マニラ空港でぼったくりタクシーと戦う!・前編

今回は、フィリピン・セブ島からの帰路、マニラ国際線空港(ニノイ・アキノ国際空港)でのタクシー運転手とのバトルについてお伝えします。

セブ島から日本に帰るには、マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)で乗り継ぐ場合、フィリピン航空が到着するターミナル2からANAグループ運航便のターミナル3へタクシー、バス、またはGrabなどで移動しなければなりません。
>> Grabについてはこちらの記事で説明しています

で、先にこの記事の結論から言うと…
個人的にはターミナル間の移動はGrabを絶対におすすめします!

では、下記詳しく私達夫婦の体験記を書いていきますね!

2020年2月24日(月)。
マクタン・セブ国際空港 からフィリピン航空でのフライトを経て、マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)のターミナル2に到着した私達。
このあとANA運航便のターミナルである、ターミナル3へ移動しなければなりません

すでにセブ島でGrabを利用していた私達は、ここでもGrabで車を手配すればよかったのに…
主人が、呼ぶのと待つのが面倒と言い出し(この主人の発言がこの後のバトルの元凶ですよ!怒)、空港を出てタクシー乗り場に向かうことにしました。

空港ではタクシー乗り場に着く前に、怪しいドライバーが “Taxi?” とか声をかけてきますが、当然すべて無視です。

で、旅の前にネット情報によると「料金トラブルの心配なく利用でき、定額制で比較的安心して利用できるタクシー」と言われているクーポンタクシー乗り場へと行きました。

乗り場を見ると、現地の人も利用しているようだし、ネット情報でも「比較的安心」というので、利用しようと受付のようなところ(下の写真の赤い看板の下)へ近づきました。

これは後で知ったことですが、上の写真の赤い看板の右下、青に白文字で掲示されているのが、クーポンタクシーの行き先別料金表らしいです。ですので、これをあらかじめ見るのがポイントだそうですよ!

しかし、当時の私達夫婦は料金表の存在を知らなかったので、さっさとタクシーに乗ってしまったら、上の写真の緑のベストの男性(受付の人)が私達のところにやってきて、940ペソ(今日のレートで約2,070円)と言ってきました。

いくら料金表を見てなくても、さすがにこれはぼったくり価格だと思い、私達は「No, no! それならタクシー降りるわ!」と言って降りようとしたら、ベストの男は、すぐに諦めた様子で去っていきました。まったく、受付のスタッフだからといっても油断できませんね!

タクシーを降りようとする私達に、今度はタクシードライバーが「500ペソ(今日のレートで約1,100円)なら良いよ。」と言ってきましたが、その値段でも高いんです。

腹が立った私達は「結構です!降ります!(怒)」と言って、トランクからスーツケースを取り出し、その場を去りました。

…とここで、言ってておきたいのですが、

旅費を1円でも安くしたい、とか節約したい、とかそういうことではないんです!
「英語ができない(人が多いと思われている)から反論できない日本人、お金を持ってる日本人、だからぼったくってやろう」というその根性が許せないのです!!!!!

これは日本人としての誇りの問題なのです。

※ネット情報だから本当か嘘か定かではないけど、韓国人は英語も日本人よりできる人が多いし、不当な料金を請求されたらハッキリ反論するけど、日本人は多少高いと思っても、日本円にしたら大した額じゃないし、英語もできない(人が多いと思われている)から言い値で払う、と現地ドライバーに思われているらしい…

さて、クーポンタクシーを後にした私達は、イエロータクシー(空港を起点に動く、認可を受けたメーター制タクシー)乗り場へと移動しましたが…
そこでは、新たなバトルが待ち受けていたのであった!
続くっ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です