【富士山温泉ホテル鐘山園】徹底紹介1・館内施設編…山梨旅3

山梨旅2・アンティークショップの営む素敵カフェ【アンティーク茶房 里庵】」の続きです。

今回から数回にわたり、山梨県富士吉田市にある、富士山を望む庭園にお風呂、素晴らしい日本庭園で有名な【庭園と感動の宿 富士山温泉ホテル鐘山苑】についてご紹介します。

この記事でご紹介するホテルラウンジは、宿泊者以外の方もご利用可能です。
日本庭園を見渡せる素敵なラウンジですので、ご興味のある方はラウンジ利用だけでもいかがでしょうか。
>>ホテル公式HP

2020年11月27日(金)。 【アンティーク茶房 里庵】を出てこの日のホテルへと移動しました。

★ 庭園と感動の宿 富士山温泉ホテル鐘山苑
山梨県富士吉田市上吉田東9-1-18
※ホテル施設についての最新情報は公式HPでご確認下さい

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑

上の写真は正面玄関からの外観です。
ホテルは1971年創業で、外観は昭和の建物、といった風情ですが、客室やお風呂などの施設は適宜リノベーションされているようで、建物内に入ると老朽化しているという印象はまったく受けませんでした。(客室については次回ご紹介します)

もともと大変人気のお宿ですが、GoToだったこともあり、予約時には空き室が2室しかなく、最後の2室をぎりぎり予約できました。

こちらは、庭園(次回以降に詳しくご紹介予定)側から見たホテルの外観です。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


ホテル内に入ると、広いロビーが目に入ってきます。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


ロビーの一番奥にはたくさんの太鼓が。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


これらの太鼓は、夜の太鼓ショーに使われるもので、私達もみんなで(母、主人と 主人の両親)楽しく観覧しました。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


11月下旬だったので、クリスマスツリーも飾られていました。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


ここはお夜食処【粋酔】と 貸し切り宴会場のエリアです。ただ、コロナ禍で来訪時は夜食処はクローズしており、宴会をしているグループ客もいないようで、この辺りは夜も静かでした。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑

写真はありませんが、カラオケルーム、カラオケスナックもあるそうです。ただし、コロナで当面営業を休止しているようです。


お土産物屋さんも広々としています。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


写真正面奥はラウンジです。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


ラウンジは昼間はカフェ、夜はバーになっていました(いずれも有料です)。ホテルの庭園ビューで居心地の良いラウンジです。(夜にバー利用もしたので、また次回以降の記事でご紹介します)

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


チェックイン時に、庭園茶室【清流庵】で15時~18時の間、お抹茶と和菓子の無料サービスのチケットをいただいたので、母と部屋に荷物を置いたあと、行ってみることに。

ホテルの本館から、渡り廊下が茶室まで続いています。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑
Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


こちらは庭園散策時に庭園から見た茶室 【清流庵】 の様子です。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


茶室の入り口には、和の雑貨屋さんが入っています。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


茶室は一時満席状態でしたが、ちょうど人がいなくなった隙に急いで撮影!

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


茶室の大きな窓からは庭園を流れる清流を眺められます。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


和菓子とお抹茶を素敵な空間でいただきます。
まるで紅葉の落ち葉が 清流にゆったりと流れゆくような美しいお菓子でした。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑


お風呂は、写真の【大浴場 赤富士】(内湯と露天風呂)と【露天風呂 富士山】との2種があり、お風呂からの富士山の眺めは最高です!どちらのお風呂からもビックリするくらい大きな富士山が眺められますよ!

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑

宿泊客が多くてお風呂内の撮影はありません…。

こちらは湯上り処。

Hotel KANEYAMAEN / ホテル鐘山苑

こちらのホテル、「庭園と感動の宿 富士山温泉ホテル鐘山苑」というだけあって、ホテルを象徴する庭園がとっても立派です。
客室や庭園については、次回以降の記事でご紹介していきますね!

親孝行旅行・河口湖☆その3

2008年10月10日。

北原ミュージアムを後にし、レンタカーを返して、河口湖温泉旅館「うぶや」へと迎えの車で到着!

ここのホテルはサービスが行き届いていて大変満足でした。

まず、チェックイン時も旅館の受付で立ってする必要が無く、受付の前にあるラウンジスペースで待つように言われ、待っているとあちらからチェックインに必要な物をもって来てくれ、座ったままのチェックインが可能です。

チェックインを終えるとお抹茶と干し柿でおもてなし。おいしい・・・、しかもこのおもてなしに満足^^



さて、旅館のお部屋へと移動。

この旅館は全室から富士山&河口湖が見えるのです。
お部屋は和室10畳+4.5畳+廊下部分が約5畳、そして広い玄関、ととても広々。

部屋にはちょっとしたお茶用のシンクや↓

洗面台も2つあり↓

また、ホテルの部屋では乾燥がお肌や喉につらいですが、空気清浄機+除湿機が備え付け。

なかなか設備も行き届いているし、掃除もきちんとされていてお部屋にはとっても満足。

洗面台2つって海外ではよくあるけれど、日本って意外と無いのでは?女性2人で行った時など、とてもうれしいですよね^^

富士山が旅館の露天風呂からも良く見える、ということで、母とくつろぐのもそこそこにお風呂へ!

広い内風呂に露天、各ジャグジー付きで寝湯やハーブサウナもありました!

お風呂からの眺めは最高\(^▽^)/☆*:・°

ここの旅館の名前「うぶや」は産ヶ屋崎(うぶがやさき)のすぐ近くにあり、逆さ富士の見えるロケーションなのです。なのでお風呂からの景色は絶景!

素晴らしい風景を眺めながら、温泉を堪能しました~♡



さて、今回の宿泊は密かに「記念日プラン」というものにしておきました。というのも今月10月9と15日がそれぞれ、母と父のお誕生日だから。

記念日プランだとお花かケーキが選択出来たのでお花を前もって選んでいました。

すると、お食事の時にお花と、ホテルのサービスでワインを持ってきてくれました☆*:・°

両親とても感動して喜んでくれ、お金はかかったけど^^;良い親孝行ができてよかったなぁ~としみじみ思いました。


お料理は「量控えめ、お刺身アップ」というので予約しましたが、どれも結構おいしくいただけました。

フカひれ茶碗蒸し↓(美肌に良さそう♡ 茶碗蒸し、苦手なんだけど、食べちゃったわ!)

松茸入りのお吸い物↓

その他ステーキなど、もろもろ。

最後にあんみつ、というのが女性にはうれしい(✿ฺ^-^ ) 


両親は完食し、私には少し量が多く感じられたので残しました。
しかし、母は「後でラーメンを食べに行きたい」だってΣ(゚Д゚;)ノ 
さすがにそれは断りました・・・^^;A

久々に親子水入らずで温泉とおいしいお料理を楽しめて、この旅館を選んで良かった♥
満足!

~つづく~

親孝行旅行・河口湖☆その2

さて、1日目、2008年10月10日のおやつタイム。

お昼を食べた「不動」というほうとう屋さんで、「河口湖木ノ花美術館」の無料券を貰いました。

で、こうゆう女性向けミュージアムならきっとカフェスペースが快適かな、と思いカフェを利用しに訪れました。

「河口湖木ノ花美術館」は、池田あきこさんの作品を展示するミュージアムです。

このダヤンという猫ちゃん、見かけたことありませんか??
(下の写真は 「河口湖木ノ花美術館」 で撮影

好みの分かれる絵とは思いますが^^;、一応タダだったので、作品を皆で鑑賞しカフェへ。

私はカフェモカ、母はケーキの盛り合わせ、父はブレンドコーヒーをオーダー。

ケーキは母のを味見しましたが、う~ん^^;かなりイマイチなお味ですね・・・。

ただ予想通り、喫茶スペースは快適ですので飲み物を飲むだけならばおすすめかも。

カフェのあとは、以前友達とここで買っておいしかったのでミュージアムのすぐ近くにある和菓子屋さん「金多留満」へ。
(ここの和菓子については後日、紹介しますね!)

母は甘い物が大好きなので、イキイキしながら和菓子を色々と購入していました。

次に私が運転して訪れたのが、まだ今年に出来たばかりの「河口湖・北原ミュージアム Happy Days」。

ここは、父が思いのほか大興奮で、車好きの父は懐かしの車をかたどったミニカーや車のポスターを「おお!お父さんはこれに乗ったことがあるぞ!」とか言いながらとっても喜んでいました。

このミュージアム「何でも鑑定団」でお馴染みの北原照久さんのおもちゃやポスター、生活用品などコレクションを展示しています。

↓昔のミッキーのぬいぐるみなど。

↓昔のペコちゃん。ややコワっΣ(゚Д゚;)ノ

丁度、両親が懐かしい!と思う昭和10~40年代の展示品が多く、二人とも「これ知ってるぅ~~♪」とか「これで遊んだ!」などと言いながら興奮していました。

こんなに喜んでくれるとは予想外で、連れていって良かった!


~つづく~

親孝行旅行・河口湖☆その1

海外で生活をしてしまうと、海外ギライな父は絶対にアメリカに来てくれないし、それどころか国外脱出は一切イヤなので、親との旅行がなかなかできないなぁ~、考えた私。

就職してしばらくたってから、大体年に1回位のペースで親を国内旅行に連れて行っていたので、今年も連れて行くことにしました。

父は頚椎が悪いため、東京近郊の温泉地を選び、今回は河口湖温泉へ行きました!



2008年10月10日(金)

河口湖の駅に11時前に着き、まずは駅前のほうとう屋さん「不動」でほうとうを食べました。

その上、写真は食べる前のものなので写っていませんが、中には豚肉、沢山の野菜などの具がどっさり。もちろん、ほうとうでお約束のかぼちゃも大きなカットでたっぷりと入っていました^^

ほうとうはすっごくコシがあって、ボリューム満点☆
あまりに量が多いため、私だけ残したくらいです^^;


ほうとうで腹ごしらえをして、レンタカー屋さんへ移動。まずは父の運転で「カチカチ山ロープウェイ」へと向いました。

ロープウェイに乗ってカチカチ山の山頂へ。

カチカチ山は太宰治の「かちかち山」の話の舞台となっているところです。

ですので、こんなオブジェがあります^^
(下の写真は2008年当時・カチカチ山ロープウェイHPより)

山頂だけあって、富士山と河口湖が見える絶好のロケーションなのですが、あいにくの曇天で(¶Д ¶〃)、山頂からの景色はイマイチ~~~!!

富士山。

河口湖 。

ああ、晴れ女のはずなのに何故にこの日は曇りなのぉ??とっても残念・・・(T■T)

↓はロープウェイを降りる前に撮った写真ですが、
ロープウェイの上にもこんなキャラがいます・゚(✪ฺ∀✪ฺ )゚・

カチカチ山の登場キャラである、うさぎとたぬきが1台ずつ運転されているんですって。ロープウェイに乗り合わせた、保育園児を連れた先生が教えてくれました^^

ロープウェイを降りたら、川口湖畔へと車で移動し、遊覧船に乗車。20分ほど湖上からの景色を楽しみました。(あっΣ(゚Д゚;)ノ、写真取り忘れてた!)


せっかくの親孝行旅行。天気がイマイチで、ちょっぴり残念でしたが、
こんな天気でも両親はとっても嬉しそうです(✿ฺ^-^✿ฺ ) 
喜んでもらえてよかった・・・。ホッ・・・(〃´o`)=3


~つづく~