カリフォルニア・サンタクルーズのクラフトチョコレートショップ&カフェ☆

今回は サンタクルーズの
① ダウンタウンにあるおしゃれなクラフトチョコレートショップ&カフェ
② ビーチ周辺の景色

についてご紹介します!

2018年9月8日(土)。
Henry Cowell Redwoods州立公園の帰りに、サンタクルーズのダウンタウンへ。

Trader Joesでお土産のお菓子を買った後、街を歩いていて見つけたのがこちらのおしゃれなクラフトチョコレートショップ&カフェ『Mutari Craft Chocolate』です。

Mutari Craft Chocolate
504 A Front St, Santa Cruz, CA 95060, USA

Mutari Craft Chocolate

通りすがりにオシャレな外観が気になり、入ってみました。

Mutari Craft Chocolate

中にはカフェスペースもあり、チョコレートも売っています。

Mutari Craft Chocolate

ショーケースの中のチョコレート。私は右上のを買いました。

Mutari Craft Chocolate

店内はテーブル席、カウンター席、ソファー席がありました。私達は窓際のソファー席へ。
余談ですが↓の写真を見ていたら、女性二人がハグする瞬間をとらえていました。(取っ組み合いのケンカじゃないよ!)

Mutari Craft Chocolate
Mutari Craft Chocolate
Mutari Craft Chocolate

左が私の飲んだお店で一番人気のドリンク(撮影当時) Epic Frozen Dark Chocolate Drink 。

Epic Frozen Dark Chocolate Drink @ Mutari Craft Chocolate

また、見せ方がステキですよね。
見せ方だけでなく、機能性もあって、お店の方によるとこの石のプレートはひんやり感を保つ効果があるそうです。

食後間もなくてお腹いっぱいだったんですが、上質なカカオを使ったチョコレートドリンクはフローズンなのでひんやりとして美味しくて、もちろん飲み干しました!



ホテルへ戻ったあと、主人は眠い、昼寝したい!というので、私だけビーチ沿いをカメラ片手に歩いてきました。

Santa Cruz Beach Boardwalk
400 Beach St, Santa Cruz, CA 95060, USA

Sky Glider(スカイグライダー)と名前が付いている乗り物。怖いから自分は乗らないけど、海が一望できそう!

Sky Glider @ Santa Cruz Beach Boardwalk

このスカイグライダーがカラフルなので青空と海の青に映えるんです!
土曜日なので大賑わい。下の写真の人の多さをご覧ください。

Sky Glider @ Santa Cruz Beach Boardwalk

他の遊園地の乗り物もカラフルなペインティングでかわいいです。

乗り物のほかにもゲームセンターとかお化け屋敷とか、フードスタンドなどが立ち並んでいます。

ビーチ沿いをここまで散歩していったんホテルへ。

Santa Cruz Beach

ホテルに戻ったら主人が心配して待っていました。私が一人で盛り上がって写真を撮りまくり、 主人が思ってたより、なかなか戻ってこなかったから珍しく心配したらしいです。



次回は、サンタクルーズ最終編!サンタクルーズの埠頭からのビーチの景色と、ローカルのカフェについてご紹介します♪

カリフォルニア・サンタクルーズ・Henry Cowell Redwoods州立公園へ

今回は
① お持ち帰りメニューも大人気のサンタクルーズのカフェ
② Henry Cowell Redwoods州立公園

についてご紹介します!



2018年9月8日(土)。

朝弱い私は、なかなか起きれずにベッドの上でぐうたらしていたら、主人がホテルのすぐ近くのカフェ、”The Picnic Basket” でサラダを買ってきてくれました。

The Picnic Basket
125 Beach St, Santa Cruz, CA 95060, USA

Salad @The Picnic Basket

このサラダと共に前日に人気ベーカリー Kelly’s French Bakeryで買ったパンをいただきました。

旅のメモが残っておらず何のサラダか写真を見てもはっきり思い出せないのですが(ひまわりの種とか枝豆?とミックスグリーンだったかな?自信無し^^;)、このサラダが美味しかったので翌日も同店で朝食を買いました。

こちらが翌日に私もお店に訪れた時に撮った”The Picnic Basket”の写真です。朝食時間に訪れたのですが、お店には行列が!

The Picnic Basket

朝食メニューなどなど。

The Picnic Basket

ビーチが近いからか、アイスクリームも売ってました!

The Picnic Basket

アボカドトースト。

Avocado Toast @ The Picnic Basket




朝食後は、暑くならない午前中のうちにHenry Cowell Redwoods州立公園へ。

Henry Cowell Redwoods State Park
101 N Big Trees Park Rd, Felton, CA 95018, USA

Henry Cowell Redwoods State Park
Henry Cowell Redwoods State Park

車で入り口に入ってすぐのところに、野生のシカちゃん2匹がいました。

Henry Cowell Redwoods State Park

耳が大きくてかわいい。

Henry Cowell Redwoods State Park

Henry Cowell Redwoods州立公園は、広さ 約18キロ平方メートルと広大なのですが、こ今回は本格的なトレッキングの装備を持ってきていないので、Gパンにスニーカーで下の地図の左上の囲み部分を歩いてみることにしました。(下記2つの地図出典:Henry Cowell Redwoods State Parkのパンフレットより )

地図の囲みをクローズアップしたマップが↓です。
私達はピンクで印を書き込んだ部分、
River TrailLoop Trailの一部Meadow Trailの一部を歩きました。
(Meadow Trailはどこを歩いたか忘れたので印を付けてないですが^^;)

River Trailを歩き始めます。

Henry Cowell Redwoods State Park

木のトンネルを潜り抜けて歩く。

Henry Cowell Redwoods State Park

途中の開けたところで、イベント 『Hot Rock Cooking』 をやっていました。レンジャーさんが参加者の方にレクチャーしています。

Event @ Henry Cowell Redwoods State Park

金属製の調理器具が無い時代、昔の人々が石や編み籠などを使って調理をしていたのを再現しているようでした。

Event @ Henry Cowell Redwoods State Park

再び人があまりいないトレイルに入り、静かな流れの川沿いへ。

Henry Cowell Redwoods State Park

しばらく歩くと、公園の名前にもなっているRedwoodが現れます。Redwoodは日本語でアメリカスギとかセコイアです。
高すぎて木の先端が見えません!

Redwoods @ Henry Cowell Redwoods State Park

Wikipediaによれば、ここにある Redwoodで、古いものは 樹齢が約1400から1800年、直径が約4.9メートル、高さが約91メートルというので驚きです!

Redwoodの森の中や

Redwoods @ Henry Cowell Redwoods State Park

静かな川のせせらぎを楽しみながら歩いていきます。

Henry Cowell Redwoods State Park
Henry Cowell Redwoods State Park



こちらはSteller’s jay (ステラカケス)です。ブルーの羽色が美しい鳥です。

Steller’s jay

写真だとなかなか巨木の迫力が伝わらないのですが、下からRedwoodの見上げて撮った写真です。
でもこれらの木はまだ若いほう。

Redwoods @ Henry Cowell Redwoods State Park

下の写真の木の根元にはプレートが付いていて、それによるとこの木は『LT. JOHN C. FRMONT TREE』と呼ばれている木だそうで、 Lt. John C. Fremont氏が大西洋と太平洋との最短ルートを調査していたとき、1846年の2月25日にここでキャンプしたのだそうです。こちらはかなりの巨木!

Lt. John C. Fremont Tree

急いで公園を回りたい人は、Loop Trailだけを歩くのもおすすめです。ほぼ平坦なルートだけで、迫力あるRedwoodを堪能することができます。

私達が木々を眺めたり写真を撮っていると、下の写真に後ろ姿が写っているおじいさまが話しかけてくれました。ボランティアで公園の解説を行っているようです。かなりのご年配でしたが、杖をつきながらもこうして公園を訪れ、公園のすばらしさを伝えるボランティア活動を行っていて素敵な老後だなあ・・・と感銘を受けました。

Henry Cowell Redwoods State Park
Visitor Center @ Henry Cowell Redwoods State Park




公園の帰りにタイ料理屋さんでランチ。

Sabieng Thai Cuisine
218 Mission St, Santa Cruz, CA 95060, USA

Sabieng Thai Cuisine

グルメサイトのレーティングは高かったのですが、味は可もなく不可もなくといったところ・・・(-_-)



次回は森から海へ!カラフルな街並みと青い海がステキなサンタクルーズのビーチ編をお届けします♪

カリフォルニア・サンタクルーズ・おしゃれフードホールでワインにピザ♪

今回は
① サンタクルーズの街並み
② 2017年夏にオープンしたという、比較的新しめのおしゃれフードホール

についてご紹介します!



2018年9月7日(金)。

ホテル『Casablanca Inn』 に着いた後は、ホテルからサンタクルーズのダウンタウンへ歩いて行ってみることに。

下の2枚の写真は、Beach Streetの風景。
このあたり一帯がとてもカラフルなペインティングで、それが青い空によく映えます。

↑ちょっと色落ちして、レトロ感があるカジノの看板が味わい深い・・・。

サンタクルーズのビーチ周辺の風景は、次回以降の記事でまた改めて詳しくご紹介していきます。


ところで、ビーチフロントのホテルを予約した時は、ビーチから繁華街までもっと近いと思っていたんですが(大概のカリフォルニアのビーチシティーがそうなので)、ちょっぴり距離があった・・・。
ビーチからダウンタウン中心部まで徒歩15~20分位でした。 (下記マップはGoogleマップに一部加筆したもの)

今回は特にレストランを決めていなかったので、ダウンタウンをぶらぶらしながら目ぼしいお店を探します。

一瞬アジア系の麺屋さんに吸い込まれそうになったけど、

もうちょっと歩いて探そう、ということになり、さらにぶらついていると Abbott Square (アボット・スクエア)というところを見つけました。

Abbott Square
118 Cooper St, Santa Cruz, CA 95060, USA

この一角にはMuseum of Art Historyがあるだけでなく、下の写真に写っている建物内には、

地元のクラフトビールバー、ワインバー、ポキ丼屋さん、イタリアンデリ、カフェ・・・などなどおしゃれで美味しいお店が揃うフードホールになっているんです。

パティオにはアウトサイドテーブルがあり、 いい感じ。しかもこの日は金曜日ということもあったからか、イベントもやっていて、DJブースからはサルサの音楽がかかっていました。

ちなみに、下の写真の中央で、オレンジのワンピースの男性と踊る、カッコいいちょい悪系初老のおじいさま。このおじさま、こうして踊る前は一人でテーブルに座り、ワイン片手に辺りを見回していたんです。
そして、目のあった女性に合図を送り、ダンスに誘う(!)というスゴ技を披露していました!!!
しかも、この女性と踊り終わった後も、また新たな女性を探しては踊り・・・を繰り返していたんです。
カッコいいおじさまのお元気ぶりに脱帽ですっ。

ところで、私達はここで何を食べたかというと・・・、アメリカ旅行も終盤となり、二人とも胃が疲れていたので、フードホールで買った ピザを二人でシェアしました。

マッシュルーム&ハムのピザ。モヒートもバーで購入。とっても美味しかったです!!!フードホールのバーで買ったドリンクはバーで飲まなくても、外のパティオ席に持ち出しOKですよ!

夜も更けてきてライトアップされ、これまたいい雰囲気です。おじさまがまだダンスしてるのが写ってる・・・^^;
このおじさまペア以外にも色々なペアがすんごい下手でも上手くても気にせずに音楽に身を任せて踊っている姿がステキでした。

実は我々、NY滞在中に初心者向けのサルサを1ターム(5,6回ぐらいだったと思う)習いにっていたんです^^
このダンスに加わろうか迷ったんですが、 勇気が出なくて加われなかった・・・。
いつかはこういう場で踊りたいなあ~。

ところで、”San Francisco Chronicle”のサイトによれば、2017年の夏にこの場所が Abbott Squareとして生まれ変わる前までは、何年もの間、旧刑務所の裏にある中庭のような存在で、いわゆるダウンタウンのダークスポットだったそうです。

それが今では、子連れも多く、女性同士でも訪れられる人気のグルメ&エンターテイメントスポットとなっているそうですよ。



この場所と美味しいピザが気に入ってしまい、思わずその翌日のこの旅最後の晩もここに来てしまいました。

プロシュート&ブルーチーズ&いちじくのピザにサンタクルーズの Pinot Noir 。

濃厚なブルーチーズにプロシュート。これらの塩味とたっぷりのイチジクの優しい甘さがマッチしていて、すっごく美味しいピザでした。

ピザを食べたら帰ろうかな・・・と思っていたら、主人が最後の晩だから、あっさり変えるのはもったいないといい、さつまいものフレンチフライを買ってきました^^

なので私も2杯目、 サンタクルーズのソーヴィニヨン・ブラン♪

今回ご紹介した、気軽に色々なグルメが楽しめる、Abbott Square (アボット・スクエア)おすすめですよ!



次回もサンタクルーズ、グルメ編です。

カリフォルニア・サンタクルーズ ・絶景ドライブ&人気ベーカリー&ホテル

今回は、アメリカ・カリフォルニア州 ・サンタクルーズの

① 絶景ドライブルート
② 美味しいと評判のベーカリー
③ ビーチフロントのホテル


について旅レポします。


2018年9月7日(金)。

サンタクルーズ到着後、真っ先に行った美味しいギロの食べれるギリシャレストランを出た後は、ホテルのチェックインまでまだ時間があったのでサンタクルーズ情報を得るべく、ビジターセンター (Visit Santa Cruz County)へ。

Visit Santa Cruz County
303 Water St #100, Santa Cruz, CA 95060, USA

Santa Cruz Visitor Center

ビジターセンターで無料の観光マップをもらい、ビジターセンターのおじいちゃんおすすめのドライブルート、を走ってみることにしました。

海岸線のWest Cliff Drive(ウエスト クリフ ドライブ)が絶景ドライブルートということです。(下記はGoogleマップに一部加筆したもの、ブルーの線が走ったルートです)

下の景色はSurfing Sculputureという像の近くから、サンタクルーズのビーチと
Santa Cruz Wharf (埠頭)方向を撮影したものです。

Santa Cruz

サンタクルーズのビーチフロントはとても賑やかなエリアで、大きなゲームセンターや遊園地などがあるのですが、その様子も写真に収めることができました。

Santa Cruz

さらにWest Cliff Driveを西方向へ走ります。


★ Natural Bridge State Beach Vista Point
2320 W Cliff Dr, Santa Cruz, CA 95060, USA
無料パーキングあり

下の写真は Natural Bridge State Beach Vista Point からのNatural Bridge State Beachの眺め。
私の写真だと影になってしまってハッキリと写っていないのですが、写真中央の岩の真ん中にはUの字を逆にしたような穴が反対側に貫通しています。それを”Natural Bridge”って言っているのでしょうかね。

Natural Bridge View from Vista Point

海岸線を遠くまで眺めることができます。

海の眺めが良いところ・・・と言えば、豪邸。
この辺りも例に漏れず豪邸が多く、「あの家がいい!この家素敵!!」と言いながらの豪邸観察も楽しいです。

この West Cliff Drive 、確かにドライブルートとしては気持ち良かったですが、景色としては私はピズモビーチの Dinosaur Caves Park (ダイナソー・ケーブス・パーク ) の方がより美しいなというのが正直な感想でした。(その時の記事はこちら



次に向かったのは、”Good Times Magazine”の読者投票で1番になったというベーカリー。

Kelly’s French Bakery
402 Ingalls St, Santa Cruz, CA 95060, USA

Kelly’s French Bakery

テラス席もある、おしゃれなベーカリー。
ただ、この日は30度越えの暑い日でしたが・・・。

Kelly’s French Bakery

中には美味しそうなパンがたくさん。種類も豊富です。

Kelly’s French Bakery

私はここで朝食用に、Apple & Blueberry Scornを買いましたが、外がこんがり中がしっとりとしていて、具だくさんでとても美味しかったです。

Kelly’s French Bakery




パンを買ったら、この日から2泊するホテルへと向かいます。
最初は車でどこがホテルの入り口か見つけられず、一度通り過ぎてしまいました。
というのも、入り口の看板があまりにもボロかったから^^;

最初この看板を見つけた時は「え!?ここに泊まるの・・・」とちょっと引きました。

Casablanca Inn
101 Main St, Santa Cruz, CA 95060, USA

Casablanca Inn

ホテルはサンタクルーズのビーチから道一本挟んだところに位置していました。

Santa Cruz Beach
Santa Cruz Beach
Santa Cruz Beach

しかし、入り口が裏手からで看板がボロかったので恐る恐る中に入ると、センスの良いモロッコ風のインテリアがとても素敵でした。

下の写真の奥に写っている小さな白い扉が、ホテルのメイン棟のドア。
なので、ホテルの中を見るまでは「このホテル大丈夫?」と不安でした。

Casablanca Inn

ホテル入り口ドアから正面を見ると、サンタクルーズのビーチと埠頭がすぐ目の前に見えています。

Casablanca Inn

こちらがお部屋。お部屋もモロッカンスタイルでした。

Casablanca Inn

インテリアは素敵だったんですが、ホテルのシャワールームがかなり狭くて、イエローストーン国立公園のキャビンに次ぐ狭さでした(!)

それは造りの問題だから仕方ないとしても、トイレの窓回りとか、さんとか、もう少しきっちり掃除を行き届かせてほしいなと・・・。埃を念入りに拭き掃除してほしい感じでした。ティッシュペーパーも備え付けられていないのもマイナスポイントでした。

ただ、ホテルのバルコニーからはビーチが見え、景色は良かったです。

とは言え、この感じで1泊3万円以上はこれまで宿泊してきた同価格の設備やサービスと比べるとやっぱり高いと思うので、コスパは悪いと思います。

————————————————————————————————

あんまりブログにネガティブなことは書きたくないのですが、この時(今から約1年前)、仕事でものすごくストレスを感じていて心身共にあまり元気が無かったんです。(この1.5か月後くらいに受けた胃カメラで胃のアフタ、びらん、ポリープ、ヘルニアが判明しました)

そんな時にあまり良いと思えるホテルでなかったので、この日人生で初めて旅の途中で早く家に帰りたい、と思いました。

旅行が趣味な私が旅から帰りたいと思うこと自体が自分でも以外で、ショックで、この時のことが私のこの後の人生への考え方に多少なりとも影響を与えたと言っても過言ではありません。

————————————————————————————————

何だか最後変なトーンになりましたが^^;A
次回もサンタクルーズの観光&グルメ編についてお伝えします!

カリフォルニア・アヴィラビーチ・おしゃれビーチでワイン♪

今回は、
落ち着いたおしゃれビーチ、
アメリカ・カリフォルニア州のアヴィラビーチ
アヴィラビーチのおすすめワインバー
をご紹介します。


2018年9月6日(木)。

私達の滞在していたピズモビーチから、北西へ20分ほど行ったところにあるアヴィラビーチ(Avila Beach)へ行ってみました。

以前ご紹介したかわいい観光ファーム『Avila Valley Barn』からさらに西に少しだけ行ったところにあります。(下記マップはGoogleマップに一部加筆したもの)

ビーチのすぐ近くに無料の駐車場があり、平日だったからかすんなり停められました。


雲一つない青空の下、人もまばらなのんびりとしたビーチの風景が広がります。

Avila Beach

遠くに桟橋が見える。

Avila Beach

ボードウォークがあり、海を近くに眺めることができます。
ビーチには少々人が いましたが、ボードウォークには誰もいなくて静か。

Avila Beach
Avila Beach

カモメの子供ものんびりと佇んでいました。

Avila Beach



ビーチフロントは小さなショッピングエリアになっていて、お土産物屋さんやレストラン、スイーツショップ、帽子屋さん・・・などなどが立ち並んでいました。

Avila Beach
Avila Beach

カラフルな案内板が青い空に映えます。

Avila Beach

全体的におしゃれで落ち着いた雰囲気のビーチシティーで、私達はこういうところが大好き。とても気に入りました。
何気ない街角の景色も素敵。

Avila Beach

ビーチ沿いのレストランを覗きながら歩き、雰囲気の良さそうなこちらのお店(下の写真の左端の白い建物)『PierFront Wine & Brew』に入ってみることに。

PierFront Wine & Brew
480 Front St, Avila Beach, CA 93424, USA

Avila Beach

細い道路を挟んでビーチがすぐそこなので、テラス席からは気持ちの良いビーチビューでした。最高のロケーション!

PierFront Wine & Brew @ Avila Beach

主人が全く飲めない私には嬉しい、グラスワインのラインナップ!(下記メニューは2018年 9月6日時点のもの)
しかも、ちょっとずつ3種類のワインが楽しめる”Wine Sampler Trio“があるぅ~(T_T) 嬉しすぎて感涙ものです。

せっかくなのでカリフォルニア産のワインから3種類選びました。どれもとても美味しかったです。

PierFront Wine & Brew @ Avila Beach

さらに!!このおつまみがパーフェクトでした!
サラミ、ハムにチーズ、クラッカーにナッツにドライフルール。最高のおつまみです。チーズもどれも美味しかったです。

PierFront Wine & Brew @ Avila Beach

PierFront Wine & Brew』 、おすすめです。
この辺りに行くことがあったら絶対にまた行きたい!!


食事の後はさっきより日が落ちてきて、ほんのり空の色がピンク色に染まってきていました。

Avila Beach
Avila Beach
Avila Beach

Avila Beach、短い滞在でしたが、小ぢんまりした落ち着いたビーチで素敵なビーチシティーでした。


次回はピズモビーチからサンタクルーズへ。
サンタクルーズの本格ギリシャ料理店でギロを食べる、編です!!

カリフォルニア・オセアノ散歩&ポキ丼ふたたび!

今回は
① カリフォルニア州・オセアノの、バードウォッチングができる気軽なトレイル
② カリフォルニア州・アロヨ・グランデのポキ丼屋さん

についてご紹介します!


2018年9月6日(木)。

この日は朝食後にスムージー手揚げポテトチップスにドーナッツ・・・と、とにかく食べてばかり・・・^^;

体を動かさないと太っちゃう・・・!
ということで、滞在していたピズモビーチ(Pismo Beach)から車ですぐ行ける、オセアノ(Oceano)のお散歩スポットを見つけました。

車で向かってみたものの、

目的の場所は道が通行止めになっていてその場所に行けず、あきらめて帰ろうとしたのですが・・・

国立公園好きな私、車から見えたカリフォルニア州立公園のマークと”VISITOR CENTER”の文字を見逃しませんでした!

Oceano Dunes District, Visitor Center
555 Pier Ave, Oceano, CA 93445, USA

Oceano Dunes District, Visitor Center

小さなビジターセンターですが、中にはちゃんとジオラマなどの展示物もありました。

実は私もこのブログ記事を書くにあたり、調べて知ったことだったのですが、このビジターセンターの名前にもなっている“dune”は砂丘、砂山という意味で、砂山の景色が有名だったみたい・・・(見てないけど^^;)

だから展示のパネルに砂山の写真がいっぱいあったんだ、と後から気が付きました。

Oceano Dunes District, Visitor Center

ビジターセンターには、私が見かけただけでも3人もレンジャーさんがいて、受付にいた優しいおじいちゃんのレンジャーさんにおすすめの散歩コースがあるかを聞いてみました。
すると、ラグーン・トレイル (Lagoon Trail)という、lagoon=小さな沼の周りを一周するトレイルを薦めてくれました。(下記、Googleマップより)

ラグーンのサイズは上のマップに掲載されている部分で縦が600メートルちょっとくらい。平坦で歩きやすいトレイルなのでお子様でも大丈夫です。(うちは大人二人だけど)


ということで、さっそくトレッキング開始!

Lagoon Trail @ Oceano

平和そうに泳ぐカモちゃんたち。

Lagoon Trail @ Oceano

集うカモちゃんたち。

Lagoon Trail @ Oceano

アオサギ。

Lagoon Trail @ Oceano

カリフォルニア ジリスちゃんもいました。両手で何かを持って食べてます!

Lagoon Trail @ Oceano

「ん?何?」と、リスの動きが一瞬止まる。食事タイムを邪魔してごめん・・・

Lagoon Trail @ Oceano

こんな風にもしゃもしゃした草が両脇にあるトレイルをラグーンに沿って歩きます。

Lagoon Trail @ Oceano

低木だけど木々に覆われていて、なかなかラグーンが見えない。

Lagoon Trail @ Oceano

Lesser Goldfinch(スズメの仲間)かなあ??はっきり分からない。

Lagoon Trail @ Oceano

この子もスズメっぽいけど・・・??誰ちゃんかしら?

Lagoon Trail @ Oceano

Black Phoebeか??ネットで調べるも確証持てず・・・

Lagoon Trail @ Oceano

こちらは子供のオスプレイ。ママの帰りを待っているようで、しきりに鳴いている姿がかわいかったです。

Lagoon Trail @ Oceano

やっとラグーンの南側の方に来たら、ラグーンの開けた景色が撮れました。

Lagoon Trail @ Oceano

最後に出会った一羽。頭周りの羽毛がボサボサしていてかわいいが、何鳥か不明・・・( ̄▽ ̄)

Lagoon Trail @ Oceano

帰りにFive Cities Centerというショッピングエリアの一角にあるスタバへ行ってみました。(Googleマップより)

Starbucks @ Five Cities Center

スタバのレジのお兄さんに、「どこから来たの?」と聞かれたので「Tokyo.」と答えると、「東京ってこんな狭い(手を広げて)ところで地価がすごく高いんでしょ^^?」と言われました。
銀座の鳩居堂前とかのことかな?お店の人もフレンドリーで優しい人が多いです。

Starbucks @ Five Cities Center

まだまだ日が高かったので、このあと私達はアヴィラビーチというところへ行ったのですが、このスタバに行ったときに目を付けていたのが、スタバのお隣のお店『poke morro』。

poke morro
922 Rancho Pkwy, Arroyo Grande, CA 93420, USA

poke morro & Starbucks @ Five Cities Center

アヴィラビーチ(次回の記事でご紹介します)に行った後、主人が食べたいと言って、結局このpoke morroに戻ってきてポキを買いました。

poke morro

メニューがこちら。
ちょっと前にご紹介したポキ丼のお店とポキ丼のオーダー方法とほとんど同じです。

poke morro

イートインもできますが、お持ち帰りしてホテルでいただきました。
こちらのポキも美味しい!枝豆トッピングが良いです♪
ゴマとフライドオニオンがふりかけられています。

poke morro

日本食系が恋しくなったらポキ丼が手軽で安くて美味しくて便利!おすすめです。


次回はアヴィラビーチとビーチ沿いのレストランでワイン編、です!

カリフォルニア・ピズモビーチ・手揚げポテトチップス屋さん!

今回は、アメリカカリフォルニア州・ピズモビーチ (Pismo Beach)の

① ピズモビーチ で1番人気のドーナッツ屋さん
② 手揚げで揚げたてが美味しい! ピズモビーチのポテトチップス屋さん
③ ピズモビーチの風景


についてご紹介します!


2018年9月6日(木)。

かわいいテラスのカフェに行ってからまだ大した時間も経ってないというのに、また食べる私達・・・^^;

向かったのは、事前にネットでチェックしていてアメリカのグルメサイトで
ピズモビーチでナンバー1の評価のドーナッツ屋さん、『Surfside Donuts and Coffee (サーフサイド ドーナッツ アンド コーヒー)』。

Surfside Donuts and Coffee
603 Dolliver St, Pismo Beach, CA 93449, USA

Surfside Donuts and Coffee

アメリカらしいカラフルでポップな看板がかわいい。

店内にもピンクの壁に同じクリエイターさんと思われる絵が飾られて、かわいいです。

Surfside Donuts and Coffee
Surfside Donuts and Coffee

主人は手の形をしたユニークなドーナッツ、”SHAKA“、

Surfside Donuts and Coffee

私は下の写真左端に写っている “Salty Caramel“を買い、ホテルへ持ち帰りにしました。

Surfside Donuts and Coffee




その足でお次に立ち寄ったのは、こちらも事前にネットで見つけていて、絶対に行きたい!!!と決めていた手揚げポテトチップス屋さん、
『Chipwrecked(チップレックト)』

Chipwrecked
246 Pomeroy Ave, Pismo Beach, CA 93449, USA

Chipwrecked

店内に入ると、注文カウンターの周りにメニューがあれこれと貼られていました。
何を食べよう~♪!?とワクワク。

Chipwrecked

メニューによると、サイズがS、M、Lの3種類。
Sサイズで1-2人前と書かれていたので、二人でそれぞれ好きなものを一つずつオーダーしよう、ということになりました。

Chipwrecked

ちなみに店名の”Chipwrecked”の “wreck”とは、英語で「船が難破する」とか「難破船」の意味なので、レジのところに船の置物があったり、メニュー名に船の名前がついていたり(朝日丸とか、USS Independenceとか・・・)と、船にちなんだ演出になっていました。

Menu @ Chipwrecked

そんなわけで手作りディップも、メニューでは”Tagboats(タグボート)”の欄になっていました^^

ディップもfreshだそうですよ!!
しかも、
チーズケーキ
ブラウニーバター
ビール&チェダー

・・・などなど、何やらユニークで美味しそうなディップが色々~!!!

Menu @ cked

お店の人におすすめディップを聞いたりしながら、二人でそれぞれ好きなものをオーダー。
主人は、パルメザンチーズ・パセリ・ニンニクのチップス+フレンチオニオン ディップ
私は、パルメザンチーズ・バジルのチップス+Ranchディップ
にしました。

すると・・・注文を聞いてから手揚げしてくれました!

そして、揚げたてをボウルに入れ、パルメザンチーズやバジルを和えてくれるのです~♪

Chipwrecked

店内には2テーブル(だったと思う)ほど小さな食べるスペースもありますが(タトゥーがっつりの強面のパパの三人家族がいたため、撮影を断念・・・)、私達はホテルが近かったので熱々の揚げたてをつまみ食いしながらいそいそとホテルへダッシュで帰り、ホテルの部屋のバルコニーで食べました。

こちらがオーダーしたポテトチップスたち~!
左: 私のパルメザンチーズ・バジルのチップス+Ranchディップ
右: 主人の パルメザンチーズ・パセリ・ニンニクのチップス+フレンチオニオン ディップ

Homemade Chips and Dips from Chipwrecked

ポテトは厚切りでザクッ、パリッ!!という食べ応えのある食感。
主人のはかなりガッツリにんにくが効いていました。
フレッシュ感あふれる揚げたてで本当に美味しかったです!
美味しくて手が止まらなくて、チップを手にとってはディップに付けて口に運ぶ・・・という動作を無心になって繰り返したくらい。

念願かなって、アメリカらしいグルメ、揚げたてポテチ+ディップを味わえて幸せでした。


ところで、この記事で一番最初にご紹介した、アメリカのグルメサイトでピズモビーチでナンバー1の評価のドーナッツ屋さん、
『Surfside Donuts and Coffee (サーフサイド ドーナッツ アンド コーヒー)』 のドーナッツ。チップスの後に食べましたが、そんなに美味しいとは思えなかった・・・( ̄▽ ̄)

ザ・アメリカの昔ながらのドーナッツ!という感じで、食べた瞬間虫歯になりそうな甘さで(笑)、グレーズの甘さが濃すぎ、塩気もありすぎで日本人の口には合わないかなぁ・・・という感想でした。
でも、こういうお味がやっぱりアメリカでは人気なんですね!



ちなみに、

● 前回ご紹介したかわいいカフェ、『Honeymoon Cafe』
● ドーナッツ屋さんの『Surfside Donuts and Coffee』
● 手揚げポテトチップス屋さんの『Chipwrecked』
● 宿泊していた、かわいいビーチフロントホテル『Inn at the Pier』

すべて徒歩圏内です!



食後はピズモビーチをお散歩。

Pismo Beach in California

このブログで何度も書いていますが、町のたたずまいが、どこを切り取ってもレトロアメリカンで本当に渋かっこいいです。

Pismo Beach in California

下の写真の右側に写っている白い建物が、私達の宿泊していたホテル
Inn at the Pier』です。(それについての記事はこちらからどうぞ)

Pismo Beach in California
Pismo Beach in California

ビーチにはボードウォークもあり、砂浜の真上を歩くことができます。

砂浜だけでなくアスファルトの上も子カモメちゃんが。
元気に育つんだよ~!

Pismo Beach in California

次回はカリフォルニア・ サンルイスオビスポ郡Oceano (オセアノ) 散歩編です!

カリフォルニア・ピズモビーチ・カラフルでキュートなカフェ♪

今回は、アメリカ、カリフォルニア州ピズモビーチの地元女性から教えてもらった
テラス席もある、かわいいカフェ
についてご紹介します!



・・・とその前に我々のこの日の朝食について。

2018年9月6日(木)。

この日の朝食は前日に、アメリカに行ったら私がほぼ必ず行く、大好きなスーパーTrader Joe’s (トレーダー ジョーズ)』で買ってきたものたち。
(Trader Joe’s についての記事はこちらからどうぞ)

アメリカに住んでいた時はここのブリオッシュをよく買っていたのですが、見当たらなかったので代わりにミルクロール、クリームチーズ、昔よく買っていた思い出のオレンジジュースにヨーグルト。

トレーダージョーズはやっぱりパッケージがかわいい・・・

朝食後はピズモビーチ (Pismo Beach) の小ぢんまりとしたダウンタウンのお散歩へ。



ひと歩きした後は、旅の前から行きたいとチェックしていたカフェで、初日にとんかちで豪快にカニを食べたシーフードレストラン(その時の記事はこちら)の店員女性もすすめてくれたカフェ、『Honeymoon Cafe (ハネムーンカフェ)』へ行ってみました。

Honeymoon Cafe
999 Price St, Pismo Beach, CA 93449, USA

Honeymoon Cafe

ビタミンカラーのオレンジがキュートで、たくさんのグリーンが取り入れられていてとってもかわいいカフェです!

テラス席があるというのも、われわれテラス好き夫婦には嬉しいポイント!!!


カフェというから、コーヒーでも飲もうかな・・・と思ったのですが、メニューを一見したところ、どうやらスムージーがおすすめドリンクのように見受けたのでスムージーをオーダーしてみました。

Honeymoon Cafe

ソフトドリンクのほかにも、カリフォルニアのブリュワリーのビールやミモザなどのアルコールメニューもあるので、テラス席で昼飲みもできちゃいます!
(今思えば、私もやれば良かった・・・)

Honeymoon Cafe

店内のインテリアもとっても可愛くて、元気になれるような色合い。

Honeymoon Cafe

でもやっぱり私達はテラス席へ!
(自称テラスバカ夫婦←それ位テラス席が大好き^^;)

Honeymoon Cafe

左のスムージーは私のオーダーした『Super Berry』。
ほうれん草、チアシード、アーモンドミルク、フローズンドミックスベリー、バナナ、デーツが入っています。美容に良さそう!しかもベリーの風味が効いててバナナで程よい甘みがあり、美味しかったですよ。

右のスムージーは主人のオーダーした『Maple Mud Slide』。 バナナ、ほうれん草、カカオ、ピーナッツバター、コーヒー、アーモンドミルク、メープルシロップが入っています!日本だとなかなか無いようなすごい組み合わせですよね@@
ですが、主人のを味見してビックリ!
これら、一見バラバラに思える素材のお味が見事にまとまっていて美味しい!!!

Smoothy @ Honeymoon Cafe

オリジナリティーあふれるスムージーが飲める、かわいいカフェ『Honeymoon Cafe』、おすすめですよ!

カリフォルニア・ピズモビーチ・カスタマイズで自分好みのポキ丼を作る!

今回は、アメリカ、カリフォルニア州ピズモビーチの
カスタマイズできる美味しいポキ丼のお店
についてご紹介します!

****************************************************
余談ですが、旅行記のアップデートが溜まりに溜まってまだこのブログ記事は昨年の夏の話・・・この後の旅行記ではカリフォルニアのピズモビーチに続いて、アヴィラビーチ、サンタクルーズ、日本の石垣島、マレーシア、ベトナム、そして本日旅から戻ってきたアメリカのロッキーマウンテンについてご紹介予定です^^;
(これまでは日曜の週1のみのアップでしたが、アップデートの頻度を上げる予定です ε=┌( ^o^ ) ┘ )
****************************************************




2018年9月5日(水)。

旅で海外滞在日数が増してくると、ご飯派である私達はご飯ものが恋しくなってきます。
そんな時にありがたいのが、カリフォルニアではよく見かけるポキ丼のお店です。

ピズモビーチでもポキ丼のお店を見かけたので、入ってみることにしました。

★ Shin’s Poke
361 Pomeroy Ave, Pismo Beach, CA 93449, USA

Shin’s Poke

下の写真のように、すでに組み合わせが決まっているお店のおすすめメニューもありますが、

Shin’s Poke Menu (2018年9月5日時点)

せっかくなら自分でカスタマイズするのがおすすめです!

お店にはカスタマイズの仕方もちゃんと表示されている場合が多く、このお店にもカスタマイズ方法の説明がありました。
こちらのお店は下記の要領でポキ丼を作っていきます。

Shin’s Poke Menu (2018年9月5日時点)

Step 1: サイズを選ぶ
もちろん私たちはレギュラーサイズ(笑)

Step 2: ベースを選ぶ
ごはんが食べたい私達は白米をセレクト。そのほかにブラウンライスやサラダ、トルティーヤ、ブリトーなんかも選べます

Step 3: 具材(”プロテイン”)を選ぶ
まぐろ、サーモン、チキン胸肉から具材を選ぶ
(もちろん複数の組み合わせや全部!というのも可能)

Step 4: トッピングを選ぶ
こちらのお店ではショーケースに具材があるので、それを見ながらトッピングを選びます。
私が今まで行ったポキ丼のお店の多くは、お店のショーケースでトッピングが見れるので、指さしオーダーも可能ですよ。

Step 5: ソースを選ぶ
上の写真にあるよう、お店オリジナルのソースから、ポン酢、ゆず、テリヤキ、ハラペーニョまで!ソースも17種類と豊富にあります。
*上記、メニュー情報については2018年9月5日時点のものです

夫婦でそれぞれカスタマイズしてできたポキ丼がこちら!
左は私の、右は主人のポキ丼です。

うちの夫婦は好きなものが似ているので、数多くトッピングがあっても、結局はいつも二人で似たような仕上がりになってしまい・・・^^;、あまり二人の間の仕上がりに差が出ていないのですが、主人のにはマンゴーが入っています。

Shin’s Poki

私のポキ丼ですが、
具はマグロとサーモンをハーフ&ハーフにしてもらい、トッピングはトマト、スライスオニオン、きゅうり、海藻。
最後に上からフライドオニオンとゴマを自分でふりかけました。

とっても美味しく仕上がって大満足。

お店の店員さん達もとても感じが良くて、「ピズモビーチの後はどこか行くの?」と聞かれたので、「サンタクルーズに行く予定」と答えたら、「Cool!ショッピングが楽しめるね」と言われました。

私達は持ち帰りにしましたが、イートインスペース(下写真)もあるので便利ですよ!

Shin’s Poki

Shin’s Poki 、おすすめです!



ここでなくてもポキ丼屋さんは見かけるので、ぜひ訪れて カスタマイズして自分だけのオリジナルポキ丼作りにチャレンジしてみて下さい!
日本人にとって嬉しいご飯ものでありながら、アメリカらしさも味わえますよ~






カリフォルニア・ピズモビーチ『世界で一番おいしいクラムチャウダー』!?

今回はアメリカ、カリフォルニア州、ピズモビーチにあるクラムチャウダーの名店についてご紹介します。(ピズモビーチの場所についてはこちらの記事をどうぞ♪)



2018年9月5日(水)。

朝食に美味しいクレープを食べた後(クレープ屋さんについてはこちらの記事をどうぞ♪)、ランチタイムは次なるグルメを求めて、 『Splash Cafe』へ。

Splash Cafe
197 Pomeroy Ave, Pismo Beach, CA 93449, USA

Splash Cafe

旅行前からあらかじめ美味しいお店を調べていてこのお店を見つけ、
ビーチシティーにぴったりの、かわいらしい壁のイラストが気になっていたんです!
実物を目の当たりにしてうれしくなりました。

この『Splash Cafe』は、クラムチャウダーの超有名店なんです。


Travel Watch (http://www.travel-watch.com/)というサイトには、
世界で一番おいしいクラムチャウダー“と称され、

カリフォルニアの情報サイト caliorniahome (https://www.californiahome.me/)でもクラムチャウダー通の筆者が今まで食べた中で一番おいしいクラムチャウダーと紹介しています。

入り口ではサーファーのお兄さんのイラストがお出迎え。
サーフボードにメニューが書かれています。

Splash Cafe

平日の早めのランチに行ったので空いていましたが、私がネットで見ていたこのお店の写真では、お店の周囲にひとがぐるりと並ぶくらい行列する大人気店です。


下の写真は店内にあるメニューです。

Menu @ Splash Cafe

私達は
Chowder and Chili w/Cup (クラムチャウダー)、
Grilled Ahi Tuna Tacos (キハダマグロのタコス)

をオーダーしました。
ちなみに、レジのお姉さんは不愛想でした・・・。

それはさておき、評判に違わずクラムチャウダーはガーリックが効いた濃厚な味付けで具がたっぷりと入り、とっても美味しかったです。
私の人生ナンバー1クラムチャウダーはマサチューセッツ州のケープコッドで食べたクラムチャウダーだったのですが、ここのも本当に美味しくて甲乙つけがたいです!

Clam Chowder (left) and Grilled Ahi Tuna Tacos (right) @ Splash Cafe

クラムチャウダーはパン入りのものもありましたよ。



さて、今回の記事の後半はピズモビーチの風景をご紹介したいと思います。カリフォルニアの観光サイト”California dream big”にも「ヴィンテージ・タウン」と言われているように、レトロな街並みがなんとも渋くてカッコいい町なんです。

Pismo Beach
Pismo Beach


なんだか1970-1980年代のアメリカのよう。(知っているわけではないので勝手な私のイメージですが)

Pismo Beach

カリフォルニアのビーチシティーはあちこち(マンハッタンビーチ、レドンドビーチ、ラグナビーチ、ニューポートビーチ、ラ・ホーヤなど・・・)訪れたことのある私達ですが、独特のレトロな雰囲気が味わい深い魅力的な景色でした。

Pismo Beach
Pismo Beach

次回はピズモビーチから車ですぐ近くの『シェルビーチ』の絶景スポットについてご紹介します。