小豆島旅3・高速艇で高松から小豆島へ!

2021年9月の香川県小豆島旅↓の続きです。

2021年9月23日(水、祝日)。

大急ぎでさぬきうどんランチを食べ終え、再び高松港の客船乗り場へ。


無事に高松~小豆島(土庄)行きフェリーのチケット を購入できました!

私達が買ったのは、高松発・小豆島(土庄)行きの高速艇のチケットで、小豆島までの所要時間は約35分です。


乗船までに時間があったので、事前にガイドブックで見て写真を撮りたいと思っていたこちらの作品を間近で見てみることに。近くにいる人と比べるとその大きさが分かると思います。


大巻伸嗣氏の作品「Liminal Air -core-」
柱の間に車がなければもっと良かったんだけどなぁ… ^^;


就航船は「スーパーマリン」 「オリーブマリン」の2隻があるらしいのですが、私達の船は…


オリーブの実をイメージしたゆるキャラ が描かれた「オリーブマリン」号でした。


いざ乗船~♪


シートもオリーブをイメージしてなのかグリーンでした^^


特等席に座っているこの子は…!?

首から下げている札には、
「オリーブしまちゃん 本日はオリーブマリン乗務員です ※いつでも座席はゆず」以降の文字が紙が写真に写ってなくて読み取れなかった^^;
きっと「※いつでも座席はゆずります」だと思います。
(「ゆずりません( ̄▽ ̄)。絶対に。」とかだったらコワい( ̄▽ ̄)

この日は空いていたので、オリーブしまちゃんは、床に追いやられることなく、ずっとこの席に鎮座していました。

約35分、22キロの船旅です。
主人は早々に寝てしまい、私はのんびりと窓の外の瀬戸内の美しい風景を眺めて過ごしました。

途中ですれ違った 「スーパーマリン」 号。あちらの船体にはオリーブしまちゃんが描かれていました^^


下船してついに小豆島に上陸!


気持ちの良い晴天の小豆島。
さっそく小豆島 ・土庄港のシンボルともいえるアート作品、チェ・ジョンファ氏の作品、「太陽の贈り物」

オリーブの冠を模った作品で、土庄町にある5つの小学校の子ども達が書いた「海へのメッセージ」が刻まれています。

青空の下、オリーブの冠が美しく輝いていて、青い空、青い海とのコントラストが美しかったです。
旅の始まりにこんな素敵な風景を見れて良いスタートが切れました。

次回の小豆島観光編に続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です