コロナ禍のシンガポール旅準備

いよいよシンガポール旅が近づいてきました。

今日は、シンガポール渡航にあたり、私達が準備したこと、
1. アプリのダウンロード
2. PCR検査の予約(唾液で検査できて安いところ探し、笑)

についてをメインにご紹介します。

※シンガポールの場合は入国の必要事項の詳細についてはこのブログではなくこちらのシンガポールのICAのサイトをご覧下さい!

いやぁ~私達の旅にはギリギリ間に合わなかった、検査免除!これについてはアプリの話題の後に書きます。

1. アプリのダウンロード

コロナ前と違って、出発前にもアプリのダウンロードなどが必要とやることがあって面倒~。

で、前回のブログ記事「コロナ禍の海外旅行準備」では、一般的な海外旅行に必要なアプリとして(紙ベースでもできる?ようではあるみたいですが)以下の2つをダウンロードしたことを書きました。

①【新型コロナワクチン接種証明書アプリ】

② 【MySOSアプリ】

シンガポールの場合は、2022/8/27現在、このほかにさらに必要なアプリが2つあり、それをダウンロードしました。

③ 到着の3日前までに【SG Arrival Card】に記入
アプリから提出でできるので、【myICA Mobile】をダウンロードして、

このアプリから”Go to Arrival Card”にアクセスして、必要事項を入力。

けっこう入力しやすくできていて、パスポートの情報もスマホのカメラで読み込めば自分で入力しなくて済むから間違いも防げて便利でした。
手続きにはワクチン接種証明のアプリのバーコードもアップロードも必要でした。

④ 【TraceTogether】をダウンロード
シンガポールの接触追跡アプリ 【TraceTogether】 も必要なのでこちらもダウンロード。

2. PCR検査の予約(唾液で検査できて安いところ探し、笑)

続いて面倒なのは帰国72時間前以内の検査の予約!
私はスワブテストが痛そうだし怖くて(アラフィフだけどインフルエンザも自覚症状がある状態には至ったことがないので、インフルの検査もしたことがなくって)、絶対に唾液の検査が良く、唾液で検査できて安いところを探しました。

GoogleMapで探したけどうまくいかなくて、色々検索しました。
ちなみに日本人向けの場所だと定価が150シンガポールドル+GSTと呼ばれる税(2022/8/27時点で98.75 円)でした。1万5000円くらい。

高いなぁ~と思い、さらに検索したらAndrew氏が書いたサイト
Cheapest pre-departure COVID-19 PCR and ART tests for travel from Singapore
がとっても参考になりました!

私は↑のサイトから、唾液検査でや、ホテルからもまあまあアクセスしやすいクリニックを探して(ざっくり言うとチャイナタウンより南西の合うトラム・パークの駅から歩いて9分のクリニック)ウェブ予約し、105 シンガポールドルでやってもらえることになりました!

上記サイトによると唾液PCR検査の平均価格が140シンガポールドルなので安いっ!

ちなみにスワブでもOKという方は、90シンガポールドルでできる病院グループがあり、よりいっそう病院のロケーションの選択肢もあり、便利でした。


というわけで、着々と準備をすすめて出発日が近づいてきました!
久々の海外旅行、楽しみ~!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です