GoTo箱根旅2・箱根登山鉄道で強羅公園へ

2020年11月10日(火)~11日(水)に、母と2人の神奈川県箱根湯本の温泉宿宿泊旅。

今回は
・箱根登山鉄道からの紅葉
・強羅公園

を中心にいてご紹介します。


2020年11月10日(火)。
老舗お蕎麦屋さんのはつ花でお蕎麦を頂いた後は(その時の記事はこちら)、箱根湯本駅から箱根登山電車で強羅へ行ってみることにしました。

赤い列車がその車両です。


最近車でしか箱根に行っていなかったので、登山電車に乗るのも10年以上ぶり、いやもっと久しぶりだと思います。

車両は、私達の場合、行きはこんな風にボックスシートタイプ、帰りは通常のタイプで、車両により異なるようです。


写真からは分かりにくいのですが、出山鉄橋を通過中↓
窓の外が鉄橋の緑色なのがお分かり頂けるでしょうか…??

この出山鉄橋、橋梁を建設するのに地形的に難しかったうえ、橋梁を作る材料も第一次世界大戦下で調達が困難であり、鉄道院払い下げの天竜川橋梁の一部が転用されたそうです。
完成は大正6年。現在は文化庁により登録有形文化財として認定されています。

そんな出山鉄橋から見る車窓からの紅葉です!


この日は午後から曇天になってしまったのと、デジカメを忘れて(充電していてそのまま忘れた…!)携帯による撮影なのが残念なのですが、電車からも箱根の紅葉を堪能できました。


箱根登山電車の特徴と言えば、スイッチバック。
山の急斜面を登るためスイッチバックを3か所で行い、電車の前後をを入れ替えながらジグザグに登っていくので、少し前に通過した出山鉄橋が眼下に見えます。下の写真の緑の鉄橋がそれです。

電車の前後が入れ替わるときに、運転士さんと車掌さんがホームですれ違って入れ替わっているのも面白いです^^

強羅公園に到着。入場料が500円だったので、事前にホテルから送られて来た地域共通クーポン券で入場。

紅葉は見れたのですが、空が灰色なのが残念~~~!!!


この時点で唯一空のほんの一部に残っていた午前中の名残の青空と共に、無理矢理取れた唯一の写真がこれです。この後、あっという間に青空は雲に覆われて消え失せました…


強羅公園は季節により見ごろの花が見られるのですが、11月の見ごろの花はバラだったものの、バラはほとんど終わりかけという感じでした。


強羅駅から公園は、お年寄りにはハードな登り坂、園内も坂と階段が多いのですが、それでも母はがん克服、コロナでどこへも出かけられなかった後の久しぶりの外出に大変喜んでくれていました。

これジャンボススキ(パンパスグラス)かな?


強羅公園では秋らしい景色を堪能しました。

写真には収めませんでしたが、園内には温室もありました。


再び強羅から箱根登山列車で箱根湯本へ戻ります。

こちらは塔ノ沢駅の改札!!細長いマシーンは、なんと交通ICカードマシーンで、入場用と出場用の2台が並び、横には普通の階段があり駅の外に繋がっているという、何とものどかな改札でした。

箱根登山鉄道は、小田原から強羅までが箱根登山電車、強羅から早雲山までがケーブルカーで、ケーブルカー区間はICカードが使えないのですが、それ以外の場所ではICカードが利用可です。

箱根湯本駅に戻り、駅からタクシー乗り場へと向かう途中に、思わず急遽立ち寄ったのがこちら、【箱根まんじゅう菊川】。箱根の駅前の商店街にあります。

店舗でおまんじゅうを作っていて(ちょうど人で隠れていて見えないのですが看板の「箱根まんじゅう」の文字の下のガラス張りのスペースがそれです)、焼きたてを1個から買えるんです♪

夕方で気温が冷えてきたときに温かいおまんじゅうは最高!
温かいうちにすぐ食べたくて、写真は撮らずに口の中へ入れてしまいました^^;
外はカステラ生地、中は白餡で美味しいですよ。

次回は、箱根湯本の温泉ホテル【ホテルはつはな】宿泊記についてお伝えします。


▼関連記事
箱根のホテル
星野リゾート 界 箱根
箱根湯本【ホテルはつはな】
箱根・仙石原【ホテルハーヴェスト箱根甲子園】(3月)
箱根の観光&グルメスポット
サロン・ド・テ ロザージュ】(ティーサロン)
Bakery &Table 箱根(ベーカリー&カフェ)
仙石原すすき草原とミュージアムカフェ【カフェレストラン LYS】
ロマンスカーと大人気お蕎麦屋さん【はつ花・新館】
箱根登山鉄道で強羅公園へ

GoTo箱根旅1・ロマンスカーと大人気お蕎麦屋さん

2020年11月10日(火)~11日(水)に、母と2人で神奈川県箱根湯本の温泉宿宿泊旅をしてきました!
今回は
・大手町乗車の行きの小田急ロマンスカー
・箱根湯本の食べログランキング5位のお蕎麦屋さん【はつ花 新館】

についてご紹介します。

2020年11月10日(火)。
東京都の大手町駅から小田急ロマンスカーに乗車しました。
近年車でしか箱根に行っていなかったので、ロマンスカーに乗るのは20年ぶりぐらい!??かもしれません…

しかもこの千代田線に乗り入れている【メトロはこね号】という列車があることすら、この旅で知りました。昔はロマンスカーと言えば新宿発だったので…^^;

我が家は大手町駅の方が新宿より近いので、今回初めて大手町からロマンスカーに乗ることにしました。

…というものの、大手町駅の千代田線でロマンスカー乗車ってどういうこと?
と、不安だったので少々早めに大手町駅に行ってみたのですが、普通の千代田線が通っているホームにロマンスカーが来るだけなんですね…!


↑ちゃんとロマンスカー乗車位置も示されていました。

10:03発【メトロはこね21号】がやって来ました!MSE(60000形)という車型だそうです。
のちほど箱根駅に停車した姿もご紹介しますね。


このメトロはこね21号は、北千住発で大手町が2つ目の停車駅のため、私が乗車した時点ですでに数組のお客さんが乗り込んでいました。おばさん達はすでにシートを回転させ、4人で向かい合って、早くも飲み会が始まっていましたよ^^;

大手町の時点ではまだ空いていましたが、このあと町田駅までの間に続々と人が乗車し、60-70%の埋まり具合だったかと思います。

母が途中駅から合流し、箱根湯本へ。11:53に到着しました。
こちらが MSE(60000形)の正面顔です。


火曜のお昼だというのに、箱根駅前の商店街はたくさんの人であふれていて驚きでした!
恐るべしGoToトラベル効果…!!まるで週末並みの人出でした。


ロッカーに荷物を預け、お目当てのお蕎麦屋さんへ向かいます。
高齢の母を連れているので、本当は駅からより近い【はつ花】に行こうと思ったのですが、【はつ花】のお店の前はかなりの人だかりができていたので、そこから歩いて数分の【はつ花 新館】へ行ってみることにしました。

はつ花 新館
神奈川県足柄下郡箱根町湯本474

↑ 川のほとりの木が紅葉しています。

【はつ花 新館】へ来たものの、こちらも順番待ちの人がお店の前にたくさんいました@@

平日の昼間とは思えない混みっぷり…!
おばさんグループあり、家族連れあり、男同士や女同士のグループあり、夫婦、若いカップル…あらゆる年代や組み合わせの人達が並んでいました。

しかし見た目の混み具合よりは待たず、順番待ちリストに名前を書いてから、約20分程度の待ち時間で入店できました。


メニュー。
ちょうど反射して私のオーダーしたメニューが見えなくなっていますが、私は「はつ花のゆかりの貞女そば(冷)」、母は「天ぷらそば」にしました。


こちらが「はつ花のゆかりの貞女そば(冷)」。冷たいお蕎麦に自然薯の山かけです。はつ花(本店)が元祖やまかけそばのお店なのだそう。


母の「天ぷらそば」。本当は私も天ぷらそばを食べたかったのですが、カロリー制限を考えてやめました(;_;)

ここのお蕎麦は、蕎麦粉を卵と自然薯だけで打って作っていて、水を一滴も使っていないのがこだわりです。
細い蕎麦がまたそばつゆとも良く絡んで、自然薯で打った蕎麦にさらに自然薯の山かけ…というW自然薯を楽しめるメニューで美味しかったです。

お隣の席のご夫婦は、「やっぱり箱根に来たらはつ花の蕎麦はマストだよね~」と、話していました。私もここに来るのは3回目くらいです。


帰り道に【はつ花 本店】の前を通りかかった時の様子がこちら。
行きに通りかかった時より多く人のが並んでいました。この本店は昭和9年創業だそうです。

「食べログ」のランキングでは、箱根湯本のお店で、4位が【はつ花 本店】、5位が【はつ花 新館】となっています。
また、同サイトの情報によると、本店が65席、新館が75席と新館の方が席数が多いです。
(ちなみに本店に比べれば新館が後から出来た、ということでしょう。新館と言っても新しいお店という感じではないです。)

新館は、お店の前に椅子が置いてあり、ちょっとした待合スペースがあるのが特長です。
ですので、ご年配の方を連れている場合は新館の方が、座って待てる可能性があります。

次回は箱根登山鉄道と強羅公園についてお伝えします!

▼関連記事
箱根のホテル
星野リゾート 界 箱根
箱根・仙石原【ホテルハーヴェスト箱根甲子園】(3月)
箱根の観光&グルメスポット
サロン・ド・テ ロザージュ】(ティーサロン)
Bakery &Table 箱根(ベーカリー&カフェ)
仙石原すすき草原とミュージアムカフェ【カフェレストラン LYS】