マクタン旅24・マニラ空港でぼったくりタクシーと戦う!・後編

今回は、フィリピン・セブ島からの帰路、マニラ国際線空港(ニノイ・アキノ国際空港)でのタクシー運転手とのバトルについてを記録した、マニラ空港でぼったくりタクシーと戦う!・前編」の続きです。

~前回のあらすじ~
マニラ国際線空港(ニノイ・アキノ国際空港)でフィリピン航空(ターミナル2)からANAグループ運航便(ターミナル3)へ移動しようとした私達は、クーポンタクシーに乗車したものの、ぼったくり価格を提示され、「日本人をなめるな!」と腹が立ち(声に出しては言っていない)、怒って降りました。

で、前回の記事にも書きましたが…

結論から言うと…
個人的にはターミナル間の移動はGrabを絶対におすすめします!

2020年2月24日(月)。
クーポンタクシー乗り場を後にし、イエロータクシー乗り場へ向かった私達。

そうそう、書き忘れていましたが、

このマニラ国際線空港(ニノイ・アキノ国際空港)は、2011年から2013年まで、Sleeping in Airportsの国際空港に関する利用者投票で「世界最悪空港ワースト1位」を3年連続で獲得しているんですよ!

ちなみにイエロータクシーは、ネット情報によると「メーター制。認可を受けていて、空港を起点に動き、比較的安全・安心に利用できる。」とのこと。
しかし、それより安心できるかのように言われていたクーポンタクシーでもぼったくられそうだったので安心は禁物です。

タクシー乗車前に乗り場受付スタッフからドライバーの情報が記載されたチケットをもらえますが、「旅行客がわざわざ苦情の連絡してこないでしょ」と思われてるのか、チケットをもらったとしても安心できません。

受付スタッフからチケットをもらい、タクシーに乗車すると、ドライバーはメーターを倒さず、また「500ペソ(2021/9/14のレートで約1,100円)」と、クーポンタクシーと同価格の値段を提示してきました。

我々が”No”とハッキリ言うと、ドライバーは悪態をつきはじめ、舌打ちしてきました。

で、「ターミナル間の移動には有料道路を使うからその分値段がかかる」と言い張ってきます。
たとえ有料道路を使ったとしても、高すぎると思ったので「そんなこと言うんだったら有料道路使わないで下道でいいよ。」と言ったらちょっとひるんでいました。

ちなみに2020年に書かれたKumi-Logさんのサイト
(https://jp.kumi-log.com/philippines/manila/tactics-in-manila-airport)によると、私達のタクシーの利用価格の適正価格として参考になるのは、
彼女の住んでいるマカティという場所は、空港から約8キロ、私達のターミナル間移動は約5キロ、で、彼女が空港ーマカティ間のタクシー価格について、以下のように言及しています。(以下Kumi-Logさんのサイトより抜粋・一部省略)

メータータクシー:大体Php150〜200(約400〜540円) ←せやな
Terminal3を出て右手・値段固定のタクシー:Php440(約1,200円) ←まあわかる
Terminal1を出て左手・イエロータクシー:Php500以上(約1350円以上) ←ふぁっ!?
空港の建物を出てすぐ客引きしているタクシー:Php750くらい(約2,000円)←ちょ、おま
空港建物内のタクシーカウンター:Php1,200とか(約3,250円)←WWWwwwwwwwwwww????????wwwwwww


しかしなおも、ドライバーは悪態をついています。
私もついに怒りが頂点に達し、ここから参戦。ドライバーの運転席の横にある運転手IDを写真に撮り、「警察に報告しますね。」と言い放ちました。

するとドライバーの態度が豹変!←こういうところがまた、腹が立つ!
平謝りして、最初の交渉では「ありえない」くらいのことを言っていた300ペソでいい、と言ってきました。

300ペソだった、正直まあ許せるんですが、日本人だからってバカにして!と腹が立っていたので、主人はゴネる運転手にさらに交渉し、245ペソにさせました。

前回の記事にも書きましが、
旅費を1円でも安くしたい、とか節約したい、とかそういうことではなく!
「英語ができない(人が多いと思われている)から反論できない日本人、お金を持ってる日本人、だからぼったくってやろう」というその根性が許せない!
ので、私達は粘り強く交渉しましたが、

日本人のお金の感覚で言えば大した差額でもないので、嫌な思いをしたくないのであれば素直に多く払えばよいし、特に女性だけでの旅だったら危ないので、ここまでの交渉はおすすめしません^^;

しかも…
この旅行当時はフィリピン人先生との英会話をやっていなかったので(長いこと休止していた)知らなかったのですが、なんと複数のフィリピン人先生にこの話をすると、どの先生も

空港ではフィリピン人ですら、同様のぼったくり値段をつきつけられ、交渉が必要だそうです。てっきり日本人だと思ってバカにされているのかと思っていたら、そういうことでもないらしいです。な~んだ(・・)

で、フィリピン人先生が口をそろえて言うには、

Grabがこういったモメごとがなくてよい

とのことでした!

てっきり、日本人がお金持ってる、英語できない人が多い、からぼったくるのかと思っていたので、「毅然と立ち向かい、サムライ魂を見せてやるぅ~!」と勝手に日本代表の気持ちになって頭の中にはサッカーワールドカップの時の音楽が流れ、タクシーの価格交渉を頑張ったけど、違ってた…
そうだとわかったらそこまで腹も立たなかったし、頑張ることもなかったんですけど…^^:

でもまあ、良い交渉経験になりました。
(ちなみにうちの主人はLAでもタクシードライバーとバトルしましたが、それは我が家でも伝説に残る面白い話です。ご興味のある方はリンクのアメブロ記事をご覧下さいね!)








マクタン島での移動手段(マクタン島旅4・マクタン・セブ空港からホテルへタクシー移動)

マクタン島旅3の続きです。

今回は、読者の方々の旅行時にお役に立てれば嬉しいと思い、
マクタン・セブ空港から宿泊ホテルへのタクシー移動について
 (現地空港HP情報を和訳し要約しました)
②セブの風景
についてお伝えします。

①マクタン・セブ空港からのタクシー乗車について
空港公式のHPに、タクシーの案内ページがあります。

タクシーは基本的に下記3種類があります。(例外として個人でどこかのタクシー会社に依頼などの手段もありますが)
最新の情報については空港公式のHP・タクシーの案内ページから参照いただきたいのですが、本日時点(2021/1/28)時点での空港HPの情報を以下、日本語でまとめてみます。

① White taxi(ホワイトタクシー)
セブ空港での営業許可を受けた、白い車体のローカルのタクシー。メーター制。
24時間年中無休。
乗車時(初乗り)は40ペソ、1キロごとに13.50ペソの可算。 2分ごとに2ペソ可算。
>>本日2021/1/28のレートで 1ペソ=2.17円

② Yellow taxi(イエロータクシー)
マクタン・セブ空港で空港での営業許可を受けた、(ホワイトタクシーとは)別会社によるタクシー。24時間年中無休。乗車時(初乗り)は70ペソ、300メートルごとに4ペソの可算。

③ Grab(グラブ)
タクシー代金を節約したい人におすすめ。 Uberと同様のアプリによるライド・シェアリング・サービス。Grabは東南アジアで人気のアプリです。予約にはネット接続が必要です。

注:原文に忠実に訳しているため、①のホワイトタクシーは「セブ空港での営業許可」、②のイエロータクシーは「マクタン・セブ空港ででの営業許可」となっていますが、どちらもマクタン・セブ空港に乗り場があります。


今回フィリピンを旅した私の個人的なおすすめは、ネット接続可能な環境であるなら、絶対にGrab(グラブ)です。(↑の空港HPにも「タクシー代金を節約したい人におすすめ」と書かれていますね)
タクシーと違い、ぼったくりの心配が(おそらく基本的に)無いので安心です。

GrabはUberに類似の配車システムで、下記操作で配車依頼ができるようになります。

アプリを携帯にダウンロード

アカウント登録

クレジットカード情報入力
※アカウント登録までは日本で可能ですが、日本は現在Grabサービス圏外であることからカード情報入力は現地でしかできません

Grab以外の移動手段に関しては、
ウェブ情報にると、ホワイトタクシーに比べ、イエロータクシーの方がやや割高だけれど、安心度は高め、との評価の声もあるようです。


しかし、私達はセブ島到着時に主人が「今、クレジットカード入力するのが面倒だから、Grabはホテルに着いてからダウンロードでいいんじゃない?」と言い張ったので(苦笑)、この時の旅では下記の旅行記のような流れでホワイトタクシー移動となりました^^;

2020年2月21(金)。

フィリピン航空でセブ・マクタン国際空港に17:30ごろに到着。


空港からイエロータクシーに乗ろうと乗り場に行くも、タクシーが出払っていて、待機中のタクシーはありませんでした。
乗り場にスタッフ女性がいて感じよく対応してくれ、無線でタクシーを呼んでくれましたが、乗り場で5分程度待っても来ないので、その女性に「あとどれぐらい来そうですか?」と聞くと「あと15分かかります。」との返答が。

金曜日夕方はマーケットがあって、道が混雑するそうです。
金曜日夕方のセブ島やマクタン島の移動は、通常よりかなり時間がかかる覚悟が必要です。

私達は15分も待ちたくなかったので、イエロータクシーを諦めることにして、今度はその隣にあったホワイトタクシー乗り場へ。
こちらも乗り場にスタッフさんがいて、既に待機していたタクシーに乗るよう指示されました。

乗車時にはスタッフさんが下記写真の様な紙をくれるので、これを降りるまで大切に保管します。(※ドライバーに渡さないように!)

この紙は、タクシー名と車体番号がスタッフさんにより記入され、さらに苦情連絡先の電話番号がも書いてあります。

またタクシー乗車時は、可能であれば、あらかじめ自分の乗る区間の適正料金を調べておくこと、乗車する前にドライバーに料金を聞いて確認しておくこともぼったくり防止に有効な手段です。適正料金については、よくある区間の移動でしたら、日本語サイトでの紹介もあります。

私達は車に乗り込むと、ドライバーさんから行先をスマホに入力するよう頼まれ、英語でホテル名(シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ)を入力しました。その後、スマホはそのままドライバーや私達から見えるところに置かれ、ナビとして使われていたので、変な遠回りをされる心配もありませんでした。

車窓からの景色。
ゲートにはウェルカム・セブの文字が。


島にはワンちゃんが多いらしく、移動中に数えきれないほど見かけました。
気を付けて道路を渡ってね~!!


アイランドモール


車道沿いの民家(?お店?)では、軒先で大量に串焼きらしきものを焼いてました。
ここにも足元にワンちゃんがうずくまってます^^


金曜日はマーケット開催日なので、バイクや車で大渋滞。マーケット開催地付近では、たくさんの人々が道路沿いを歩いていてとても賑やかでした。


車道沿いの繁華街では、こういう個人商店が立ち並んでいて、渋滞していたけどタクシーから興味深く眺めていました。

15年以上前に一度ここを訪れたことがあり、少しはこの辺りの町並みも進化しているかと思ったのですが、そんな印象も受けませんでした…

空いていれば20分で着くのに、40分以上度かかってようやくホテルに到着。
ピンボケで失礼…^^;

タクシー料金は、移動距離8.3キロで大渋滞ありで250ペソくらい(本日のレートだと540円くらい)で、適正料金でした。
ちなみに、私達の利用したのは、空港のホワイトタクシー乗り場から乗車したホワイトタクシーでしたが、車体の色は黒でした。

この時のタクシーは適正料金でしたが、帰路ではマニラでタクシードライバーと闘いました(!)ので、それについては今後の旅行記にアップしますね。

次回は、マクタン島のリゾートホテル【シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ】について詳しくご紹介します!