おすすめ東京みやげ1・神田の老舗和菓子店【神田三原堂】

今回は、夏の東京てみやげにぴったり。室温で持ち歩ける和菓子のお店をご紹介します!
しかも1箱で2度おいしい、甘い+塩辛いミックスでございます!!

今年の8月、主人の実家に帰省する予定があり、私が前日に御茶ノ水の耳鼻科の帰りに買えるところ…で探したところ、神田の駅前に口コミでも評判の良い、老舗の和菓子屋さんがあることが判明しました!

★ 神田三原堂
東京都千代田区鍛冶町2丁目2-7

大正11年の創業以来、東京の神田駅前で営んでいる老舗の和菓子屋さんです。

中に入ると、所狭しと和菓子が並んでいます。
自家製の和菓子はお店の職人さんの手作りで、保存料、添加物等出来る限り使用せず、昔ながらの東京の味を守り続けているとのこと。


訪れたのは真夏だったので、水まんじゅうゼリー


葛きり水ようかんなどといったひんやり系和菓子も豊富でした。


私のお目当ては、神田三原堂の中でも看板商品のコンビネーションという、最中と塩せんべいの詰め合わせです!


最中と塩せんべいの組み合わせは、最中が餡の違いで3種類、サイズも各種豊富なので、便利ですよ!

私は、主人の実家への手土産に、こちらの神田っ子最中10個入+塩せんべい21枚入りの【神田っ子セット】3180円をチョイスしました。
神田っ子最中は、お店一番人気の最中ということで、初心者なのでまずは人気の商品を試してみました。

私は「神田っ子最中」にしましたが、この【神田三原堂】は、創業後の関東大震災、第二次世界大戦を乗り越えてきていて、このコロナ禍も乗り越えていきたいという願いを込めてた、「白寿最中」も新製品として加わったそうですよ。老舗の心意気を感じる素敵な企画ですね!

箱も和の風情があって、とても素敵です。
ちょうどこの時、主人の祖母も主人の両親の家に遊びに来ていたのですが、祖母もこのお店を知っていて喜んでくれました。


甘いものを食べると、そのあと塩辛いものが食べたくなる…ってありますよね!?

このセットはそれが叶うので、義両親、義姉夫婦も喜んでくれ、最中もおせんべいも美味しいと高評価でした。

最中にはあんこがぎっしり。割と甘目ですが、いい甘さで、小豆のおいしさがしっかりと味わえ、香ばしい皮も美味しいです。

夏は車移動をしたり、途中でどこか立ち寄ったり…と、てみやげを運ぶ途中の気温にも気を使いますが、こちらはそんな季節にも安心して運べ、甘い+塩辛いを味わえる美味しいお菓子の組み合わせなのでおすすめですよ~!!

上野【うさぎや】のどらやき

おととい、東京・上野の国立科学博物館へ、開催終了間近(2021/6/13まで)の『大地のハンター展』に主人と行ってきました。

「大地のハンター」と聞くと、動物好きの私達夫婦としては興味津々でたまらなかったのですが、紹介する動物も多種類過ぎするうえ、昆虫も含まれていて、個人的な感想としてはもう少し展示する生き物を絞って深く掘り下げたほうが面白い気がしました。

主人の大好きなヒグマ、最近まで捕獲劇で話題になっていたミナミジサイチョウのはく製の展示もありました。

展示のタイトルに「ハンター」と入れるなら、ハンティング方法を掘り下げたり、例えば似た動物、ピューマ、リンクス、トラ、ユキヒョウのハンティング力をレーダーチャート比較とかしたら楽しそうなのになぁ…。

まあ、でも久々に博物館に行ったので新鮮で楽しく、なんだかんだ盛り上がりました。


上野に久々に行ったので、久しぶりにここのどらやきが食べたくなりました。

★うさぎや
東京都台東区上野1-10-10

10年ぶり??くらいに食べたかも…。
【うさぎや】のどらやき。

キメの細かくてつやつやの生地。

あんこも上質で最高に美味しいです…!!

社長秘書時代、上司の一人がどらやきが好きだったので、お付き合いのある会社から色んなどらやきをいただいて、私もあれこれ一緒に味わう機会がありましたが、久々に【うさぎや】のどらやきを食べて、やっぱりここのどら焼きが一番好きだなぁ~と思いました。

【うさぎや】のどらやきを食べたのは20代半ばのころで、当時勤めていた大学の研究センターの教授にお使いを頼まれて、「ついでに自分たちの分も買ってきていいから。」と言われたのがきっかけでした。

変わらない美味しさに感激…。
是非みなさんに味わっていただきたいおすすめのどらやきです!

箱根湯本・ふわっと美味しい!【ちもと】の湯もち

今回も前回の記事「箱根湯本でしぼりたてモンブラン」に引き続き、神奈川県・箱根湯本温泉についてお伝えします!

今回は、
・箱根湯本駅から徒歩圏内の老舗和菓子やさん【ちもと】
・箱根湯本周辺で買えるおすすめみやげ
・小田急ロマンスカー

についてご紹介します。


過去に何度も箱根湯本を訪れたことがあったというのに、今回初めて行ってみたのがこちらの老舗和菓子屋さんです。

ちもと (駅前通り店)
神奈川県足柄下郡箱根町湯本690

写真左手の大きなのれんが、菓子販売の店舗で、右手の小さなのれんは併設のイートイン店舗【茶のちもと】です。

茶のちもと】の店舗は小さくて、覗いてみたところ席数も少なそうでしたが(食べログ情報によれば”12席・テーブル4卓”とのこと)、うれしいことに店舗の左手には外で軽く食べられる場所がありました↓

こちらのログハウス風の建物では、お茶などのドリンク類とお菓子を売っていました。

11月11日(水)の平日だと言うのに、この賑わいぶり!
ここ、【ちもと】だけではなく、箱根湯本は駅周辺が大変な賑わいでGoTo効果のすごさを感じました…!

私も地域共通クーポンを使って、ここで母と私のほうじ茶とお菓子を購入しました。

地味過ぎて一瞬目に入らない!?、私が食べたのは写真中央に写っているわらび餅。母は湯もち
わらびもちは、ちゃんと本物の希少な国産本蕨粉を使い、北海道産小豆のこしあん入り。国産大豆のきなこがまぶしてあります。
皮がうすくてふんわり、もっちりしていて、中にはあんこがぎっしり入っていて美味でした!

そして、私がお土産用に購入したのが湯もちと八里(鈴の形の最中)の詰め合わせです。


帰宅後に主人と湯もちをいただきました。
湯もちの生地は、国産もち米を使用した白玉粉を練ったお餅だそう。


これが美味しくて~!!なぜもっと前にこれを買わなかったのか!?と後悔するほど好きなお菓子でした。

最初、豆かなと思って、生地に練り込まれた黒い粒を食べてみたところ、羊羹でした!
口に入れると、その柔らかい食感がたまらなく気持ちよくて美味しいうえ、ふんわり柚子が香っておいしい~。羊羹も良いアクセントになっています。
食感はふわふわと柔らかくて、マシュマロに近い印象でした。子供の頃、想像していた雲のような食感でした!

店舗横で湯もちを食べた母も気に入って、食後にさっそく自分のお土産用として買っていましたよ(笑)。
しかし…一緒に食べていた主人は「俺はお菓子で柑橘系が香るのは好みじゃない」って言ってました(-_-)。せっかくおみやげに買ったのに…。

詰め合わせのもう一つの鈴の形の最中は八里という名前です。箱根八里の馬子衆の鈴をかたどっていることからこの名前が付いているようです。

3つが紐で繋がっていたので、3つずつ主人と分けていただきました。かわいらしい最中は、中にこしあんが入っていて、サクッとした香ばしい皮に、あっさりした甘さのこしあんでした。
美味しくて、甘さ控えめなので、いくらでも食べれそうでした(笑)

ちもと】のお菓子は美味しくて見た目にも和の風情があって、おみやげにもぴったりの一品ですよ!私のイチオシの箱根スイーツみやげです!


そして箱根周辺では割とどこでも見かける大人気スイーツおみやげと言えば…の、
グランリヴィエール箱根】のラスク。


会社でいただく箱根土産といえばこれ!という感じで結構みんなこれを買ってきます。
そんなわけで色んなお味を試したことがあるのですが、私が個人的に一番好きなのはこの仙石ラスク(キューブ形)のショコラベイク味です。

最後にご紹介するのは、箱根湯本駅前の駅構内のお土産物屋さんで見かけて気になって買ってみた「箱根 旅人めし」。


中身はこんな風になっています↓

これ、ご飯のお供に良かったです!!ピリ辛味噌に小さく刻まれた野沢菜が入っていて、クドうまでした!

箱根で温泉宿【ホテルはつはな】とグルメを楽しみ、東京への帰路につきました。
帰りのロマンスーは、ロマンスカー・EXEα(エクセアルファ)30000形 でした。

これにて、2020年11月10日(火)~11日(水)の箱根GoToトラベルの旅行記はおしまいです!
長らくお付き合いいただき、ありがとうございました!

▼関連記事
―箱根のホテル

星野リゾート 界 箱根
ホテルハーヴェスト箱根甲子園】(3月)
ホテルはつはな
―箱根の観光&グルメスポット
サロン・ド・テ ロザージュ】(ティーサロン)
Bakery &Table 箱根】(ベーカリー&カフェ)
カフェレストラン LYS】(ミュージアムカフェ
はつ花 新館】(老舗お蕎麦屋さん
箱根まんじゅう菊川】と強羅公園
百々茶 MOMOCHA】(カフェ「しぼりたてモンブラン」)