーラウンジ」に続き、今回は同ホテルの客室についてご紹介します!

予約プランは、
ホテルはつはな/和室スーペリア【Web限定】 小田急セレクト 湯~ゆう箱根(夕・朝食付)
大人2名・GoToトラベル適用後の価格: 41,200円
でした。
「Web限定」プランに、GoToの適用、早割、と、かなりお得な価格でした☆
より詳しいプランの内容については、前回の記事をご覧下さい^^

今回の私達のお部屋は4階でした。こちらは4階のエレベーターホールです。


こちらが宿泊した客室和室スーペリア」です。(スーペリア和室、という語順の方がしっくりくると思うのは私だけ^^;??)

Hotel Hatsuhana, Guest Room (Japanese Room Superior)
Hotel Hatsuhana, Guest Room (Japanese Room Superior)


和室の奥側が広縁です。

Hotel Hatsuhana, Guest Room (Japanese Room Superior)


広縁

Hotel Hatsuhana, Guest Room (Japanese Room Superior)


翌朝のお部屋からの眺め。紅葉が部屋から気持ちよく見渡せます!!

Hotel Hatsuhana, Guest Room (Japanese Room Superior)


こちらも部屋の窓ガラス越しに撮影した風景です。部屋に居ながらにして、こんなに紅葉が楽しめるなんて、素晴らしい!
連れて行った母も喜んでくれました。


お部屋にはナノイーが置かれていました。


洗面ルーム。私が写ってる…^^;

Hotel Hatsuhana, Wet Space (Japanese Room Superior)


アメニティ


大浴場(撮影NGだったので、次回以降、大浴場周辺施設をご紹介しますが、とっても良いお風呂でした!)があるため、部屋風呂は普通…

Hotel Hatsuhana, Guest Room’s Bathtub (Japanese Room Superior)


トイレ

Hotel Hatsuhana, Guest Room’s Restroom (Japanese Room Superior)


電気ポットグラス


その下段は冷蔵庫になっていました。


テーブルにはお菓子3種とお茶3種(確か…)がありました。


浴衣は各サイズが室内に揃っていて、ブラウン、グリーン、ピンクがありました。

以上、お部屋の様子でした!
次回はお風呂場内は撮影NGだったため、大浴場周辺施設についてお伝えします!

星野リゾート 界 川治 3・露天風呂付き渓流和室

2019年5月に訪れた栃木県日光市星野リゾート 界 川治】の宿泊記、前回の記事『星野リゾート 界 川治 2・ロビーラウンジ, ギフトショップ, 里山工房』の続きです。

今回は、
星野リゾート 界 川治の露天風呂付き渓流和室についてご紹介
します。

星野リゾート 界川治/ Hoshino Resorts KAI Kawaji
https://kai-ryokan.jp/kawaji/
栃木県日光市川治温泉川治22
公共交通機関利用の場合:川治湯本駅から徒歩 12 分

界川治で1室のみの露天風呂付渓流客室(松竹梅の間)へ。

お部屋の見取り図は下記の通りです。(出典:星野リゾート 界 川治, 公式HP)

Source: Hosino Resorts KAI Kawaji Official HP


玄関からいきなり広々していました。


玄関から見た廊下。廊下の突き当りの窓側からは渓流ビューになっています。


廊下の突き当り右手は茶器と冷蔵庫のスペースになっています。


最大6名用の客室らしく(もっと沢山泊まれそうな広さですが^^;…なんなら↑の廊下だけでも数人寝れる!)茶器が6客ありました。

だけど緑茶ティーバッグは2個しかなくて…!!
私は一日中飲み物を片手に何かするタイプなので、これではお茶が足りなくて、持参したティーバッグを使いました。(前回の記事でご紹介した1階のラウンジには飲み物が常備されていますし、ティーバッグもありました)

さて、こちらは12畳の和室です。右奥には4畳の寝室(メインの寝室は別の場所です)が見えています。私達はこの4畳の寝室を荷物置き場にしていました。


上の写真の12畳の和室に隣接して、窓側にもくつろぎスペースがあります。


こちらのソファーは、界 川治 オリジナルの「ごろんとチェア」というネーミングらしいです。ちょうど1~2人で並んでごろごろするのに良いサイズです。

ごろんとチェアは、男鹿川に面していて、窓の外の緑を眺めながらくつろぐのにぴったりです。


ごろんとチェアの隣には掘りごたつもありました。
掘りごたつで2人で雑誌を読んだりして、のんびりできました。


チェックイン時に、スタッフさんがお菓子とジュース(だったと思う…)を持ってきてくれました。


アメニティー

界のアメニティーは風呂敷に包まれています。風呂敷の色は界によって異なります。
界はコスメ類は備え付けのものを使うシステムなので、中身は大したことないです…。
私は少々コスメおたくなので、気に入ったものでないと、どこに泊まってもホテルのアメニティーは使わないし、貰わないので良いのですが…。アメニティ―とか好きな人には寂しいかも。
ただ、余分なプラスチックごみも出さないですし、エコロジーという観点から言うと良い取り組みですね。


お次は客室のお風呂についてご案内します。
茶器スペースの右横にお風呂場の入り口があり、


こちらが、脱衣所洗面所


脱衣所の扉を開けると、


まず内風呂があり、


つづいて男鹿川に面して露天風呂があります。


分かりづらいかもしれませんが、下の写真右下に写っているように、お部屋の露天風呂からは川が見えます。
お風呂に腰掛けると渓流が眺められ、せせらぎも聞こえて来て、とても気持ちが良いロケーションです。

内風呂の写真を撮った時は、お湯をはっていませんでしたが、内風呂も使いました。
なにしろ春の日光と言っても朝晩は気温が下がるので、内風呂で温まることができるのも便利です。

最後に、こちらがメインの8畳の寝室です。

ベッドは、界のオリジナルマットレス「ふわくもスリープ」。寝心地がまるで雲のようであることから、その名前が付けられているそうです。
私の好きなローベッドでした。

次回は、大浴場(内風呂、露天風呂)、足湯についてご紹介します!

関連記事
その他の星野リゾート
星野リゾート 界 伊東(スタンダードルーム)
星野リゾート 界 伊東・限定1室「赤椿の間」
星野リゾート 界 箱根
星野リゾート 界 アンジン
星野リゾート 界 鬼怒川
その他の日光市のホテル
星野リゾート 界 鬼怒川
ホテルハーヴェスト鬼怒川

日光市鬼怒川【ホテルハーヴェスト鬼怒川】徹底紹介・その2 ~温泉&その他施設編~

日光市鬼怒川【ホテルハーヴェスト鬼怒川】徹底紹介・その1の続きです。
今回は、日光市鬼怒川【ホテルハーヴェスト鬼怒川】の温泉とその他ホテル内施設についてご紹介します。

大浴場のフロアはこんな感じ。右手が女性の大浴場、左手が男性です。


大浴場の手前には、湯上がりに欲しくなるビールやジュース、アイスクリームの自動販売機が並んでいます。


大浴場の奥へ進むと、大きな窓に面した休憩スペースや温水プールがあります。

写真右手奥に写っている、室内温水プールは、15m×6mのサイズで ジャグジー付きです。


写真左手がプールです。室内ですがガラス張りで、一面は森林を臨む外に面しているので開放的です。


外には足湯もありますが、冬季は閉鎖だそうで、私達の訪れた2020年6月21日(日)も、コロナの影響か、足湯にお湯は入っていませんでした。


では、大浴場についてご紹介していきます。
…とその前に、ホテルにチェックイン時にホテルスタッフさんから、「事前にお電話でご案内したように、現在(2020/6/21)露天風呂が故障しておりまして、ご利用できません。」
事前にそんな連絡受けていないけど…(-_-メ)
ということで、本来ならば素敵な露天風呂が楽しめるのですが、今回は露天風呂の写真を撮れませんでした…。残念です。

こちらがホテルの温泉成分。単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)で、適応症は、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え・うちみ とのことです。

日曜日~月曜日の滞在だったためか、月曜朝の大浴場は空いていて、誰もいなかったので女性の大浴場の中も撮影しました。

内風呂はこんな感じ。浴槽が写真の奥と手前、2つあります。

本来ならばこの左手に露天風呂があり、大きな窓からはお庭と露天風呂が見えるはずなのですが、工事中で外が見れないようになっていました。
浴槽の右手に見えているのはミストサウナです。


ミストサウナ


サウナ水風呂


寝湯


洗い場

お風呂が工事中で外が見れなかったため、大浴場の良さを十分に堪能できず残念でした。
おそらくもう工事は終了していると思われますが、最新の情報はホテルへお問い合わせください。

お風呂の周辺の施設としては、ほかにエステルーム


ゲームルームもありました。ゲームルームは閉鎖中でしたが…(2020/6/21時点)

以上、【ホテルハーヴェスト鬼怒川】の施設紹介でした。
次回は、鬼怒川散歩についてお伝えします!

関連記事
日光旅
日光旅☆その1・日光口PA名物そば&いろは坂ドライブ
日光旅☆その2・華厳の滝と中禅寺湖へ…
日光旅☆その3・金谷ホテル【コーヒーハウス ユーコン】でランチ
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その1・エントランスとロビー
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その2・客室
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その3・お食事と大浴場
日光東照宮&世界遺産・日光山内にある【本宮カフェ】
ホテルハーヴェスト
日光市鬼怒川【ホテルハーヴェスト鬼怒川】徹底紹介・その1 ~ロビー&客室編~
箱根・仙石原【ホテルハーヴェスト箱根甲子園】徹底紹介・その1 ~館内施設編~
箱根・仙石原【ホテルハーヴェスト箱根甲子園】徹底紹介・その2 ~温泉と客室編~

日光市鬼怒川【ホテルハーヴェスト鬼怒川】徹底紹介・その1 ~ロビー&客室編~

2020年6月21-22日に旅した、栃木県日光市観光&鬼怒川温泉宿泊旅その3の続きです。

今回は、栃木県日光市鬼怒川温泉にあるホテル、【ホテルハーヴェスト鬼怒川】について、たくさんの写真と共にご紹介します。

同ホテルは、東急不動産の会員制リゾートホテルでありながら、客室のうち10室を「じゃらん」「楽天トラベル」「一休」などのホテル予約サイトからも予約可能な一般の宿泊者向けにしています。
私達は東急不動産の株主優待を利用したので、平日泊・素泊まりで1人につき税込み6,050円という、かなりお得な価格で宿泊できました。

2020年6月21日(日)。
日光東照宮の周辺から、車でホテルのある鬼怒川温泉へと向かいました。

Kinugawa-Kawaji Onsen

ちょうど日光鬼怒川線の電車がやって来たところをすれ違いざまに見ることができました。

ホテルは、電車利用の場合、東武鉄道鬼怒川線・小佐越駅より徒歩約10分、鬼怒川温泉駅からは車で5分の場所にあります。

Source: Google Map, 筆者により一部加筆しています

ホテルハーヴェスト 鬼怒川
栃木県日光市鬼怒川温泉大原14-10

ホテルのロビー

ホテルは鬼怒川の真横に位置するため、ロビーからは鬼怒川と川の周りの木立が見えました。

訪れたのが6月だったので、新緑がきれいでした。紅葉シーズンも美しいのでしょうね。


ロビーの横には売店があり、お土産などが売られています。


部屋は、最上階である6階でした。こちら↓はエレベーターホール


客室エントランスからの様子。


和洋室で手前が和室の畳部屋、奥にソファーとテーブル、デスクとテレビがありました。


窓からの眺めは、森林と鬼怒川。あいにくの曇天でしたが、どこまでも続く森林の緑は、都会の日常を忘れさせてくれるリフレッシュ感があります。


お部屋にはプラズマクラスターの空気清浄機が設置されていました。


ウェットルーム。お部屋はリノベーションされているようですが、ウェットルームは少々レトロ感がありました。


お菓子は、東照宮の三猿(見ざる聞かざる言わざる)にちなんだ、三猿せんべいでした(笑)。

気が付いたら無かったので、主人が2個とも食べてしまったようで、味見できていません^^;。

次回は、温泉施設やその他の館内施設についてお伝えします!

関連記事
日光旅
日光旅☆その1・日光口PA名物そば&いろは坂ドライブ
日光旅☆その2・華厳の滝と中禅寺湖へ…
日光旅☆その3・金谷ホテル【コーヒーハウス ユーコン】でランチ
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その1・エントランスとロビー
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その2・客室
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その3・お食事と大浴場
日光東照宮&世界遺産・日光山内にある【本宮カフェ】
ホテルハーヴェスト
箱根・仙石原【ホテルハーヴェスト箱根甲子園】徹底紹介・その1 ~館内施設編~
箱根・仙石原【ホテルハーヴェスト箱根甲子園】徹底紹介・その2 ~温泉と客室編~

日光旅☆その3・金谷ホテル【コーヒーハウス ユーコン】でランチ

2020年6月21-22日に旅した、栃木県日光市観光&鬼怒川温泉宿泊旅その2の続きです。

今回は、栃木県日光市にある、
① 中禅寺湖の湖畔にあるカフェ、金谷ホテル コーヒー ハウス ユーコン
② 金谷ホテルのカフェレストラン&ベーカリーショップ⾦⾕ホテル歴史館 カテッジイン・レストラン&ベーカリー
についてご紹介します。

Source: Google Map, 著者が加筆しています

2020年6月21日(日)。

中禅寺湖沿いをドライブして、ランチを食べようと向かったのは、こちらのお店です。

金谷ホテル コーヒーハウス ユーコン
栃木県日光市中宮祠2482(ページ上部のマップの【1】)

kanaya Hotel, Coffee House YUKON

店舗の前には専用のパーキングがあり、道路を挟んで反対側が中禅寺湖というロケーションです。

kanaya Hotel, Coffee House YUKON

コーヒーハウスは緑の木々に囲まれていて、気持ちが良い場所でした。

店舗に向かって右側の外がテラス席、そのほかに店内席もあります。

日曜日ということもあり、私達が到着した正午過ぎは、テラス席、店内席ともに満席で、すでに数名の方が並んでいました。
あらかじめ席の希望を聞いてもらえるので、テラス席を希望して15-20分程度待ちました。
お店の入り口前にメニューが置かれていて、待ちながらメニューを見れるので効率的でした。

こちらがテラス席。
満席だったのですが、一瞬だけ空いた隙に写真を撮影できました。(再びあっという間に席が埋まって満席になりました…)
写真からは分からないと思いますが、テラス席から見える一番手前は、このお店のパーキング、その奥に道路があり、さらに向こう側が中禅寺湖です。

フードメニューは、
金谷ホテルの大正時代のレシピを再現したというビーフカレー、チキンカレーなどもありましたが、私達は、金谷ホテルロイヤルブレッドを使用したサンドイッチ、【金谷ゆずサーモンのフライ ロイヤルサンド】(¥1,600 税・サ込)とホットの紅茶をチョイスしました。

金谷ゆずサーモンのフライ ロイヤルブレッド(※写真は2人前)

メニュー名は「サーモン」となっていますが、日光市の清らかな水と柚子で育てられた「プレミアムヤシオマス」のフライが具になっています。

栃木県では、大型ニジマスである「ヤシオマス」を、昭和60年代に水産試験場が開発し、品質改良の研究を続け、ヤシオマスの脂肪にオレイン酸を豊富に含ませる技術を確立したそうです。
「プレミアムヤシオマス」は、この技術に基づく7つの基準をクリアしたものにのみ使用できるブランド名とのこと。

私達は、2017年に栃木県日光市・鬼怒川温泉にある【星野リゾート 界 鬼怒川】に宿泊した際、このヤシオマスが名物であることをホテルの夕食説明時に教えてもらったのがきっかけで知っていたので、このサンドイッチをチョイスしました。
(>> 【星野リゾート 界 鬼怒川】の食事についての記事はこちら

フライ揚げ加減も素晴らしくて、衣はカラッと、身はふっくらと柔らかく、パンも金谷ホテルの名物と言われるロイヤルブレッドを使用していたので、美味しかったです。

欲を言えば、美味しいので、もっと量が欲しい…^^;

ところで、うちの主人は、ここ1年位はパンにもこだわりはじめ、土日にはかなりの頻度で朝ランがてら【ブーランジェリー セイジアサクラ / BOULANGERIE SEIJI ASAKURA】のパンを自ら買ってくるくらいなので、サンドイッチで美味しいと感じた金谷ホテルのパンを明日の朝食のパンに食べたいと言いはじめ…
お店の人に聞くと、ちょうどこの日宿泊するホテルへの通り道の、日光東照宮の近くに金谷ホテルのベーカリーがあるということだったので、そちらに行ってみることにしました。

コーヒーハウスを出発し、いろは坂の下りを経由(ページ上部のマップの【2】)して向かいます。

こちらが「いろは坂」を通過中のカーナビ画面なのですが、こんなにも道がくねくねと曲がっていることが分かります!


⾦⾕ホテル歴史館 カテッジイン・レストラン&ベーカリー
栃木県日光市本町1-25(ページ上部のマップの【3】)

1873年に開業したという、老舗ホテル、金谷ホテルの歴史を紹介する「金谷ホテル歴史館」に隣接したレストランとベーカリーです。

しかし、到着したのは14時過ぎだったにもかかわらず、すでにパンはかなりの品薄でした…

買えるものが限られていたのですが、翌朝用の朝食パンにオレンジワッサンカマンベールBOXというパンを買いました。
どちらも美味しかったですよ!

パンのほかに、フルーツケーキなど、お土産用の焼き菓子も売っています。
パンが買いたい場合は、早めの到着が良さそうです。

次回は鬼怒川で滞在したホテル編についてお伝えします!

▼関連記事
日光旅☆その1・日光口PA名物そば&いろは坂ドライブ
日光旅☆その2・華厳の滝と中禅寺湖へ…
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その1・エントランスとロビー
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その2・客室
星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その3・お食事と大浴場
日光東照宮&世界遺産・日光山内にある【本宮カフェ】

———————————————————————————

昨晩(というか正確には今日の0時過ぎ…!)に箱根→清水旅から帰宅しました。
コロナでの外出控えが解消されつつあるのか、報道を見ると観光地はどこもかなりの人出だったらしいですね!
昨日は夜20時前に主人の実家のある静岡県清水区を出発したのですが、都心の自宅に着いたのは、なんと翌0時半くらいでした!!!
東名高速の渋滞が酷くて、ふだんお盆やGWには海外旅行に行く私達にとって、人生最悪の渋滞でした( ̄▽ ̄)
しかし、旅自体は混雑をうまく避けて楽しめました。
箱根での観光や食事、ホテルについてはまた追ってアップしますね!

日光旅☆その2・華厳の滝と中禅寺湖へ…

2020年6月21-22日に旅した、栃木県日光市観光&鬼怒川温泉宿泊旅その1の続きです。

今回は、
華厳の滝~中禅寺湖観光(?→クエスチョンマークが付いているのには意味があります!本文をご覧ください、笑)
についてお伝えします!


2020年6月21日(日)。

いろは坂(上のマップの【1】)の濃霧の中を走り、華厳の滝や中禅寺湖がすぐそこ…という二荒橋【2】↓まで来たのですが、ここも霧が濃い~


華厳の滝からすぐ近くのパーキングに車を停めて、華厳の滝エリアへ行ってみました。

華厳の滝は小学校6年生の修学旅行で初めて行き、その後、社会人1年目くらいに大学時代の友人グループと訪れた以来、20年以上ぶり…
KOGONCAFE】なんていうのもあり、平日の曇天にもかかわらず、アウトサイド席は満席でした。


こちらが、華厳滝の観瀑台(かんばくだい)に通じるエレベーターの建物。

本来なら、100メートルほどエレベーター(有料:往復大人570円、小学生340円 ※2020/9/18時点)で降りて、観瀑台に行って滝を鑑賞するのが大迫力で楽しいはずなのですが…
エレベーターのチケット売り場には、こんな看板が…
濃霧のため華厳の滝は見えませんがエレベーターは運行しています 霧は短時間のうちに晴れる事もあります」

あら~~~^^; 嫌な予感はしていたんですけど、やっぱり霧で滝が見れないのね…
さらにチケット売り場近くには、華厳の滝のライブ映像を写したモニターまであったのですが、それもこんな感じ↓

霧で画面が真っ白になっているため、モニターの正面の景色が写っているというありさま…

本来なら、エレベーターで観爆台に下りて、97メートルの岩壁を毎秒3~5トンの水が流れ落ちる大迫力の華厳の滝が見れるはずだったのに…

さらにこのエレベーター向かって右側奥に歩き、本来ならここからも華厳の滝が見える、という場所に行ってみたのですが、一帯は濃い霧が一面に広がり、真っ白で何も見えなかったです(泣)。しかし、滝はあのあたりにあるんだろうなぁ~という、落下する水の音だけはよく聞こえました。

これも記念にと、華厳の滝があるはずの場所の写真を撮ってみました↓


華厳の滝を出て、今度は中禅寺湖へ向かって歩いてみましたが、日光自然博物館の辺りも、

博物館前の国道120号沿いも、霧…


少々あるくと中禅寺湖畔(ページ上部のマップの【4】)に到着。
しかし、ものすごく近い湖面しか見えない…

湖畔にある案内地図を眺めながら、「湖が全然見えないね…この後どうしようかね…」なんて、主人と話していると、近くにいたおじさんが私達に話しかけてきて、「この辺りは地形的に霧が出やすい場所だから、今こんなに視界が悪いけど、(案内地図の中禅寺湖の西の方を指さしながら)こっちの方に行ってごらん。霧が晴れてて、こことは全然違うと思うよ!」と、教えてくれました。

私達の周りにいた他の観光客たちも、それを神妙な顔つきで聞いていました。

そして、ちょうどランチの方向も中禅寺湖の西方面だったので、車を走らせること少々…
おじさんのおっしゃった通り、本当に霧が嘘のように晴れて、突然、視界良好、緑の木々が眩しい景色になりました。

次回は、【中禅寺金谷ホテル コーヒーハウスユーコン】でのランチについてお伝えします!

日光旅☆その1・日光口PA名物そば&いろは坂ドライブ

今回から数回にわたり、2020年6月21-22日に旅した、栃木県日光市観光&鬼怒川温泉宿泊旅についてお伝えしていきます!

2020年6月21日(日)。
東京の自宅を出発し、栃木県日光市へ向けて出発!

Source: Google Map, 筆者により一部加筆しています

最初に立ち寄ったのは、東北自動車道・羽生パーキングエリア(下り)(上記マップの【1】)

羽生パーキングエリア、初めての利用だったのですが、スタバがあったり、【ずんだ茶寮Cafe】があったりと、近代的でおしゃれなパーキングエリアでした。

ずんだ茶寮Cafeには列もできていて(↓の写真右手)、人気のようでした。
メニューには『ずんだシェイク』とか『ずんだ餅』などがあり、この日はランチタイムのことを考えてお腹を空かそうと、買わなかったのですが、次回は是非買ってみたい…


さらに車を走らせ、今度は日光宇都宮道路・日光口パーキングエリア(下り)にやって来ました。(ページ上部マップの【2】)
木彫りのクマさんと「ようこそ」の文字が、なんだかほっこりします。

ここで、トイレに行ったあと、主人の姿を探していると、↓写真のフードコーナーで主人を見つけました。その後ろ姿から、彼が買う気満々である雰囲気が伝わって来ました(笑)。

そんな主人が何を買ったのは、こちらのかき揚げそば
日光口パーキングエリアでは、生そばが名物で、「コシのある風味豊かな生そばは自慢の一品」なんだそうですよ!主人も美味しいと言いながら、あっという間に平らげていました。

キッチンにはかき揚げが大量に並んでいる姿も見ました^^

主人がそばを食べるのを見ていたら、さっきずんだ茶寮Cafeで買わずに我慢したはずの私でしたが、私も何か食べたくなり…^^;、↓のいもフライを思わず買っちゃいました。
モチモチのじゃがいもペーストフライに、甘しょっぱいお醤油ベースのソースが染みていて、美味しかったです。半分は主人に食べてもらいました。


誘惑に負けておやつを食べてしまい、軽くお腹が満たされた後は、いろは坂を登って(ページ上部マップの【2】)中禅寺湖を目指しますが…

上るつれて霧がどんどん濃くなってきてしまい、数メートル先も真っ白で見えなくらいになり、少々怖いドライブとなりました。

次回は、中禅寺湖周辺編についてお伝えします!

星野リゾート 界 伊東・限定1室「赤椿の間」に宿泊・その2

今回は、前回に引き続き、静岡県伊東市(伊豆半島)にある【星野リゾート 界 伊東の限定1室「赤椿の間」宿泊記についてお伝えします!
(※2018年4月の旅行記です)
>> タイトルになっている限定1室「赤椿の間」についての記事は一つ前のこちらの記事をご覧下さい!

また、星野リゾート 界 伊東については、以前の記事で詳しく施設やお料理についてお伝えしているので、ご興味のある方は下記リンクの記事も併せてご覧ください^^

>> 星野リゾート 界 伊東☆その1 ロビー&客室
>> 星野リゾート 界 伊東☆その2 お食事, 大浴場, プール…その他施設

2018年4月13日。
星野リゾート 界 伊東に母娘でステイ。

滞在した「赤椿の間」には、一つ前の記事で紹介した通り赤を基調とした「つるし雛」が飾られていましたが、


訪れたのが4月だったので、ホテルのエントランスには、端午の節句の兜と、端午の節句版の「つるし飾り」がありました。

端午の節句版の「つるし飾り」は、色とりどりの鯉や兜などがモチーフになっていました。


記事冒頭にお伝えしている、以前の記事の方が施設についての写真が多いのですが、この時撮影したものに関して一部ご紹介します。

源泉温水プール


足湯

内風呂(過去の記事より抜粋)。


露天風呂(過去の記事より抜粋)。


界 伊東の温泉は、源泉かけ流し。これまで私が過去に入った温泉の中でも屈指の美肌効果を実感できる泉質(カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉)です。


さて、お食事についてですが…
夕食・朝食は、お食事処で頂きました。
しかし、この旅当時、ブログに紹介する予定も無かったため、お料理の内容は記録に無く…下記、写真を中心にご紹介させていただきますm(_ _)m

先付。生桜海老でした。

お椀

八寸は、特に盛り付けやお皿が綺麗。ミヤコワスレが飾り付けられていました。

揚げ物。揚げた最中の皮の中に何かの餡が入っていて、とても美味しかった記憶が…

蓋物

台の物ご飯お味噌汁お漬物

甘味は、2種類から選ぶことができ、こちらは母の選んだ桜のデザートで、桜餡を載せたレアチーズケーキ(だったと思う)に桜のゼリーとバニラアイス添え。

私が選んだのは、ご当地甘味の「淡雪チーズ 椿見たて」。こちらは現在のメニューにもあり、お皿一面に薄くゼリーが広がっていて、その上に白い椿に見立てた柔らかなチーズクリーム(?)ムース(?)です。


朝食。左上に青い固形燃料がむき出しになっているということは、何か一品来ていない状態で写真を撮ったもよう^^;

母孝行旅は、母がお食事もお部屋も喜んでくれました。
特につるし雛飾りのお部屋は、これまでの旅の中でも母にとってはかなり印象的だったらしく、母がよくこの時のことを、楽しい旅の思い出話として口にしています。

コロナが落ち着かないことには、高齢の母を旅に連れて行けないので…
早くまた母孝行旅ができるような日が1日も早く来てほしいと願うばかりです。

関連記事
その他の星野リゾート
星野リゾート 界 伊東(スタンダードルーム)
星野リゾート 界 箱根
星野リゾート 界 アンジン
星野リゾート 界 鬼怒川
星野リゾート 界 川治・限定1室「露天風呂付き渓流和室」

星野リゾート 界 伊東・限定1室「赤椿の間」に宿泊・その1

今回は、静岡県伊東市(伊豆半島)にある【星野リゾート 界 伊東の限定1室「赤椿の間」宿泊記についてお伝えします!
(※2018年4月の旅行記です)

星野リゾート 界 伊東については、先日の記事で詳しく施設やお料理についてお伝えしているのでご興味のある方は下記リンクの記事も併せてご覧ください^^

>> 星野リゾート 界 伊東☆その1 ロビー&客室
>> 星野リゾート 界 伊東☆その2 お食事, 大浴場, プール…その他施設

2018年4月13日。
母と二人旅。
母と東京駅で待ち合わせをし、踊り子号で伊東駅へ。
ホテルは伊東駅から徒歩9分とアクセスが良く、都心から電車で行きやすいのも魅力です。

星野リゾート 界 伊東 / Hoshino Resorts KAI Ito
静岡県伊東市岡広町2-21


エントランスには生け花が飾られ、和の趣が漂います。

ロビーの一部。


さて、この時私達が宿泊したのが、星野リゾート 界 伊東が、地域文化が感じられる「ご当地部屋」として、雛祭りの前後に期間限定・1室限定でしつらえた「赤椿の間」です。
期間限定ご当地部屋は、私達の宿泊した「赤椿の間」のほかにもう1室「白椿の間」もありました。

星野リゾート公式HPの情報を抜粋すると、「つるし雛」は、江戸時代後期から、この界伊東からほど近い伊豆稲取地方に伝わる風習で、当時、雛人形は高価でなかなか手に入らないため、一般家庭の家族や近所の人々が、子供の幸せを願い、小さな人形を作り持ち寄って作られたのが始まりだそうです。

この「つるし雛」、伊豆の稲取地区、福岡県柳川市(「柳川さげもん」)、山形県酒田市(「傘福」)が「日本三大つるし飾り」として知られているそうですが、伊豆稲取は「つるし雛発祥の地」とされているそうです。

「桜」という角部屋に案内されました。
もともとの部屋名は「桜」ですが、この部屋が期間限定1室の「赤椿の間」になっていました。

母と2人で泊まるには、広~~~いお部屋!
合宿できるじゃん…(笑)


一番奥のお部屋の床の間に、つるし雛が飾られていました。


写真からは分かりづらいのですが、写真の正面に写っている障子も飾り障子になっていて、素敵でした。

「赤椿の間」の名の通り、赤をベースにした、様々のモチーフのつるし雛が目を楽しませてくれます。

つるし飾りのモチーフ一つ一つには子供の健やかな成長、子孫繁栄の願いがこめられ、手縫いで作られているそうです。

モチーフには、赤椿や、這い這いする子をかたどった「這い子人形」、うさぎ(赤い目のウサギは病気を退治するという信仰から)、ハトなどがありました。
それぞれが美しい布を縫い合わせて作られていて、色合いがカラフルで美しく、見ていて飽きないです。

友人の母は呉服屋さんなのですが、この「つるし雛」作りを長年の趣味としているらしく…私もいつかトライしてみたいと思ってしまいました。呉服屋さんだから可愛い端切れとかもあるんだろうなぁ…

こちらはつるし雛の部屋から、隣のお部屋を撮影した様子。4枚上の写真とは逆方向から撮影したものです。


こちらはメインの2部屋の間にある部屋です。
次の間? っていうのかしら??小窓が付いています。

さらに、これら3部屋の奥には細長い部屋があり、テーブルと椅子も置かれていました。
角部屋なので眺めが良く、伊東の街並みと遠くに海も見えました。


つるし雛部屋のテーブルには、椿をかたどった練り切りが置かれていました。もちろん、美味!

2018年4月の宿泊だったので、ブログに紹介する気もあまりなく、おトイレやお風呂等の写真も無くて…申し訳ないです…
アメニティは、星野のいつものアメニティーにプラスで、「生の椿油」と椿油入りせっけんをいただきました。

次回は、お食事とホテル施設の一部、またホテルエントランスにあった端午の節句の「つるし飾り」等についてご紹介します。

関連記事
その他の星野リゾート
星野リゾート 界 伊東(スタンダードルーム)
星野リゾート 界 箱根
星野リゾート 界 アンジン
星野リゾート 界 鬼怒川
星野リゾート 界 川治・限定1室「露天風呂付き渓流和室」

星野リゾート 界 鬼怒川・徹底紹介☆その3・お食事と大浴場

前回の記事(客室編)の続きです。
栃木県日光市・鬼怒川温泉にある【星野リゾート 界 鬼怒川】の宿泊記について、たくさんの写真と共にお伝えします!
(※2017年6月30日ー7月1日の旅行記です)

星野リゾート 界 鬼怒川
栃木県日光市鬼怒川温泉滝308

今回は夕食と朝食、「界」の名物でもある「ご当地楽」そして大浴場についてご紹介します。

お食事は夕食・朝食共に、ロビーと接している棟(下の写真右手の建物)でいただきます。


中庭を眺められる大きなガラス窓の並びの席をご用意いただきました。


こちらが夕食のお品書き。


食器は栃木の益子焼が多く使われていました。

先付、八寸、お椀


鬼怒川流お造り取り合わせ
見た目が美しく、ちょっとずつ色々なものが食べられるのが嬉しいです。

このお造り用のお品書きも別にあり、お品書きを確認しながら一つ一つ味わうのが楽しいです。


揚物、蓋物、台のもの。写真は撮りませんでしたが、ご飯に香のものもありました。

デザートは「界鬼怒川特製こんにゃくあんみつ」にしました。
ちなみに、デザートを食べると、時間的に「ご当地楽」(←後ほどご紹介します)に間に合わないことから、スタッフさんの心遣いで、デザートだけ 「ご当地楽」 後にお部屋に運んで下さいました。

お食事はどれも美味しく、概して大満足ですが、一点指摘するなら、別の星野にも宿泊したときと、メニューが2品被っていた(揚げ物と蓋物)点がちょっぴり残念でした…(宿泊者アンケートで、この件について指摘したので改善してくれていると良いですが…)

さて、星野リゾート界では「ご当地楽」と言って、
それぞれの宿泊施設のある地域に特長的な文化を楽める、オリジナルの特別なおもてなしを実施しています。

現在の「界鬼怒川」公式HPによると、私の訪れた2017年当時とは内容が変わったようで、今は「益子焼マイスター」が益子焼の特徴や歴史、文化のほか、器の楽しみ方を紹介しているようですが、2017年当時は益子焼を卓球のラケットの様な道具で叩いて、木琴と共にその音色を楽しむ(演奏するのはホテルのスタッフの方々)という催しを行っていました。

演奏終了後、ホテルスタッフの方が「ぜひ試しに演奏して下さい。」と体験させて下さり、その時の写真が↑です(*^^*)


明けて2017年7月1日 。
翌日の朝食も夕食と同じ場所で。 朝日に照らされた新緑が眩しいです。


あさごはんのお品書きです。


お椀の蓋を取らないまま写真を撮ってしまっていました…^^;
写真中央のお魚は、栃木県の伝統料理「しもつかれ(鮭の頭と大豆、根菜、酒粕を煮込んだ料理) 」を界鬼怒川流にアレンジしているヤシオマスをつかったお料理となっているそうです。


こちらは最後に出てきたお菓子だったんですが、3年前のことで何のお菓子か忘れてしまいました…、ごめんなさい…。


お次に大浴場のご紹介です。
こちらは内風呂

”傷は川治(鬼怒川に隣接する温泉地)、火傷は滝(鬼怒川温泉) ” と謳われていたそうで、泉質はアルカリ性の単純泉だそうです。

こちらが露天風呂で、春には桜並木が楽しめるんですって!

また、写真はありませんが、大浴場に隣接して、中庭の竹林を眺められる湯上がり処もあり、冷たいお茶なども飲めるようになっていました。

以上、3回に渡ってお送りした星野リゾート「界 鬼怒川」のリポートです。
まだ界ステイではご紹介していないものが3種ありますので、おいおいご紹介していきますね!


関連記事
その他の星野リゾート
星野リゾート 界 伊東(スタンダードルーム)
星野リゾート 界 伊東・限定1室「赤椿の間」
星野リゾート 界 箱根
星野リゾート 界 アンジン
星野リゾート 界 川治・限定1室「露天風呂付き渓流和室」