長野・蓼科旅7・展望リフトで絶景スポット【車山高原】へ

↓の続きです。

今回は長野県茅野市にある車山高原の風景と、車山山頂へ楽々アクセスできるリフト(スカイライナーとスカイパノラマ)についてご紹介します!

2021年7月17日(土)。
宿泊していた東急ハーヴェスト蓼科アネックスを出て車山高原の展望リフト乗り場へ。

★ 車山高原 スカイパークリゾート
長野県茅野市北山3413

山麓からこの展望リフト『スカイライナー』に乗って、歩かずに(笑)山頂を目指します!


この日は絶好の行楽日和で、お天気は最高♪
リフトって体むき出しだから景色を生で感じられて気持ち良くて楽しい! ちょっと怖いけど…^^;


6分乗って中腹まで到達したら、いったん 『スカイライナー』 を降りて、別のリフト『スカイパノラマ』(写真奥)に乗り換えます。


もちろん山麓から山頂までは登山も可能ですが、この中腹からも歩いて山頂へ行くことができるようです。


この日は時間がないのと暑かったのとで、私達は全行程をリフトにしちゃいましたが、いつか山麓から登ってみたい…。
ちなみに母は私くらいの年齢の時に友人と歩いて登ったことがあるそうです。

次のリフトに乗ります。


ロープウェイからの景色も最高!これは山頂の景色が期待できる…!!


途中ですれ違ったリフトがスペシャル仕様になっていました☆
当たりのリフト!?
リフト上部の黄色い部分には「KURUMRYAMA」の文字が。
しかし、これにアラフィフ夫婦が乗るのは罰ゲーム級に恥ずかしすぎるので、このリフトじゃなくて良かった^^;

2つ目のリフトに乗って8分で山頂に到着です。

山頂に着いた時点で、展望スポットに行かなくても 八ヶ岳連峰富士山(写真右人のいるところの上、雲がたなびいているところ)が見えます\(^o^)/


山頂にある車山神社


展望デッキ


楽して山頂まで来たけど^^;こちらの『車山山頂』の看板を写真撮影^^;
山麓から時間をかけて登頂した人は、ここで喜びと充実感を噛みしめながら撮影していました。やっぱり自分の足で登ると山頂に着いた時の喜びもひとしおでしょうね。


SNS映えを意識してか、こんなスポットもありました↓

↑フレームの左手から順に、八ヶ岳連峰富士山(雲がたなびいている山)、竜ヶ岳毛無山御所山…と見えています。本当に絶景!!

白い球体が載っている建物は、車山気象レーダー観測所


実はここから霧ヶ峰まで歩きたかったのですが…
山麓でリフトに乗る時邪魔だからと飲み物を買わなかったら、その後、買えるところがなく(中腹にレストハウスのようなものはありましたが)、暑い中飲み物を持たずに歩くのは危険と判断して断念しました。

しかし、主人は無くても平気だから歩こうよと言い張り、私はこの暑さで数キロは歩くのに飲み物がないと熱中症になる主張し、ケンカになりました(-_-) 
主人は楽観主義で私は慎重派なので、こういうパターンでケンカになることがあります。

思い出してみれば過去の国立公園でも荷物が重いのが嫌と言い、「水は2人で1本でいいよ」と言ったくせに、そのくせごくごく飲む(怒)

少しでいいと言ったのにたくさん飲んで腹が立つので、「水は1本でいいよ」と言われたら、「私は1本せいせい飲みたいから、あなたは1口でいいのね」と言うようにしたら素直に1人で1~2本持つようになりました(笑)
(注)普段は仲の良い夫婦です

ということで霧ヶ峰はあきらめて、リフトで下山することに。しかしまだちょっとムッとしている主人。山頂で熱中症で倒れて人様にご迷惑をおかけするより少々不機嫌な主人に付き合う方がまだまし^^

帰りのリフトの景色は眼下に白樺湖が見え、絶景を堪能できました!

ちなみに、車山高原にドライブでお越しになる方は、行き(登り)の途中にところどころに展望スポットがあります。そこからの白樺湖の眺めも最高ですので↓ぜひ立ち寄ってみて下さいね。

次回は、白樺湖散策についてお伝えします。

シンガポール旅3・【PARKROYAL COLLECTION Pickering】徹底紹介2 ~プール編~

↓の続きです。

今回は、シンガポール【パークロイヤル コレクション ピッカリング シンガポール(PARKROYAL COLLECTION Pickering Singapore) のプールエリアについて、たくさんの写真と共にお伝えします。

★ パークロイヤル コレクション ピッカリング シンガポール / PARKROYAL COLLECTION Pickering Singapore
3 Upper Pickering St, Singapore (MRTチャイナタウン駅から近いです)


前回の記事でもちらっとご紹介しましたが、外観のこの部分↓がプールになっています。


プールのフロアに行くと、プールエリア入り口にカウンターがあり、ルームナンバーを言ってバスタオルを受け取りプールエリアへ。

鳥かごのような形のカラフルなカバナがかわいい!!


プール自体はそんなに大きくはないのですが、屋外プールで足元は木の素材、緑に囲まれていて、都会にいることを忘れさせてくれる雰囲気です。


本気で泳ぐプールよりクールダウン用プールで雰囲気を楽しむプール、という感じですかね^^


あいにくの曇天だったということもあるのか、カバナ利用者よりもプールサイドのベッドの方が人気でした。

上の写真のベッドの奥、屋根が付いている部分はガラス張りの明るいジムになっていて、せっせと屈強なメンズがトレーニングに励んでいました(笑)


私達が利用したのは月曜日の午前中だったからか、利用客も少なく子供もほとんどおらず、ゆったりのんびりと過ごすことができました。

唯一、品の良いインド人系のパパが6歳くらいの男の子とプールで遊んでいて、それまで私がプールのあちこちを写真に収めまくり、ベッドに戻って一息ついていたら、「写真を撮ってくれますか?」とお願いされました。親子で幸せそうな笑顔を向けてくれて、写真を撮る私までも幸せをおすそ分けしてもらった気分♪ 素敵な親子でした(*^^*)

プールから上を見上げるとこんなに緑がいっぱい。不定形のバルコニーに生命力あふれる草木が素敵です。


プールからはチャイナタウンのビル街が見えます。


インフィニティプールになっていて、


少し下から撮影するとこんな感じ。


カバナと並んだ写真を見ると大きさが分かると思いますが、カバナは大人4人は余裕で入れる大きさです。この日は曇天でしたが、日差しの強い日には日よけに良いかも…?あ、でも熱がこもって暑いかもしれませんね^^;

もう何年も前にアメリカで購入したMAX STUDIOのワンピースがブルー×グリーンで、偶然ここのプールと色合いが合っていました\(^o^)/

ホテルオリジナルのレモネードを飲んで、ご機嫌です(^O^)


夜になるとカバナがライトアップされて、またオシャレな感じに。

夜まで出かけすぎていて、夜のプール営業時間に来ることができず、夜プールの写真は撮れませんでした…。

ここのプールは小ぶりながらもユニークかつスタイリッシュで大満足でしたが、この旅の最後に宿泊したマリーナベイサンズのプールはやっぱり圧巻でした!(それについては今後の続きでおいおいご紹介しますね!)

プールエリアに隣接して、Garden Walkというお散歩エリアがあります。
次回のシンガポール記事ではそちらについてお伝えしますね~!

長野・蓼科旅6・蓼科牛の各部位を味わう!【ittou】

前回の記事の続きです↓

今回は、蓼科グルメ・牛肉編として蓼科牛を味わえるおすすめのお店【ittou】をご紹介します!

2021年7月16日(金)
長野県、蓼科の東急リゾートタウンでフン切りのつかないキツネを目撃しつつ(笑)向かったのはこちらの蓼科牛のお店↓

★ ittou(いっとう)茅野蓼科湖畔店
長野県茅野市北山4035−2
※最新の情報は公式HPでご確認下さいね!

お店の横に無料パーキングがあります。
私達夫婦はあらかじめ予約していました。

こちらのお店、てっきり今この記事を書くまで焼肉店だと思っていたら、公式HPの上の方に『牛肉バル』と書かれていました。


HPによると、お店の目利きシェフが蓼科牛を1頭丸ごと購入しているそうです。

蓼科牛は八ヶ岳山麓の大自然の中で、のんびり、ゆったり育ったブランド牛で、きめ細かで甘味の深い肉質なんですって。

店内はおしゃれな感じで、私達はカウンター席でした。


4人ならこちらの半個室風席もありましたよ。


マッコリとキムチでオーダーしたお肉待ち♪


じゃ~ん☆ 「いっとう盛り(2人前)」です!

蓼科牛のあらゆる部位を楽しめます。お皿の位置に合わせてボードに部位名を貼ってくれているのも嬉しい^^
新鮮なお肉を部位ごとに食べ比べられて、楽しく美味しくいただけました。

この牛すじスープも牛の出汁がきいてて美味しかったです。

追加のお酒は、ローカルのお酒が飲みたいってことで、このポスター↓に惹かれて…

『たてしなップルシードル』にしました^^

信州りんごを使ったシードルで、辛口だったので焼肉の間にさっぱりできて良かったです。

これでもうお腹いっぱいになってしまい、ホテルへ戻り、デザートに東急リゾート内のショップ【サムシング】で買った『八ヶ岳農場』のバニラアイスとコーヒーをお部屋でいただきシメました。

私達は焼肉でお腹いっぱいなってしまいましたが、【ittou】は一品料理やご飯もの、ラーメンなどもあるので、食欲ガッツリのかたもいろいろなメニューが楽しめると思いますよ!
おすすめです。


長野・蓼科旅4・蓼科東急リゾート滞在記・野生動物にも遭遇!

前回の記事の続きです↓

今回は、蓼科東急リゾートのホテル以外の施設について、たくさんの写真と共にご紹介します。さらに敷地内でかわいい野生動物にも出会えたのでそれについても併せてお伝えします!
>> 東急ハーヴェスト蓼科アネックスのホテルについてはこちらのリンクからどうぞ♪

蓼科東急リゾートへのアクセスですが、JR茅野駅←→東急リゾートタウンのバスも出ているようです。
※最新の情報は公式HP等でご確認下さいね!


左からベーカリーカフェ 【森のbakery &food terrace QUCHAO!】 、お土産・日用品のお店とコンビニ【サムシング】があります。

↑の写真は2021年7月に撮影したので、当時ベーカリーはありませんでしたが、今年の7月に訪れた時には【森のbakery &food terrace QUCHAO!】ができていました↓


【サムシング】の店内。半分は雑貨やおみやげ物、またモンベルなどのアウトドア服があり、もう半分はコンビニのようになっています。


食品のお土産の種類も豊富。


こちらはコンビニエリアにあったローカルのアイスクリーム♡
長門牧場八ヶ岳農場のものがありました!


敷地内を流れる渓流の一部は『渓流釣り場』になっていたり、


『水遊び広場』になっています。


そのほか、小さな『釣り堀』コーナーや


『魚つかみ捕り』コーナー、


アスレチック(写真奥にあり、手前にジップラインが伸びています)もあり、小さなお子様を遊ばせるのにも良さそうです。


子連れでないオトナの楽しみは…
先日の記事でお伝えした雰囲気が素敵な【蓼科東急リゾート】内のラウンジアゼリアでのティータイムやお酒、またホテルの正面から…


裏側に抜けると、広い庭園があり、チャペルの脇を抜けて裏側に行くと


からまつ池があり、ぐるりと一周お散歩ができます。
写真奥には八ヶ岳も見えています。


八ヶ岳にズーム!


そして…YouTube動画のためのInsta360で動画を撮りながら、前後に誰も歩いていない『からまつ池』の周りを一人で散策していると…かなり遠くの池の端に、なんとなんと可愛い野生のシカさんがいました!!

かなり距離があったので、コンデジでズーム撮影していますが、あちらは私の様子にちゃんと気が付いていて警戒しているようでした^^;

一人で歩いていた私は目ざとく遠~~くの鹿の存在に「おおっ@@!」と気が付いたのですが、もしかしたら気が付かない人の方が多いかも!??というくらいの距離感でした。

しばらく立ち止まってそっと見守っていると、鹿はゆっくりと森へと歩いて行きました。
私もそっと動くと、また茂みからこちらを振り返って見つめていました。
じっとこちらを見ている姿が愛らしいです♡

私達夫婦は「アメリカの国立公園で野生動物と出会う旅」が大好きなので、常に視界の中のわずかな動きにかなり敏感で、動物探しにおいては「レンジャー級の目の良さ」(視力は2人ともコンタクトで矯正するくらい悪いですが^^;)ではないかと勝手に自負しています(笑)。

さらにっ!!!!!
鹿のみならず!!!!!かわいいあの動物…(※動物はかわいいのですが、ここからは話題が少々汚いので食事中の方は閲覧注意です!!

主人と夕暮れ時に車で近くへ夕食を食べに出かけるとき、蓼科東急リゾートの敷地内の道端に、キツネがいました!しかもウ〇チングスタイルでした^^; ( ウ〇チ は↓の写真には写っていませんが、その次の写真にはぼんや~~~りと写っています〔たぶん、気分を害さない程度の写り〕ので、見たくない人は次の写真はスルーして下さいね。)


望遠が付いていない携帯で撮ったのでぼんやりなんですが、このキツネさん、車中から肉眼で観察していたら、この後間もなくウ〇チをしたものの、 ウ〇チ がなかなかお尻で切れなくて(!)、お尻を振ったり、尻尾を振ったり、振り返ってお尻を覗こうとしてぐるぐる回ったり、困惑しているようでしたꉂꉂ(ノ∀≦。)

主人がこのキツネを「フン切りの付かないキツネ」と命名し(>∀<)ノ☆、かわいいやら面白いやら、あたりに車もいなかったので、しばらく見ていたら…

ようやくフン切りがついてその場を去っていきました。フン切りがついたようで良かったね!


ほかにもホテル周りにはジョウビダキなどの小鳥もいて、小鳥のさえずりもあちこちで聞こえ、お天気にも恵まれて心地よい滞在となりました。

次回は、蓼科グルメ編です!

長野・蓼科旅3・蓼科東急ホテル内おすすめラウンジ【アゼリア】

前回の記事の続きです↓

今回は、蓼科東急リゾート内、蓼科東急ホテル内にあるロビーラウンジ【アゼリア】についてご紹介します。
宿泊客でなくても利用でき、雰囲気がとっても素敵なラウンジで、テラス席も室内席もおすすめです!


また、 蓼科東急リゾートへのアクセスですが、JR茅野駅←→東急リゾートタウンのバスも出ているようです。
※最新の情報は公式HP等でご確認下さいね!



2021年7月16日(金)。

【東急ハーヴェストクラブ 蓼科アネックス】に宿泊していた私達夫婦でしたが、主人が夕方までホテルでリモートワークだと言うので、私だけぶらぶらとホテル敷地内をお散歩。

ホテルのある一帯は【東急リゾートタウン】になっていて(後日紹介)、宿泊していたホテルの向かいには【蓼科東急ホテル】があるので、午後のひとときを優雅にロビーラウンジで過ごそう♪と思って行ってみました^^

蓼科東急ホテル
長野県茅野市北山 鹿山4026-2

ホテルの公式HPを見ると「高原のクラシックリゾート」と書かれているのですが、まさにそんなイメージです。

オレンジ色の屋根、白い壁にダークブラウンの木骨組のような建物が木々の緑に映えています。

上の写真はエントランス反対側の池からの眺めです。
エントランス側から入ると、正面の階段を下りて右手にロビーラウンジ【アゼリア】があります。

★ ロビーラウンジ アゼリア
蓼科東急ホテル内
※メニュ―内容などの最新の情報については、ホテル公式HPでご確認下さいね!


天井が高く、大きな暖炉が素敵。
椅子も大きくて、お席の間もゆったりとしていて、とても居心地の良い空間になっています。


しかもホテルのロビーラウンジにしては、フード、ドリンク類がお手頃価格でした^^


アルコール類は地ビール、ほかワインやシャンパン、ウイスキーやブランデー、カクテルも。


ランチメニューもありました。


ワッフルセット / ケーキセット(1300円)があったので私はケーキセットをオーダー。
私が訪れた時はケーキは4種から選べ、私はりんごのタルト「カットの大きいリンゴでシャキシャキ感を活かしています」にしました。


アイスティーと共にいただきます!


説明の通り、大きいカットのりんごがふんだんに入っていて、正直期待していなかったのですが(失礼!)期待値を大きく上回る美味しさで(どんだけ期待していなかったのか!?笑)、大満足。2個食べたくなっちゃったくらいでした!


お庭側からの【アゼリア】の外観ですが、こんな風にテラス席もあり、


高原の空気を感じながらのティータイムもできます。


【アゼリア】の雰囲気がとても気に入ったので、その後、主人とも一緒に利用し、その時はテラス席で「信州産赤葡萄ジュース」をいただきました。


ところでインテリアとしても素敵なこの暖炉。


この暖炉で夕方限定で「焼きマシュマロ スモア」(300円)もありました。

焼きマシュマロ!試してみたかったけど夕方はホテル周辺にいなかったので試さずじまいに…。マシュマロは好きでも嫌いでもない程度だけど、BBQなどで焼くと、とろけてフワっとなって美味しいですよね!

とても素敵なロビーラウンジ【アゼリア】おすすめですよ!


コロナ禍のシンガポール旅準備

いよいよシンガポール旅が近づいてきました。

今日は、シンガポール渡航にあたり、私達が準備したこと、
1. アプリのダウンロード
2. PCR検査の予約(唾液で検査できて安いところ探し、笑)

についてをメインにご紹介します。

※シンガポールの場合は入国の必要事項の詳細についてはこのブログではなくこちらのシンガポールのICAのサイトをご覧下さい!

いやぁ~私達の旅にはギリギリ間に合わなかった、検査免除!これについてはアプリの話題の後に書きます。

1. アプリのダウンロード

コロナ前と違って、出発前にもアプリのダウンロードなどが必要とやることがあって面倒~。

で、前回のブログ記事「コロナ禍の海外旅行準備」では、一般的な海外旅行に必要なアプリとして(紙ベースでもできる?ようではあるみたいですが)以下の2つをダウンロードしたことを書きました。

①【新型コロナワクチン接種証明書アプリ】

② 【MySOSアプリ】

シンガポールの場合は、2022/8/27現在、このほかにさらに必要なアプリが2つあり、それをダウンロードしました。

③ 到着の3日前までに【SG Arrival Card】に記入
アプリから提出でできるので、【myICA Mobile】をダウンロードして、

このアプリから”Go to Arrival Card”にアクセスして、必要事項を入力。

けっこう入力しやすくできていて、パスポートの情報もスマホのカメラで読み込めば自分で入力しなくて済むから間違いも防げて便利でした。
手続きにはワクチン接種証明のアプリのバーコードもアップロードも必要でした。

④ 【TraceTogether】をダウンロード
シンガポールの接触追跡アプリ 【TraceTogether】 も必要なのでこちらもダウンロード。

2. PCR検査の予約(唾液で検査できて安いところ探し、笑)

続いて面倒なのは帰国72時間前以内の検査の予約!
私はスワブテストが痛そうだし怖くて(アラフィフだけどインフルエンザも自覚症状がある状態には至ったことがないので、インフルの検査もしたことがなくって)、絶対に唾液の検査が良く、唾液で検査できて安いところを探しました。

GoogleMapで探したけどうまくいかなくて、色々検索しました。
ちなみに日本人向けの場所だと定価が150シンガポールドル+GSTと呼ばれる税(2022/8/27時点で98.75 円)でした。1万5000円くらい。

高いなぁ~と思い、さらに検索したらAndrew氏が書いたサイト
Cheapest pre-departure COVID-19 PCR and ART tests for travel from Singapore
がとっても参考になりました!

私は↑のサイトから、唾液検査でや、ホテルからもまあまあアクセスしやすいクリニックを探して(ざっくり言うとチャイナタウンより南西の合うトラム・パークの駅から歩いて9分のクリニック)ウェブ予約し、105 シンガポールドルでやってもらえることになりました!

上記サイトによると唾液PCR検査の平均価格が140シンガポールドルなので安いっ!

ちなみにスワブでもOKという方は、90シンガポールドルでできる病院グループがあり、よりいっそう病院のロケーションの選択肢もあり、便利でした。


というわけで、着々と準備をすすめて出発日が近づいてきました!
久々の海外旅行、楽しみ~!!


コロナ禍の海外旅行準備

シンガポール旅行が近づいてきたので、仕事の合間にちょいちょい渡航準備を始めています。

① 「地球の歩き方」を購入。やっぱり大好き「地球の歩き方」♡

② 【新型コロナワクチン接種証明書アプリ】をスマホにダウンロード。
シンガポールは上記アプリが利用可能なのでダウンロードしました。
ですが、ワクチンを接種しに行ったときに区の職員さんに聞いたら、国によってはこのアプリが使えないところもあるとのこと。

アプリをダウンロードすると、

こちら↓は見本画面だけど、マイナンバーカードをかざして必要情報を入れると、この三本のように自分の情報の入った接種証明の画面が出るようになりました。

③ 【MySOSアプリ】をダウンロード
帰国時にファストトラック*を利用できるようにするため、ダウンロードしました。
以下、厚生労働省のサイトより引用↓
*ファストトラックとは、海外から日本に入国する前に、MySOS WebまたはMySOSアプリで、あらかじめ検疫手続きの一部を済ませておくものです。

さらに、上記に併せてシンガポールの場合は事前に
シンガポール到着前3日間のうちに【SG Arrival Card (SGAC) with Electronic Health Declaration
接触追跡アプリ(TraceTogether)のダウンロード
が必要らしいのでこれもやらないと…(まだやっていない^^;)

これらについてもまたご紹介します。(たぶん)(+_+)

アフターコロナは、渡航準備にやることが増えて面倒よね…(+_+)

ちなみに、主人もコロナ後初の(正確に言うとコロナ直後に2人でセブ島行ったけど)海外出張で来週タイに行くのですが、タイでグローバルの会議だそうで、各国の参加者全員が毎日抗体検査をすることになっていて、検査キットは各自持参で会社から支給され、家の玄関にこちらが置いてありました^^;↓

実は、主人がタイから帰ってきてすぐにシンガポール旅行なので、感染したら行けなくなるかもしれず、気が気じゃありません💦

なにせ、手洗いうがいが私に比べていい加減なんでね ( ̄▽ ̄)

次回に続きます~!





シンガポールに行く前に…多忙!

わ~い、もう少しでシンガポールぅ\(^o^)/♪
な~んて思っていたら、なぜかこういう時に限って仕事の依頼が重なって…

個人事業主として医薬翻訳事務所を立ち上げて1年4カ月。
もちろん一人で翻訳も見積書作成などの事務作業もやっています。

そんな中、前代未聞の仕事の重なり具合で、この1週間で2つの案件を受けたところ、
さらに2つの依頼が本日夕方に来て、4原稿を抱えることになってしまった…!

2案件ずつ2企業からの直接依頼なのですが、どちらも訳文を気に入っていただき、リピーターなので嬉しい悲鳴!なのですが、夏休みを満喫するためにもできるだけ早く終わらせたい…
(全て終えるのは絶対に無理だけど、少しでも休み前にスッキリしたい!)

旅行を楽しみに(馬のニンジンみたいに、笑)、なんとか忙しさを乗り越えられるよう頑張ります!

軽井沢旅8・テラス席でイタリアンランチ♪【A’dagio】

軽井沢旅7・渓流沿いを歩いて【千ヶ滝】へ~「千ヶ滝せせらぎの道」~」の続きです。

今回は軽井沢町のおすすめイタリアンについてご紹介します。

2022年5月25日(水)。

千ヶ滝の遊歩道を3キロ歩いてカロリー消費したというのに、また食べる…!

この日のランチは、当日にGoogleで見つけたイタリアン【A’dagio(アダージオ)】へ。
ここに決めた理由は、テラス席があり、口コミ評価が高く、お料理の写真が美しくて美味しそうだったから。

A’dagio(アダージオ)
長野県北佐久郡軽井沢町長倉2792-2
※最新の情報は公式HPからご確認下さいね!


平日だから余裕で入れるかと思いきや人気店のようで、ぎりぎり1席だけ残っていたテラス席に座ることができました!もちろん店内席もありますよ。


この日のランチメニュー。

ランチセットはA(2,400円)、B (3,900円) 、C (5,300円) と3コースありました。

私達はAコースの
・有機野菜サラダと前菜
・パスタ料理(8種類から選べました)
・ドルチェ
・食後の飲み物
と、食事中の飲み物を別途オーダーしました。

初夏の軽井沢のテラス席で白ワイン。最高~\(^o^)/


有機野菜サラダと前菜にグラスの白。軽井沢の採れたて野菜かな?フレッシュでした。パテも美味しくてワインに合う~!


モッツアレラチーズとバジル、季節野菜のトマトソース スパゲッティーニ


小海老とインゲン、ジャガイモ、自家栽培バジルのジェノバ風 リングイーネ

2人で違うパスタをオーダーしてシェアしました。
パスタも美味しくて…!!
うち、お料理上手の主人がパスタ料理も大得意なので、ヘタなイタリアンレストランに行くと「主人のパスタの方が美味しいわ…」と思うのですが、ここのはプロの味!真似できない美味しさで、大満足でした。

ドルチェとコーヒー。確かパンナコッタにフルーツソースがかかっているものだったと記憶していますが、見た目もカラフルで美しくて、食後にさっぱりと爽やかなフルーツソースで美味しかったです。

スタッフの方の対応も良く、見た目もお味も素晴らしく、テラス席もあるし、ここは絶対にまた行きたいと思います!おすすめですよ~!


…とこんなプロのお料理と一緒に自分のお料理を載せるのがお恥ずかしいのですが^^;、
先週末に蓼科旅から帰ってきたので、我が家の今夜のサラダは…(載せてないけど、ちゃんとサラダのほかにお肉料理とスープもありますよ)

じゃ~ん!蓼科の恵み・カプレーゼ風サラダ。
モッツァレラチーズとトマトは蓼科で購入、バジルはベランダガーデニングから摘んだもの、ペッパーは先日友人がベトナム旅で飼ってきてくれたフーコック島(ペッパーが特産)産です。全部フレッシュ~!

2つ目のサラダは、長野県産セロリのサラダ。味付けは、ごま油、お醤油、鶏ガラ、ニンニクです。数日はそのまま生でドレッシングをかけて楽しんだので、和風味にしてみました。

蓼科の産直野菜店に行ったのですが、安くてフレッシュで大興奮でした。
3連休の初日に訪れたところ、別荘所有者っぽい方々が高級車で乗り付けて、別荘滞在中の食料を大量購入しておりましたわ…うらまやしい!

次回の軽井沢旅に続きます!


シンガポールの宿泊予定ホテル・その1

シンガポール旅の旅程が決定~!」の続きです。

今回は、今年8月のシンガポール旅行で予約したホテル、1軒目についてご紹介します。

今回の旅では3軒のホテルに宿泊予定なのですが
シンガポールに到着し、最初に宿泊するホテルは…
PARKROYAL COLLECTION Pickering (パークロイヤル コレクション ピッカリング)
です!

こちらのホテル、以前この辺りを通りかかった時にその美しい外観が気になっていたのですが、地元のタクシードライバーと話していた時、ドライバーさんもここがおススメのホテルだよ!と教えてくれ、いつか泊まりたいと思っていたホテルだったんです。

こちらがホテルの外観です。
(画像はExpediaよりお借りしました。)

Source: Expedia

都会にありながら、緑あふれるこの外観、とっても素敵ではないでしょうか~??

このホテル、見た目だけでなく、太陽光発電システムを使用したり、植栽散水に雨水を利用して節水したりと、環境にも配慮しているそうです。

ホテル名を聞いて「ピッカリング???なんじゃそりゃ?」と思いましたが、パン・パシフィックホテルのグループなんですね。

下の画像はホテルのHPよりお借りしたものなのですが、ホテルのインフィニティプールを上から撮影した画像のようです。

Source: PARKROYAL COLLECTION Pickering, Official HP

今回はこちらのホテルで2泊の予定で、ANAのサイトからBooking.comで予約しました。
お部屋はちょうどセール価格になっていた(?)特別オファー アーバン デラックス キングまたはツイン
料金は7% の税金込10% のサービス料込の合計で 915.24シンガポールドル(88642円, 2022/8/5のレート)です。 ※食事なしのお値段

このホテルを選んだ理由のもう一つは立地が良いこと。

シンガポールというとショッピングスポットとしてオーチャードロードがとても有名ですが、私達はあまりシンガポールでのショッピングには興味がなく…(アメリカでのショッピングだったら買いたいものがたくさんあったんですが)

そうなると、個人的な感想ではありますがオーチャードって都会過ぎて面白みがないんです…

で、そんな私達が好きなのが下のマップのクラーク キーからロバートソン キーにかけてのエリア周辺の川沿いです。(ざっくりとした印です)

ホテルからクラーク キーへは徒歩10分ちょっと。

なぜこのエリアが好きなのかというと、川沿いという景色が気持ち良いし、
(以下の写真は2018年の旅行記の写真です。)


川周辺には飲食店などが立ち並んでいて、食事やカフェにも便利なんです。


エリアとしてもおしゃれで、いい感じのお店も多く、歩いていて楽しい、だけどオーチャードほど都会の喧騒って感じでないのが心地よいんです。

このエリア、夜になるとこれまたいい感じで、カラフルなライトアップを写真に収めるのも楽しかった思い出が♪


しかも川沿いに大きなショッピングモール【クラーク キー セントラル】もあります。

ちなみに前回はランチを食べたお店のテラス席からマリーナベイサンズが見えました。

こんな風に、川の景色が気持ちよく、グルメやショッピング、街歩きにも良くて、
クラーク キーからロバートソン キーにかけてのエリア周辺の川沿いが好きな私達です。

余談ですが、前回はロバートソンキーのインターコンチネンタルに宿泊しました。

ホテルについてご興味のある方は私の過去のこちらの記事をどうぞ↓
シンガポール旅行☆その14.インターコンチネンタル・ロバートソンキー徹底解説

しかし、コロナがまたしても気がかりです…
7/6にWHOのテドロス事務局長が世界で確認された新型コロナの新規感染者数がこの2週間で30%近く増加したと発表していましたよね。
日本だけでなく世界的に増加傾向とは…(-_-)
雲行きが怪しくなってきて無事に旅行を実現できるのかな~と少々心配です。


次回のシンガポール記事は軽井沢旅行記を4記事挟んだのち、アップデート予定です。
次回に続きます。