小豆島旅19・高松のおしゃれカフェめぐり

2021年9月の香川県小豆島旅↓の続きです。

今回は、香川県高松市のおしゃれカフェ2軒をご紹介します!

2021年9月25日(金)。
【リーガロイヤルゼスト高松】に宿泊していた私達夫婦は、素泊まりプランだったため、朝からオープンしていて軽い朝食を食べられるカフェへ。

★ Lima Coffee
香川県高松市瓦町2丁目12−6
瓦町の駅の近くでした。


神戸のコーヒーロースターが発祥で、高松にも支店を作ったようです。
ガラスが反射しちゃってて、全然写っていないんですがお店の窓からは焙煎機が見えていました。

世界各国の農園からセレクトしたコーヒー豆が約10種類。フルシティーローストを中心にオリジナルで焙煎しているとのこと。

朝9時の開店に合わせて行ったので、空いていました。
店内の様子。


モダンスタイリッシュな店内は、コーヒーショップにしては十分に席の間が空いていて、落ち着ける空間でした。


トーストと共に美味しいコーヒーを頂き、コーヒーが期待通りとっても美味しくて満足でした!

この日のランチは大・大人気のうどん屋さんに早めの時間から並ぶ予定でいたので、
朝食の量がこれぐらいでぴったり!

素晴らしく美味しかったうどん屋さんの話は次回の記事でご紹介するとして、
次にご紹介するお店は、瀬戸内海を望むおしゃれでレトロな倉庫街「北浜alley」というエリアにある素敵なカフェです。

「北浜アリー」って響きが、なんだか「CanCam」の人気モデルみたい(笑)

「北浜alley」 は、ギャラリーやレストラン、カフェ、雑貨屋さん…などなどが立ち並んでいます。

「北浜alley」 一帯は、やたらオシャレでいい感じでした。

若い女子ウケしそうな、映えるエリアです。アラフィフでさえ嬉しくなるけど、
自分の写る写真を撮らないところが、若い女子とは違うかも( ̄▽ ̄)


ぶらぶら歩いて気になったこちらのカフェへ。

★ cafestyle HAZUKI
香川県高松市北浜町12−7


緑いっぱいの入口からして期待が高まるぅ~!お花屋さんが経営している、お花屋さん併設のカフェです。


中に入ると、お花の緑と天井が高くてウッディな空間が素敵でびっくり。

昭和初期に建てられた穀物倉庫をレノベーションしたお店だそうです。

カフェスペースは1階のみならず2階も利用できて、2階はコの字型に吹き抜けの天井の下にお席のスペースがありました。


私達はここがこの旅の最後の目的地だったので、時間調整もかねてこちらのソファー席でゆっくりと過ごしました。


メニュー。和洋のスイーツが充実しています!


主人のパフェ。「自家製ほうじ茶アイスのパフェ」だったと思う…。


私は、 「自家製ほうじ茶アイスと季節のフルーツパフェ」。


想像をはるかに上回るフルーツの量にびっくり!

こんなに贅沢にフレッシュフルーツが載っているとは思いませんでした。
隠れて見えないけどほうじ茶アイスも下にありました。

ブロガーあるあるかと思うのですが(!?)
私も主人と同じパフェをオーダーしたかったけど、ブログに載せるなら同じの2つじゃつまらない…、と思ってフルーツまで付いているのをオーダーしんです…
そしたら、フルーツが予想以上にもりもりでびっくり…
そして食べ過ぎた…orz_

ちなみに私達夫婦って食の好みが驚くほど似ていて、おかげで普段はお互いの作るお料理を味つけで揉めることなく食べられるからいいんですが、旅の時にブログに載せたいからバラエティ豊かにオーダーしたいとき、食べたいお料理が被るとつまんないんですよね( 一一)

この前も京都のホテルの朝食ビュッフェで、たくさんお料理がある中、ビュッフェで持ってきたお料理がほとんど全部一緒だった時は、あまりの一致ぶりに嬉しさもあったけど、それと同時に怖いくらいでしたΣ(・ω・ノ)ノ!

話は大いにそれましたが、とっても素敵なカフェでスイーツも充実しているのでおすすめですよ。

次回は、高松グルメ最終編、大人気うどん店のお話です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です