ロッキーマウンテン国立公園9・ブルーの湖&トレイルリッジロードからの絶景

今回は、アメリカ、コロラド州 ロッキーマウンテン国立公園の
ブルーの湖、Poudre Lake
展望スポット、Forest Canyon Overlook
・トレイルリッジロードから見えるロッキー山脈の絶景
についてお伝えします。

2019年 9月2日(月)。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 。

本日のこれまでのルートはこちら。
(下はグーグルマップに加筆したものです)
前回は下のマップの【7】と【8】の間にある展望スポットまでを記事にしました。


上のマップ【8】に到着した私達夫婦。トレイルリッジロード沿いにあるブルーの湖【 Poudre Lake】です。

Poudre Lake

Poudre Lake はMilner Passという場所のすぐ横にあり、パーキングもあります。

この日の青空を反射してか、湖面は深いブルーで、木々や草の緑とのコントラストが美しく、湖水も綺麗です。



再び車に乗り込み、トレイルリッジロードをロッジ方面へ向けて戻っていきます。


↓の写真を見ると、トレイルリッジロードがどんなに大自然の中を通り抜ける道なのかお分かりになると思います^^


↓こういう眺めを見ると、まさにロッキー山脈…山が脈々と連なっているんだなあ…と実感できます。

トレイルリッジロードは絶景を堪能できるものの、断崖絶壁沿いのところもあって、景色は良いけど怖い…という場所が何か所もあります。


少し走るとまた展望台が現れました。

Forest Canyon Overlook (このページ上部のマップの【9】)
Forest Canyon Overlook, 1043 Trail Ridge Rd, Estes Park, CO 80517

パーキングから歩いてすぐのところに見晴らし場所があり↓、壮大なロッキー山脈の風景を大パノラマで堪能できます。

山は緑の木で覆われていますが、雪がところどころ残っています。


Forest Canyon Overlook からは、に岩を粉砕して道を切り拓いたという場所、【Rock Cut】 (このページ上部のマップの【2】) が遠くに見えます。(Rock Cutについての詳しい記事はこちら


上の写真のクローズアップがこちらです↓

ロッキーマウンテン国立公園の旅はまだ続きますが、
次回は公園のすぐ近くの町、エステスパークの町の様子とかわいいカフェについてご紹介します。

ロッキーマウンテン8・公園の看板と記念撮影&トトロみたいなリス

今回は、アメリカ、コロラド州
・ロッキーマウンテン国立公園の公園看板撮影スポット
・公園内の風景
トトロのようにかわいいキンイロジリス(Golden-mantled Ground Squirrel)
についてお伝えします。


2019年 9月2日(月)。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 。

本日のこれまでのルートはこちら。
(下はグーグルマップに加筆したものです)

グランドレイクビレッジ(上のマップの【5】)で、ランチに美味しいハンバーガーを食べた後は(その時の記事はこちら)、再び公園へ戻りました。

戻る時に、まだ一度も出会えてなかった、公園名の書かれた看板を見つけました!
(上のマップ【6】のあたり。ほかにも設置しているところはあると思います)

来園記念に国立公園でスタンプ帳にスタンプを押すのも趣味ですが、公園の看板の写真を撮るのももちろん大好きです!

ここでも↓の写真と看板と共に主人と写真を撮り合っていたら、近くにいた優しい家族が、「写真撮りましょうか?^^」と声をかけてくれ、二人一緒に記念撮影できました。

Entrance Sign of the Rocky Mountain National Park

Rocky Mountain National Park


ふたたびロッジ方面へ向けてトレイルリッジロード(Trail Ridge Road) を 走ります。

↓は、名もない場所ですが、見える限りかなた遠くまで広がる草原の風景に惹かれて撮影しました。

Rocky Mountain National Park


紫のお花が咲いていました。

Rocky Mountain National Park


こちらも名もない場所。木々や草原の緑が眩しくて、小さな美しい水場もありました。

Rocky Mountain National Park


Holzwarth Historic Site / ホルツワース史跡

Rocky Mountain National Park

ホルツワースという一家が、 1917年にここ、カウニーチバレーに引っ越し、公園を訪れた人のための観光牧場を営んでいたそうです。

Rocky Mountain National Park

昼過ぎのこの時間は、朝の寒さが嘘のように真夏の暑さで、トレイルも日陰の無い暑そうな場所だったので、すぐに車に乗り込みました。


公園内をしばらく走っていると、駐車場付きのビュースポットがあったので、立ち寄ってみました。眼下には、緑あふれる連なる山々の間に、平原が広がっているのが見えました。

Rocky Mountain National Park


そして、このビュースポットで見かけたのが、人馴れしているキンイロジリス(Golden-mantled Ground Squirrel)
この感じは、過去にきっと人から餌をもらったことがあり、それを期待している雰囲気です^^
でも国立公園で(そうでなくてもでしょうが)野生動物への餌やりは禁止です。人馴れしているリスちゃん達はおねだりポーズもかわいくて、思わず何かあげたくなるのですが、動物のためを思って我慢我慢…

Golden-mantled Ground Squirrel

二本足で立ってお腹がぷっくりしていてトトロみたい。
目の周りの白い縁取りや胸元の毛並みのフサフサっぷりが愛らしいです。


次回は、公園内の美しい湖をご紹介します!

ロッキーマウンテン国立公園7・麓の町、Grand Lake Villageでハンバーガー

今回は、アメリカ、コロラド州
・ロッキーマウンテン国立公園を出てすぐの麓の町、Grand Lake Village
・Grand Lake Village にある美味しいハンバーガー屋さん

についてお伝えします。


2019年 9月2日(月)。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 。

お昼の時間になり、お腹が空いてきた私達夫婦は、カウニーチ ビジターセンター のレンジャーさんに教えてもらった近くの町でランチを食べることにしました。

この日のこれまでのルートは下記の通りですが、
(地図はGoogleマップに加筆したものです)

カウニーチ ビジターセンター(上のマップの【3】)を出発した私達は、グランドレイクビレッジ (上のマップの【4】) へ向けて出発。


ビジターセンターを出て5分ほど走ったところで、町の看板が見えてきました。

Grand Lake Village


さらに少し走ると、町並みが見えて来ました。

Grand Lake Village / グランド レイク ビレッジ

町の中心部の道路沿いに車を停めて、何を食べようかなとぶらぶらし…


大人気だったこちらのハンバーガーショップで食べることにしました。

Squeaky B’s
1000 Grand Ave, Grand Lake, CO

店内はハンバーガーを求める人で既に少し行列していて、5分程度並びました。

こちらはバーカウンター席で空いていますが、他の店内席やパティオ席は混雑していたので、撮影を遠慮しました。

おしゃれな店内ですよね。

私達はオールナチュラル・アンガスハンバーガーを1つずつに、ポテトをシェアしました。とても美味しくて、ロッキーの山間でこんなに美味しいものが食べられて大満足でした。

このお店、調べたところによるとアイスクリームやシェイク、フロートも美味しいようなので、おやつに訪れるのも良さそうです。



食後は少し町歩きをしてみました。
↓の写真左手のイートインできるベーカリーも大人気で、多くの人で賑わっていました。

ベーカリーの手前の道を左に曲がると、湖が見えて来ました。

Grand Lake

湖の上に魚のような形の雲が浮かんでいました。
湖周りをトレッキングしようと思ったのですが、主人曰く「思ったより水質が綺麗じゃない」とのことなので^^;、トレッキングはやめることに。

ふたたび町をぶらつきます。
町は小ぢんまりしていますが、ところどころにレストランやカフェ、お宿が立ち並んでいます。


目に付いたのがこちらの巨大な木彫りのクマさん。
クマさんのあるお庭は、クマさん左下の小さな看板によれば、Grand Lake Hardwareという会社(?)が営業時間中だけ一般に公開しているお庭だそうです。


クマさんは「WELCOME」の看板を持っていて、右下の木の看板には、「クマに餌をあげたり撫でたりしないで下さい」とジョークが書かれていました^^


グランドレイクビレッジは、山歩きに疲れたら、ランチを食べたり、カフェタイムを楽しむのに良い町です。のんびり、ほのぼのとした雰囲気が味わえますよ。

次回は再びロッキーマウンテン国立公園内の風景についてお伝えします。

ロッキーマウンテン国立公園6・カウニーチ ビジターセンターへ

前回に引き続き、またまたアメリカ・コロラド州・ロッキーマウンテン国立公園内のビジターセンターついてお伝えします。

今回は、小型のビジターセンター、
Kawuneeche Visitor Center(カウニーチ ビジターセンター)
そこで見かけたリス2種について
ご紹介します。


2019年 9月2日(月)。
アメリカ、コロラド州・ ロッキーマウンテン国立公園 。

アルパインビジターセンターを出て40分、33キロほど走ると【Kawuneeche Visitor Center】の看板が見えて来ました。


Kawuneeche Visitor Center / カウニーチ・ビジターセンター
16018 US-34, Grand Lake, CO

トイレ休憩がてら、立ち寄ってみることに。

ところで、朝の【ツンドラ コミュニティーズ トレイル】では寒くて手がしびれていたのに、この時間になると気温が30℃くらいになり暑くなってきました。
やはり山の気候は寒暖差が激しいですね。


カウニーチ ビジターセンター内の様子。
手前中央に公園のジオラマがあり、左手がレンジャーさんのいるカウンター。小さなショップも併設していて、写真奥には動物の剥製などががあり、ちょっとした博物館になっています。


注目すべきはこのホワイトボード!
今日の動物の目撃情報が書かれていました!!
エルクは宿泊していたロッジの近くに出現しているようです。

レンジャーさんにこの周辺の情報を尋ねると、この近くにGrand Lake Villageという小さなダウンタウンと、湖のトレイルがあるとのこと。

マップに印を付けてくれました。

そろそろランチタイムなので、この日のランチはこの ビジターセンター近くのGrand Lake Village のダウンタウンで探すことにしました。


ビジターセンターを出てすぐの所にいたリスちゃん。
縞模様が背中だけでなく顔にも入っているので、チビシマリス(Least Chipmunk)だと思います。


こちらはビジターセンターの看板近くにいたリスちゃん。
こちらはさきほどのリスより一回り大きい、キンイロジリス(Golden-mantled Ground Squirrel)です。


こちらも↑の写真と同じリスちゃんです。

そぉ~っと近寄ったら、逃げずに石の上でじっとしていて、写真を撮らせてくれました。
つぶらな瞳と胸周りの毛並みが何ともかわいいです。


——————————-

先日、ブログでちらっと触れた母の手術(がんが強く疑われる、大腸回盲弁付近のクラス4の腫瘍)ですが、本日無事に終了しました。
お見舞いのコメントを下さった方、どうもありがとうございました。

ランカウイ島・メリタス ペランギ ビーチ リゾート & スパ ランカウイ♪ 徹底解説その3

今回は、
ランカウイ島にあるリゾートホテル、『メリタス ペランギ ビーチ リゾート & スパ ランカウイ』の徹底解説・その3として、

ホテルラウンジ
② ホテル内で会える動物たち・その1(次回”その2”の予定)
③ ホテルの庭とホテル前のビーチ

について、たくさんの写真と共に
をしていきます 。

その1&2の続編ですので、その1その2についてはこちらから是非どうぞ♪



2019年4月30日(火)。
平成最後の日。
マレーシア・ ランカウイ島。

海の眺望が堪能できるレストランでディナーの後、ホテル
Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi / メリタス ペランギ ビーチ リゾート & スパ ランカウイ
に戻ってきました。

夜のホテルは昼間とは違った趣で、柔らかい明かりでライトアップされ、開放感あふれるロビーは南国の夜ムード満点です。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

プールもさまざなカラーにライトアップされていました。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi
Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi
Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

夜のホテルラウンジの様子。ラウンジでは生バンドの演奏やっていました。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

ラウンジではもちろんカクテルなどのアルコールドリンクがオーダー可能ですが、ディナーでお酒を飲んだので、アイスラテをラウンジ横のカフェで買い、ラウンジで生演奏を聴きながらゆっくりと過ごしました。
うう・・・最高・・・・・。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

ラウンジで過ごした後は、10時半ごろホテルの部屋へ戻りました。
客室のテレビは嬉しいことにNHKが観れたので、平成最後の振り返り番組を主人と一緒に鑑賞しました。
番組ではNHKなのに、渋谷交差点の中継のほか、何故か大阪のジュリアナ東京(大阪にあるのになぜか「東京」と名前に付いている)と中継が繋がってて、久々に荒木師匠を見ました!←バブル世代の方々ならわかるお方^^;
荒木師匠を久々に見たけど、お元気そうで、ちょい年下の私は嬉しくなりました(^o^)



ところでこの後、ホテルの一泊目の夜ということで、寝る前にお風呂に入ろうとシャワーを浴びたら水がぬる~~~くてちゃんと熱くならない!
お湯が出ない故障!??
ただ、夜も気温が高いので、そんなに寒くなく、ぬる~いお湯でイマイチだけど我慢してシャワーを浴びました。
そして翌日、何気なくバスルームの壁を見たら、バスルームの電気のスイッチの横に、
かなり目立つ感じで『HOT WATERのスイッチがあったんです!!!
このスイッチ入れたらお湯が入るんだったのね~( ̄▽ ̄)



明けて、令和最初の日!
2019年5月1日(水)。

ホテルの朝食レストランはこちら。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

屋内と屋外席がありますが、もちろん屋外席で朝食をとりました。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

朝食ビュッフェは混んでいたので、写真は撮りませんでしたが、内容はとても充実していました。
私の朝食は特に小食なのであまり参考にならないとは思うのですが^^;、麺コーナーで麺を作ってくれたり、カレーコーナーでは美味しそうなカレー、もちろん卵焼きを作ってくれるコーナーもあり、パンやデザートなども盛りだくさんで満足な内容でしたよ!
シメはマレーシアの甘いコーヒーにしました。

Breakfast @ Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

ホテル紹介の記事その1でも少し触れたのですが、ホテルはシャレータイプと呼ばれる建築スタイルで、レンガ色の屋根にダークブラウンの木造の建物が広い敷地内に点在しています。

↓のGoogleマップで見ると、一つ一つの建物がグレーの四角で示されています。これがそれぞれのシャレーです。
(Googleマップより)

こちらは私がランカウイ>>クアラルンプールのフライト時にホテルを上空から撮影したもの。こちらからもホテルの全景が分かると思います。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi


シャレーの大きさは大小さまざまでビーチ沿いにあるものから、少し内側に入ったところにあるものまで、広い敷地内なのでロケーションも様々です。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi
Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi
Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

もちろんおすすめはシービューのお部屋です!
私達の宿泊したシャレーは下の写真の左下の建物の一角でしたが、

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

広いバルコニーからは海が見えて最高の眺めでした。
(その他のお部屋についての詳しい説明はその1でご紹介しています)

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi


ホテルの敷地はビーチに接している面が広く、散歩にも最適です。

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi
Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi


しかも動物大好きな私達に嬉しいのが、ホテルのお庭に出没する
トカゲ、


ネコ、

君は何を一生懸命見てるの~!??、かわいい。


鳥、


リス

など。ホテル内なのに動物がいて癒されました。


ホテル内に野生の動物たちがいるのに、さらにこのホテル、子供が絶対に喜ぶ動物ふれあいコーナーまであるんですよ!
それについてはまた次回の記事でご紹介していきます。

シンガポール旅行☆その13.セントーサ島で自然&動物に癒される

今回はシンガポール・セントーサ島の『ネイチャートレイル(Nature Trail )』を中心に出会える自然と動物についてご紹介します!




2018年2月12日(月) 。
シンガポール。

この旅で最後となるセントーサ島、
シャングリ・ラ ラサセントーサ リゾート&スパ(Shangri-La’s Rasa Sentosa Resort & Spa)
の朝。

このホテルの朝食のバラエティーは素晴らしいメニュー数なのですが 、ついついお気に入りの決まったメニューを手に取ってしまい・・・

私が毎朝このホテルに来ると決まって食べるメニューその①、ロティーのカレーがけに

その②、ラクサ。

ラクサは毎日ちょっとずつ具が変わります。


あとこの日にチョイスしてみたのは、ちまき(風?もち米の味付けご飯?)に幅広麺のパッタイのような焼きそば、紫芋まんにフルーツ。
紫芋まん美味しいです

(シャングリラホテルの朝食等について、詳しくは『シンガポール旅行☆その2. シャングリ・ラ ラサセントーサ リゾート&スパ 徹底解説!』をご覧下さい)





朝食後は前日同様セントーサ島、シロソビーチの近くにあるトレイルへ行ってみることに。
(詳しくは『シンガポール旅行☆その9. セントーサ島・シロソビーチの無料絶景スポット!』をご覧下さい)

すると、ホテルから出てすぐの場所にあるシロソビーチのシロソ・ポイント駅(Siloso Point Station)、目の前の道路は野生のクジャクが3羽が道路を横断中でした^^。


この辺りは野生のクジャクがたくさんいて、私達はクジャク親子にも出会いました。

写真がそのままだと見づらいので、マークしてみました。

さて、シロソビーチからすぐ近くにあり、シロソポイント( Siloso Point )バス停のすぐ脇からはじまるトレイルを昨朝に引き続きこの日も同じコースで歩いてみました。
(トレイルマップの詳細は『シンガポール旅行☆その9. セントーサ島・シロソビーチの無料絶景スポット!』をご覧下さい)

するとさっそく、 鳥さん発見。

セントーサ島にはかわいい鳥がいっぱいいるので、セントーサ島を訪れたら、ぜひ空を木を森を観察してみて下さい。(『シンガポール旅行☆その3. セントーサ島で会える鳥と動物』の記事にはその他に見れる鳥をご紹介しています)



さて、突然ですが、ここで私のヤフーブログ時代からのお馴染み企画、動物探しクイズ
下の写真のどこかに動物が隠れています。
どこに何が隠れているでしょう?

今回の難易度は中くらいですかね(*^^*)?


正解は・・・


・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「木の幹にトカゲがいる」
でした!

アップでもう一枚。

しっぽが長くて先端まで写せなかった・・・。


トレイルは小さな森林から海側まで繋がっていて、海沿いのトレイルからの景色が抜群なので、とても楽しいコースになっています。

トレイルが海沿いから再びス木々の繁みへ入ったところで・・・
・・・・・・・・・・・リスを発見!!

しかし、ご存知のようにリスって動きまくるので、繁みの暗さとリスの速さでピントが合わない(;;)

上の写真のリスは全身こげ茶色なのですが、
次に出会った下の写真のリスはお腹がオレンジ色なんですよ!

この写真だと今一つ分かりにくいので、以前セントーサ島の Imbia Nature Walk(インビア ネイチャー ウォーク) で撮った同じ種類のリスの写真も併せてご覧下さい

この種類のリスさんはお腹に白・黒(こげ茶?)の縞模様があり、さらにその下のお腹側がオレンジ色なんです。

かわいいですよね!
リス愛好家の私にはたまりません(♥o♥)。


私達はこの日にセントーサ島を出発する予定だったので、最後にもう一度Fort Siloso(シロソ砦)から島を一望しました。

無料のスポットなのに島を一望できるので、シロソ砦はとってもおすすめ!
( シロソ砦の詳細は『シンガポール旅行☆その9. セントーサ島・シロソビーチの無料絶景スポット!』をご覧下さい)




セントーサ島が名残惜しいけれども出発までもうそろそろ・・・。
ホテルの横のビーチにもお別れし、

部屋から見ていた景色も記念に写真に収めました。




ちなみに、セントーサ島のシャングリラホテルから決まった時間に出発してタクシーを利用する場合、たとえホテル発の利用だとしても予約が絶対におすすめです。

リゾート ワールド・セントーサにはタクシー乗り場があり、タクシー利用が容易ですが、シャングリラホテルのあるシロソビーチはより島の奥にあり、タクシー待機は無いことが普通です。
ですので、必ず前日などに前もって予約することをおすすめします。



セントーサ島ともいよいよお別れ・・・。

行きにはワクワクして通り抜けた”sentosa”のゲートを寂しい気持ちで潜り抜けました。



また絶対訪れることを心に誓いつつ、セントーサ島を後にしました。

私達を乗せたタクシーは最後のシンガポールの夜を楽しむための別のホテル、シンガポール本土の InterContinental Singapore Robertson Quay (インターコンチネンタル シンガポール ロバートソンキー )へと向かいます。



・・・ということで、次回はシンガポール本土・ Robertson Quay (ロバートソンキー)編 です!

懐かしのホワイトプレーンズ散策☆その3 ~さようなら、またいつか~

今回は、

① 私がかつて住んでいたアメリカ・ウエストチェスター郡NY州ホワイトプレーンズ (White Plains, NY)の
 ・日系スーパー【大道(だいどう)】
 ・ピザの美味しいイタリアンデリ【アイロントマト】
 ・桜の綺麗な公園【ターナーパーク】
②NY郊外のアウトレット、【
ウッドベリー コモン プレミアム アウトレット】

についてご紹介していきます。


2017年4月28日(金)。

アメリカ、NY州ホワイトプレーンズ (White Plains, NY)、思い出の地巡り。 住んでいた頃に、と~ってもお世話になった日本スーパー、大道(だいどう)へ行ってみました。

大道(Daido Market)
522 Mamaroneck Ave, White Plains, NY

ホワイトプレーンズだと、ふだん道を歩いていると日本人には早々合わないのに、当たり前だけどここに来ると日本人がいっぱい。
初めてここに来た時は、小ぢんまりしたスーパーながらも日本の物が何でも一通りそろっていて感激しました。

店内の陳列も当時とほぼ変わっていなくて懐かしいー!!

イメージ 1

私達が特にこのスーパーでよく買ったのが、スライス肉とパン、そしてお菓子でした。

アメリカは日本の様なスライス肉とかが売っていないので、ここの冷凍スライス肉を買っていました。普通のアメリカのスーパーで買って、自分でスライスもしましたけど・・・。

あと日本の味のパンが恋しくなる時があり、そういう時はこの大道の中に入っている日本のパン屋さんのパンを買っていました。

日本のお菓子も相変わらずなかなかの品揃え。

イメージ 2

ここで当時を懐かしんで翌日の朝食用のパンを買いました。

さらにこの後は、Hartsdale のTrader Joe’sChristmas Tree ShopNordstrom Rack…と、住んでいた当時からお気に入りだったお店をはしごしてお買い物をし、主人のお友達の経営するカフェへ行きました。

カフェの主、Kさんが大歓迎してくれて、主人はお世話になった友人との久しぶりの再会を喜んでいました。

そうこうしているうちに時間が遅くなったのでササッと夕飯を済ませたくて向かったのがイタリアンのデリ、The Iron Tomato(アイロントマト)。  

アイロントマト(The Iron Tomato)
57 Mamaroneck Ave, White Plains, NY  

ここはイタリア食材やスイーツ、お惣菜や焼きたてピザが売られていて、ここの窯焼きピザが美味しいんです~。

ここのケーキは買ったことないけど、で~ん!!っていうこんな感じ。

イメージ 3

クッキーもカラフル。
試しに何か買おうと思い、でも色が激しいのは嫌だったので普通のチョコレート色のものを購入。

イメージ 4

お気に入りだったピザを購入。
オーダーしてから焼いてくれます。

イメージ 5

イートインスペースで焼きたてを食べるのが一番のおすすめですが、疲れていたのでホテルへ持ち帰ることにしました。 ホテルでピザを食べ、

イメージ 6

クッキーのデザート。

イメージ 7

クッキーはイタリアンデリのものだからか、甘さ控えめでしっとりの仕上がりだけど歯触りはサクサク!
中にラズベリージャムが入っていて美味しかったです。


2017年4月29日(土)。

起きるはずの時間から1時間寝坊・・・!! 朝食は日本スーパーで買ったコーヒーロール。

イメージ 8

ついに住んでいた街の懐かしの場所巡りもこの朝でおしまいとなってしまいました。 最後に行ったのは、私の最も愛すべき場所、住んでいたアパートメントの前の公園、
ターナーパーク(J Harvey Turnure Memorial Park)。  

ターナーパーク(J Harvey Turnure Memorial Park)
26 Lake St, White Plains, NY 10603, USA

前日も行ったけど、出発前にここを最後にもう一度訪れたかったのです。

昔よりリスがアグレッシブになっていて、ぐいぐいと私の近くに寄っていきました。

この公園にいるリス、トウブハイイロリスの寿命は保護された環境下で20年程度、野生はそれより短いというけど、私が住んでいたのが7年前くらいだから、私が住んでいた時にかわいがっていた子達もいるはず・・・。

私のこと覚えているかな~???

イメージ 12

下の写真中にはリスが8匹も写っています。

イメージ 11

この旅の初めにこの公園に来たときは、春にしては異常な暑さの日だったから、みんなどこかに引っ込んでいて居なくて心配したけど、ちゃんと昔と変わらずここに住んでいてくれて本当に良かった・・・。ホッとしました。

イメージ 13

大好きなリスちゃんともっと一緒にいたいけど、そろそろ行かなきゃならないので、寂しいけどさようなら・・・。

イメージ 14

本当に離れ難かったけど、リスさんたち、そしてこの公園の中で私の一番のお気に入り場所だったベンチに涙でお別れを告げました。

イメージ 10

リスは私が一人ぼっちの時に癒してくれる存在で、私の心の友だったので、お別れが辛かったです。

この旅でこのお別れの時が一番泣けました・・・。
みんな、いったんさようなら。いつかまた会う日まで・・・。

イメージ 15


思い出のホワイトプレーンズを出発し、
ウッドベリー コモン プレミアム アウトレット(Woodbury Common Premium Outlets)へ向かいます。

イメージ 16


(↓の地図はGoogleマップに一部加筆したものです )

イメージ 20

空いていればホワイトプレーンズから車で一時間ぐらいで行ける、大きいアウトレット。

ウッドベリーコモン プレミアアウトレット / Woodbury Common Premium Outlets
498 Red Apple Ct, Central Valley, NY 10917

イメージ 17

店舗数も多く、充実しているのでおすすめですが、日本人客も多いのでその分欲しいものが被り、ライバルも多いです。(もっとマイナーな場所にある、日本人や中国人観光客が来ないような場所のアウトレットの方が掘り出し物多し!)

私はここでコーチのサンダル

イメージ 22

コーチのパンプス

イメージ 21

ケイトスペードのキーホルダーを購入。

イメージ 23

ケイトのキーホルダーは写真だとわかりにくいですが、リボンの形になっていてかわゆいです♪

アウトレットは昔よりショッピングエリアも広くなり、昔はまだマンハッタンに2か所しか無かった(今は日本にもできたけど)ハンバーガーショップ、 【SHAKE SHACK(シェイク シャック)】ができていて嬉しい~~~!!

イメージ 18

行列の写真は食後に撮ったのですが、シェイク シャックには12時より前に行くのがおすすめです。

お昼時間になると一気に大行列になって混みます! やっぱりここのハンバーガーは美味しい!大好き!!!

ポテトはお店のおすすめだった、バーベキュー&チーズソースにベーコンをトッピングしています。

イメージ 19

ここから友人宅のNY州、Warwickへと向かいます。

次回以降、
ウォーウィック>>ケープコッド>>ボストン>>ニューポート
を順番にご紹介していきます♪

NY郊外・ウエストチェスターで見れる、かわいい動物たち

今回は、NY郊外・ウエストチェスターで見れる、かわいい動物たちについてお伝えします(*^^*)    

2017年4月28日(金)。
アメリカ、ニューヨーク州。

私達夫婦は、アメリカで8番目に大きいモール、パリセードセンターモール (Palisades Center Mall)のお寿司屋さんを出て、再びタリータウン(Tarrytown)方面へ。

イメージ 1


思い出のタリータウン レイクスパークを訪れます。

タリータウン レイクスパーク / Tarrytown Lakes Park
209 Neperan Road, Tarrytown, NY

イメージ 4

ここには特別な思い出が・・・。

それは、NY生活最後の夜にここに立ち寄り、雨上がりの虹を眺めた湖だからです。
(その時の記事はこちら

下の写真がその日(2010年10月1日)に撮った写真です。あれから6年半・・・。

イメージ 5

いつも白鳥がこの公園の湖に居たので、私達は勝手にここを「スワンレイク」と呼んでいたのですが、白鳥も健在でした。嬉しい・・・。

イメージ 6


私達の大好きな鳥、カナダ雁も湖面をすいすいと泳いでいました。

イメージ 7


草むらにはヘビも~!!

イメージ 8

そう言えば昔、この辺りでカナダ雁のかわゆい親子を見たのですが、それより強烈な印象に残っているのは水を飲むコウモリを見たことです!

在住時、ここで主人は釣りもしていたので、思い出の釣りスポットを懐かしく眺めていました。

旅ではなかなか釣り道具も持って行けないので、釣り好きの主人にここで釣りがさせてあげられないことが可哀想になってしまいました・・・。


再び車に乗り込み、タリータウンロード(Tarrytown Road)を走ります。アメリカ生活で最も通った道の一つです。

イメージ 2
イメージ 9


エルムスフォード(Elmsford)の町。

イメージ 3

ちょうど上の写真の左手前(写真には写っていないですが)には、「一力」というジャパニーズレストランがあって、そこにも主人と行きました。

そこで配布している日本人駐在人向けのフリーペーパーを読むのが楽しみの一つだったなぁ。

同じ道沿いに、良く行ったKマートがあったので、そこにも立ち寄ってみたのですが、Kマートのすぐ近くで、ものすごくかわゆい子達を発見~~~!

タリータウンロードすぐ脇の草むらにいたカナダ雁の親子です。

イメージ 10


ふわふわの毛の子供のカナダ雁が4匹もいました!

イメージ 11

通りの激しい道沿いのすぐ脇にいるので心配でした・・・。
子供たちはみんな元気に育ってくれたかな??


同じくタリータウン沿いにある洗車のお店。

イメージ 12

ここ、安くて気軽だったので良く行ったんですよ~。
車に乗ったまま洗車するのが、まるでアトラクションみたいで楽しかった思い出です。


さらに走るとWhite Plains (ホワイトプレーンズ) の駅が近づいてきて、親友のMさんがかつて住んでいたアパートメントが見えてきました。

イメージ 13


ホワイトプレーンズのメインストリート(Main Street) 。ここは歩いても良く通りました。

イメージ 14
イメージ 15


主人のリクエストで寄ったのが、主人が良く通ったコミュニティーセンター。
主人はここでスピーチのサークル活動をしていました。

イメージ 16

サークルの中でただ一人、英語がネイティブではなかった主人。
とても苦労したけど、頑張って参加していました。

そんな主人のNY生活最後のスピーチの時には、私もそれを聞くために、ここに来ました。
これまでのNYでの苦労や喜びを語った主人のスピーチは、それをそばで見ていた私の胸にもじ~んと来て、思わず泣けました・・・。(今、この記事を書きながらも当時の主人の英語環境での苦労を思い出して涙しちゃいました)

そして、ここのスピーチクラブの掟が「参加者は誰ひとり黙っては返さない」で、私も最後に一言コメントを言わされました^^;

今こうして日本に帰り、当時ふんばって参加した、スピーチクラブの建物を懐かしく眺める主人を本当に誇らしいと思います。



さらに時間に余裕があったので、ふらりと立ち寄ったのが英語を習っていたPACE大学のキャンパス

かつてキャンパス内のこの場所で、先生や語学クラスの生徒たちとバーベキューをしました。

イメージ 17



そして朝も行った、住んでいたアパートメントの前の公園、ターナーパークへ再び行ってみると・・・

ターナーパーク /J Harvey Turnure Memorial Park 26 Lake St, White Plains, NY 10603, USA

ついについに会えました!!私の愛すべきリス達が!!!

イメージ 18

彼らお得意の木に張り付く様子。

イメージ 19
イメージ 20

リス達との再会を喜んでいると、一匹が寄って来ました。
昔からいた子??私にえさを貰ったのを覚えているのな(笑)?

イメージ 21

あまり撮ったことが無かったリスの走り去る真後ろの姿。
片足が宙に浮いてます。かわいい。

イメージ 22

さて最後に、久々の動物探しクイズです!!!
下の写真のどこに何がいるでしょうか?

イメージ 23

正解は・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大きな枝の下にリスがいるです^^

イメージ 24

そしてまた次回もリス登場の予定です。
次回へ続きます♪

ランチを求めて…in NY郊外

今回もアメリカ、ニューヨーク州の旅行記です。

NYに住んでいた時、何度も行った思い出の牧場、ブルーヒル(Blue Hill at Stone Barns)で、訳あってランチを食べ損ねてしまい、

また別の思い出の場所、タリータウン(Tarrytown)に行ってみるも、そこでも訳あって食べ損ねてしまい、

またまた別の思い出の場所、パリセーズ センター(Palisades Center)で、ついに思い出のランチにありつけた…という話です^^;


2017年4月28日(金)。
アメリカ、ニューヨーク州。
ホワイトプレーンズ(White Plains)を出発してランチを食べようと向かったのは、在住時代の思い出の牧場、ブルーヒル(Blue Hill at Stone Barns)

実はここの中のレストランは昔、半年前から前もって予約して行ったことがあるのですが、それがと~っても素晴らしかった(こちら)んです。

なので今回の旅でもう一回行きたいと思い、半年前の予約可能日から数日後にオンライン予約を入れようとHPにアクセスしたところ、もう満席で予約が取れなかったんです!!

半年前予約かつ平日のランチで予約が取れないなんて・・・!!! 何で~!?と思って調べたところ、私たちの帰国後にミシュランの3つ星レストランに選ばれ
今年の世界のベストレストラン50にも選ばれオバマさんとミシェル夫人も訪れ・・・、とすんごいことになっていました@@!

もうこんなことになったら二度と行けないかも!?・・・ ・・・しかし!!!
レストランに行けずとも牧場には併設の小さなショップ&カフェがあり、そこで買えるサラダやパンも美味しいのでとてもおすすめ!!(過去の記事はこちら) ということで、前置きが長くなりましたが、事前にレストランの取れなかった私達はブルーヒルの牧場カフェランチを目指してホワイトプレーンズを出発しました。

イメージ 1
イメージ 2


ブルーヒルの入り口が近づくと、懐かしい牧場の風景が眼前に広がって来ました。

イメージ 3

春夏秋冬訪れた、懐かしい牧場・・・。

懐かしい気持ちで胸いっぱいになっていたのもつかの間、牧場の入り口の前には二人の警官が立っているではありませんか!

何でだろう!??

と思って窓を開けて警官さんに聞いてみると、「今日、牧場はスペシャルイベントがあるから事前にイベントチケットを買った人しか入れないけど、チケット持ってますか?」と言われ・・・。

持ってない~~~~~!!!
イベントがあるのはネットで見て知ってたんです!羊ちゃんの毛刈り見学イベントが!
だけどまさかそれを見る人しか入れない日だなんて知らなかった・・・!!!
これまでも牧場でイベントがあり、でも誰にでも入れるイベントしか知らなかったので、ネットでイベントを知った時も、かわいいイベントだなぁ~♪、見たいけどさすがにほかの予定もぎっしりで時間が無いから今回はパス、と思い、それ以上よく案内を読んでいなかったんです。

牧場にすら入れないなんてショック過ぎる!!|||||/(=ω=。)\||||| 
悲しすぎて思わずその警官に「わざわざ日本からここに来たのにぃ・・・。」と悲し気に伝えたら、「おお、それはごめんよ・・・。え~っと、ここの近くにほかにおすすめスポットはあるかなぁ・・・。」と優しい警官さんは何か言ってくれようとしたのですが、私が「入り口の看板の写真だけでも撮らせてもらえますか?」と言ったら「いいよ!」と快くOKしてくれ、なんと入り口から入ろうとするほかの車両を制止させてまでしてくれ、下の写真を撮らせてくれました。

Blue Hill at Stone Barns
630 Bedford Rd, Tarrytown, NY

イメージ 4

残念ながら牧場内には入れなかったけれど、記念写真は撮れたし、警官さんの優しさに触れて心温まりました。

せっかく予定していた牧場ランチ。急遽行けなくなり、どこに行こう・・・と思案していたのですが、主人が思い立ってタリータウン(Tarrytown)の思い出のタイ料理屋に行こう!と提案しました。

ここも私たちにとってのお馴染みの街、タリータウン(Tarrytown)

イメージ 5


写真の赤ちょうちんのお店は日本料理屋で、主人は友達と行ったことがあるそうです。

イメージ 6


写真右手前の古いミュージックホールは街のアイコン的存在の一つ。

イメージ 7


中心街から少し外れた所にある思い出のタイ料理店を目指します。
主人と何度も行ったことがあり、NY生活の最後のディナーを食べたお店でもある、思い出深い場所ですが・・・ ・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・!!


写真の右手前の建物がそれのはずだったのですが・・・

イメージ 8

・・・・・潰れて(?)なくなり、別のアジア料理店になっていました(T_T)

さ、寂しすぎる・・・。 7年もの月日が経つと、当たり前のようにあると思っていたものも、無くなってしまうんですね。改めて年月が経過したことを痛感しましたし、お店のおじさんの顔まで覚えていたので、悲しくなりました。

またランチのあてが外れた私達・・・。
もうここまで来たら、あそこしかない!!
ということで、タッパンジーブリッジ(Tappan Zee Bridge)を渡ることにしました。

イメージ 9


タッパンジーブリッジ、住んでいたころは何度も渡ってだんだん何とも思わなくなってしまったのですが、すごく大きくて立派な橋です。ハドソン川に架かる橋で、約4.9キロもの長さなんですよ。

イメージ 10


橋は老朽化に伴い、現在は横に新たな橋が建設中となっていました。

イメージ 11


ハドソン川を渡り、

イメージ 12


パリセード(Palisades)で高速を降ります。

イメージ 13


向かったのは、パリセードセンターモール (Palisades Center Mall)、アメリカで8番目に大きいモールです。アメリカで8番目とはいえ、日本のモールとはまるで比べ物にならないくらいの大きさです。

イメージ 14

大きすぎて全く全貌が写りません・・・。写真に写っているのはごく一部で、建物は左右にもっと広がっています。

2度もランチのあてが外れた私達はお腹ぺこぺこ。
お目当てのレストラン階にまっしぐら。

イメージ 15

ついにこれでランチが食べれる~!!!
アメリカのお寿司と言えば、私が真っ先に思い浮かべるこのお店、廻転寿司 east Japanese Restaurant(イーストジャパニーズレストラン)。  

廻転寿司 east Japanese Restaurant
Palisades Center, 4494 Palisades Center Drive, West Nyack, NY 10994

イメージ 16

このお店は駐在員ファミリー御用達の日本人にも人気店、みんな良く行くと話題になっていたお店で(2009-2010年当時)、私達もよく行っていました。

また、このモールには日本の本屋さんも入っていた(2010年に閉店)ので、このお寿司屋さんとセットでよく訪れました。

お寿司屋さんの店内も当時と変わっていませんでした。ああ懐かしい・・・。

イメージ 17


決して日本のお寿司のよう、というわけではなくアメリカンSUSHIです。

日本のお寿司を求めている人には向かないですが、アメリカらしいお寿司が味わいたい人にはおすすめ! メニューはこんな感じです。

イメージ 18
イメージ 19


ヒスパニック系のお兄さんが調理をしてくれるのですが、私が見つめていたら照れ笑いしながらお寿司を作ってくれました。

イメージ 20


私が選んだのはアメリカならではのサーモン&アボカド&クリームチーズのコンビネーションが素晴らしいフィラデルフィアロールと、

イメージ 21


ビッグサンダーマウンテンロール

イメージ 23

アメリカでしか食べられなさそうな2品でしょう?
んも~久々に食べた天かすてんこ盛りのビッグサンダーマウンテンロールは最高♪

天かすの上からはウナギのタレとマヨネーズがかかっていて徹底的にクドい点がアメリカらしくてたまらないわぁ~。

ちなみに主人もシェアしてフィラデルフィアとビッグサンダーマウンテンロールを食べましたが、ビッグサンダーマウンテンロールはクド過ぎらしく、喜んでバクバク食べている私を呆れつつ感心して見ていました。

主人が選んだのはFUTOMAKI(太巻き)
私は「何でアメリカSUSHI屋だというのに、わざわざ日本でも食べれらるこのチョイスなわけ!??」と内心思いましたけど・・・。

イメージ 22

笑えるのがお盆がお皿代わりに使われていて、お盆に直接太巻きが載っちゃってるところ!
確かに日本っぽい演出ですが、間違ってます・・・^^;。

そのほかツッコミポイントとしては、普通のサーモンのにぎりが「サーモンたたき」になっていたり、

イメージ 24

   マカロンも回っていたり・・・

イメージ 25

この日はここまでに、

①朝食のお目当てのベーカリーカフェが工事中で閉鎖
②朝は公園にお目当てのリスがいない
③牧場ランチはイベントで入場不可
④懐かしのタイ料理に行くも潰れて別店舗に

・・・と様々な予想外の出来事がありましたが、ランチでは懐かしのお寿司屋でアメリカらしいお寿司が味わえて
最終的には満足!

次回はNY郊外のかわゆい野生動物たちをご紹介します!

セントラルパーク散歩

今回は、アメリカ・ニューヨーク州、マンハッタンの
・プラザ合意&日本人にも人気の映画のロケ地で有名なプラザホテルからセントラルパークへの街歩き
・セントラルパーク内のおすすめスポット
(桜が見える場所も!)
についてご紹介します。


2017年4月28日(金)。
ニューヨークシティ街歩きの続きです。

トランプタワーやティファニーのビルを背にして北方向へ5番街(5th Avenue)を歩くとすぐに、プラザホテル(The Plaza Hotel)が左手に見えてきます。

イメージ 1

プラザホテルは、あのプラザ合意で知られているホテルでもあり、
映画『ホーム・アローン2』で、主人公のマコーレー・カルキンが親のクレジットカードで1人で宿泊したシーンのロケ地でもあるんですよ。

NYに住んでいた時に、当時同じアパートメントに住んでいたKさんとプラザホテルでアフタヌーンティーを楽しんだこともあり、思い出のホテルでもあります。

ちなみにここのアフタヌーンティーは、空間は素敵ですがお味のクオリティーは日本の方が断然美味しいです・・・。


↓交差点に並んで停まるイエローキャブ。ニューヨークらしい~!!

イメージ 2



プラザホテルのすぐ北側は、セントラルパークの南側の入り口です↓。
初めてここに来たとき、この美しい金の像を見て、”ここがあのセントラルパークかぁ~!!! ” と興奮したことを覚えています。

イメージ 3

パークの花壇もきれい。
訪れたのがゴールデンウィークだったので、チューリップが美しく咲きそろっていました。

イメージ 4

私の大好きな灰色リスさんたちも相変わらずいてくれました!!

イメージ 5
イメージ 6

こちらの子は口に実を加えて、木に張り付いています。

イメージ 7


私にとっては懐かしい、パーク内のこの通り。

イメージ 17

在住時に友達のMさんと二人でここを訪れ、この左手にあるセントラルパーク動物園(Central Park Zoo))に行ったことを思い出します。
その時は、ど迫力のホワイトタイガーとシロクマを撮影できたんですよ~
(↑アメブロの過去記事へリンクします)

また、過去のブログの記事でも詳しくご紹介していますが、↓写真の、意外と日本人には知られていないセントラルパーク内の見どころの一つ、
The George Delacorte Music Clock
(↑アメブロの過去記事へリンクします)

イメージ 8

午前8時から午後5時の間、毎時きっかりごとにかわいらしい音楽が鳴り、
時計の一番上のサルが鐘を鳴らし、その下にいる動物たちがくるくると回ってかわいい仕掛け時計になっています。

パーク内にいたアメリカンロビン。お腹がふっくらしてかわいい。

イメージ 9

帰国時にぬいぐるみを買った帰ったくらい私の大好きな鳥の一つで、今でも一緒に寝ています^^


さらに歩いて・・・

イメージ 10

久しぶりに来たかった、セントラルパークと言えば・・・の一番日本人がイメージする場所、
シープメドウ(Sheep Meadow)へ。

イメージ 11

主人とも、友達とも、一人でもここに来たなぁ・・・。

セントラルパークはこの日、八重桜が見ごろでした。

イメージ 14

ちなみに以前私は一人でソメイヨシノを見にパークに来たこともあり、セントラルパークの桜お花見スポットお散歩マップを作ったので、ご興味のある方はご覧下さい。もうこの時は夜で暗かったので桜の綺麗さがわかる写真がそんなに撮れなかったのですが、雰囲気だけでもお伝えできれば・・・。

イメージ 15
イメージ 16

6年半ぶりのセントラルパークを味わえて幸な気持ちで満足して帰路へ・・・。
この日も宿泊していたホワイトプレーンズへ車で戻りました。

イメージ 13

次回は私がかつて住んでいた街、懐かしのホワイトプレーンズ編です!