クアラルンプール&ランカウイ旅☆旅程まとめ

今回は、マレーシア、クアラルンプール&ランカウイ旅の振り返り編です!

私達夫婦の
旅の概要
旅行スケジュール
をご紹介しています。

おすすめのまとめや大失敗から学んだことなど、ぜひ拾い読みでも良いのでみなさまの旅のご参考になさって下さい^^


★旅の概要

日程&場所:2019/4/29~5/5 6泊7日 クアラルンプール&ランカウイ

この旅の目的:
① ランカウイでリゾート気分を満喫し、日ごろの疲れを癒す
② 老後はマレーシアに住みたい!計画のため、日本人在住者の多い地区「モントキアラ」と「クアラルンプール日本人会」をチラ見する
③ クアラルンプールでは主にホテル周り(ブキッビンタン)メインにのんびり過ごし、ガツガツと観光はしない
④ いい感じのバーに行く

結果:(番号は上の目的に対応)
① 初日のクアラルンプールの 乗り継ぎに失敗につき、ランカウイ滞在が1日短くなったため、滞在そのものは大満足だったが、時間的に短かった点では残念だった
② モントキアラに行く前日に訪れた、クアラルンプールのアロー通り付近の物乞い達にショックを受け、住みたいという気持ちがかなり減少した
リッツカールトンでアフタヌーンティーを楽しむなど、のんびりできた
④ ランカウイ・クアラルンプール共に、大満足のバーに行けた。(詳細は下記の記事でご案内しています)

旅で学んだこと:
乗り継ぎ時間は、常に3時間以上の余裕を持つことが望ましいと痛感した。また、今回の乗り継ぎ失敗は、事前に空港のHPを見れば乗り継ぎ時間目安が書いてあった。今後は乗り継ぎ空港のHPなどもチェックする必要あり。
(しかし、来月末に予定しているセブ島旅行では、便数の関係でどうしても乗り継ぎがまたしてもちょっとギリギリになる予定^^;)
✓ 日本人地区にある日本人向けスーパーでは、一般に言われているように日本の物価の1/3ではなく、それより少々割高感があった。新鮮で安く野菜などを買うには、ローカル向けの店舗の利用の必要あり。
✓ 日本人会はサークル数が豊富だった。老後、新しい仲間や趣味との出会いが期待できる。
✓ 外出先で突然の下痢に見舞われ、トイレットペーパーが無い、または十分に得られない危機(!)の経験から考えると、1人につき5個以上のポケットティッシュを携帯することが望ましい。


★旅のスケジュール

■1日目 : 2019年4月29日(月)<クアラルンプール泊>

羽田発JAL>>クアラルンプールに17:00くらいに着

エアアジアに乗り継ぎ、ランカウイ島へ行く・・・
はすが!乗り継ぎに失敗し
急遽、クアラルンプールの空港でスマホからウェブ予約したホテル、
チューンホテル KLIA2】に宿泊( ̄▽ ̄)
>> でも急遽見つけた割に、このホテルが空港から歩いてすぐの上、 1泊朝食付き2人で9000円とリーズナブルなのに良かった!!

Tune Hotel KLIA2

———————————————————————————————

■ 2日目 : 2019年4月30日(火)平成最後の日!<ランカウイ泊>

朝食 @ ホテルのビュッフェ

9:25 クアラルンプール発エアアジア便 >> 10:30頃 ランカウイ着
タクシーでホテル、メリタス ペランギ ビーチ リゾート & スパ ランカウイへ。
>>ホテルは空港からも比較的近く、南国ムード満点でとてもおすすめ。

ランチ @【オーキッド リア シーフード レストラン
>> 「タイガープローン(海老)のスペシャル風味」が美味しい!

昼飲み @ ホテル内のレストラン&バー『Cba
>>  海を眺めながらのカクテル♪最高のロケーション!

↓ 徒歩

ディナー @ 【ザ・クリフ・ランカウイ
>> 崖っぷちに立つレストランは、海がすぐそこ!バーもあり

食後のコーヒー with 生演奏 @ ホテルラウンジ
>>マレーシア建築のホテルロビーで優雅なひととき♪

Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

———————————————————————————————

■ 3日目 : 2019年5月1日(水)令和最初の日! <ランカウイ泊>

朝食 @ ホテルのビュッフェ

ホテル敷地内の動物ふれあい広場で動物に癒される

ランチ @ ホテルのレストラン『Cba

↓ 徒歩

マッサージ @アルンアルンスパ】(パンタイチェナン店)
>>おすすめのマッサージ店です!

カフェタイム @ ホテルラウンジ

卓球大会 @ ホテルのレクリエーション・センター
>>私の勝ち\(^o^)/

ディナー @ ホテル内レストラン『Spice Market Restaurant

カクテルタイム @ ホテル内のレストラン&バー『Cba
>> Cbaは昼も夜もおすすめ!昼は屋根付きのスペースで、夜はon the beach 席で海を近くに感じながら飲むのがおススメ!

Cba @ Meritus Pelangi Beach Resort & Spa, Langkawi

———————————————————————————————

■ 4日目 : 2019年5月2日(木) <クアラルンプール泊>

朝食 @ ホテルのビュッフェ

8:30にタクシーでホテルを出発

ランカウイ発エアアジア便>>クアラルンプール

↓タクシー

リッツカールトン・クアラルンプール 】(ブキッビンタン)にチェックイン

アフタヌーンティー @ リッツカールトン・ロビーラウンジ
>>コスパ良し!予約がおススメ

ブキッビンタンの街歩き
>>アロー通り付近の様子を見てショックを受け、住みたいテンションが下がった

夕食(主人のみ)@ ロット10】のフードコート

カクテルタイム @ 【JW Firehouse】(JWマリオット内)

ホテル(リッツカールトン)

Afternoon Tea @Ritz-Carlton in Kuala Lumpur

———————————————————————————————

■ 5日目 : 2019年5月3日(金) <クアラルンプール泊>

朝食 @ ホテルのビュッフェ

↓ タクシー

日本に人気の居住&オフィスエリアモントキアラ
スーパー、日本食レストランなどをチェック



クアラルンプール日本人会(クアラルンプール・ミッドバレー駅近く)

↓ 電車

【KLセントラル駅
>>ここで痛恨の腹痛に見舞われた私|||||/(=ω=。)\||||| 

↓ モノレール

ホテル(リッツカールトン)で小休止

↓ タクシー

マリニーズ オン 57
>> 目の前にペトロナスツインタワーが見える、おすすめ絶景バー

スリアKLCC、Simfoni Lakeでの光と音の噴水ショーを観る
>>インスタ映え!の無料ショー

↓ ブキッナナス駅まで徒歩の後、モノレール
ロット10】のフードコート
>>綺麗でゆったりめの造りのフードコート、日本食が充実

ホテル(リッツカールトン)

Marini’s on 57

———————————————————————————————

■ 6日目 : 2019年5月4日(土) <クアラルンプール泊>

朝食 @ ホテルのビュッフェ

ランチ @ パオシャン バクテー(パビリオン内)
>> マレーシア名物のバクテー。ここのスープが美味しい!

カフェタイム @【オールドタウン・ホワイトコーヒー】(パビリオン内)
>> マレーシア名物のホワイトコーヒーにカヤトースト。どちらも美味しかったです! マレーシア全土に200店舗もあるそうです。おすすめ!

ホテル(リッツカールトン)で小休止

↓ 徒歩

チャンカット ブキッビンタン

↓ 徒歩

カクテルタイム @ 【ヴァーティゴ アット バンヤンツリー
>>59階のバーから見るクアラルンプールの街並みは最高です!また行きたい絶景バー

↓ 徒歩

夕食 @【グランドママズ フレイバーズ オブ マレーシア】(パビリオン内)
>> マレーシア名物のチキンライスが美味しかった!

↓ 徒歩

カクテルタイム @ 【 Shook! 】(スターヒルギャラリー内)
>>土曜夜に言ったら生演奏がありました!天井が高くて開放的なバー

↓ 徒歩

ホテル(リッツカールトン)

Grandmama’s Flavours of Malaysia

———————————————————————————————

■ 7日目 : 2019年5月5日(日) <帰国日>


以上です!
長い間マレーシア旅行記にお付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。


次回は静岡県・伊東温泉・星野リゾート 界 アンジン編、
その次の回からはベトナム旅行記
をお届けします~♪

クアラルンプール・リッツカールトンでアフタヌーンティー

今回は、
クアラルンプールのリッツカールトンのアフタヌーンティー
についてお伝えしていきます。

>>リッツカールトンのホテル施設についてはこちら
>>リッツカールトンの客室についてはこちら
をご覧下さい^^


2019年5月2日。
マレーシア、クアラルンプールのブキッビンタンにあるリッツカールトン。

The Lobby Lounge, The Ritz-Carlton, Kuala Lumpur
/ リッツカールトン・クアラルンプール、ロビーラウンジ
168, Jalan Imbi, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia


チェックインした後は間もなく、3週間前に予約を入れていたリッツカールトンのロビーラウンジのアフタヌーンティーへ。

でもここのアフタヌーンティーの受付の対応が悪い・・・!!
まず、受付で名前を言うと、スタッフが予約者リストで私達の名前を見つけられないらしいので、リストを見せてもらうと、そもそも予約者リストに名前が無い!

しかし、こちらも予約している証拠もあるので絶対に私達の予約の間違いではありません。

しかも最初に案内されたのがこのシャンデリアの横の席(↓の写真の右手)だったんですが、あとでラウンジの全体が分かる写真をお見せしますが、予約してたのにこの席を案内するの!??っていう場所だったんです。


しかも、私達、何故かアップグレードをしてもらったチェックインの時より、ちゃんとした服装をしていたのに、何でこの席なの?って感じでした。
これでは予約の意味がないと頭に来たので、「3週間前から予約していたのに、この席は嫌です!席を変えて下さい。」と、受付兼席案内の女性にきっぱり言いました。

そしたら、すんなり席を窓際のより落ち着いた席に変えてくれました。
変更後のお席は↓の窓際のお席となり、満足でした。(この時は混んでいたので、写真は翌朝に撮影したもの)

きちんと不満を告げて落ち着いた席になったので良かったですが、お粗末な予約管理と対応にガッカリしました。

こちらは私達がお茶をした時の様子。とても混んでいました。
ゴールデンウィークだったので、日本人客がかなりいました。


時間帯によるとは思いますが、生演奏もしていました。


こちらは、翌朝に人がいないところを撮影したアフタヌーンティーのロビーラウンジです。

↑のお席の写真を見ると、なんで予約していたのにあのシャンデリアの横の席なのか?と、私が不満に思うお気持ちもお分かりいただけたかと・・・^^;

私達がいただいたのは、
TRADITIONAL ENGLISH AFTERNOON TEA
2人で160リンギット(今日の2019/12/18のレートで4232円)。

freshly baked scones with clotted cream and preserves, pies,
quiches, assorted finger sandwiches
and handcrafted desserts
choice of loose leaf tea from our selection

紅茶は迷うくらいの選択肢の中から、
主人がTHE RITZ-CARLTON, KUALA LUMPUR BLEND
私はCLASSIC ORANGE PEKOEにしました。


最初にアミューズとして、こちらの薄いバケットをトーストしたものに、ハニー&クリームチーズディップ(だったと思う^^;)が来ました。美味しい。

Afternoon Tea @ Ritz-Carlton in Kuala Lumpur, Malaysia


そして来ました♪アフタヌーンティースタンドに盛られたこちら。

Afternoon Tea @Ritz-Carlton in Kuala Lumpur, Malaysia
Afternoon Tea @Ritz-Carlton in Kuala Lumpur, Malaysia


一段目のお皿。
エッグタルト、ケーキ、フィナンシェ、パイ。

Afternoon Tea @Ritz-Carlton in Kuala Lumpur, Malaysia


二段目のお皿。
フィンガーサンドイッチ。手前のがカレー味でした。あとは、卵、キュウリのサンドイッチでしたが具は日本の最近のサンドイッチを考えると少ない。(けど全体のボリュームが多いので、これで良いかも)

Afternoon Tea @Ritz-Carlton in Kuala Lumpur, Malaysia


三段目のお皿。
焼きたてスコーンにパイとキッシュ。

Afternoon Tea @Ritz-Carlton in Kuala Lumpur, Malaysia


お値段も日本のアフタヌーンティーに比べたら、この空間と内容で一人当たり2千円ちょっとだし、とってもコスパがいいと思います!
クアラルンプールでゆっくりお茶する優雅な思い出を作るにはおすすめ!

でも、正直に言うと日本のアフタヌーンティーの内容とお味レベルはここに比べて相当高いので(その分お値段も高いですが)、そのレベルは期待しない方が良いと思います。

私はシンガポールのラッフルズホテルのアフタヌーンティーでかなりガッカリしたので、今回はお値段、空間、内容を考えると満足な内容でした。

だた、リッツカールトンだというのにスタッフはイマイチです。

席の予約もそうでしたが、最後のお会計時も
「ビールをオーダーしましたっけ?」←していない
「HIS通してのご予約ですか?」←個人で予約した
と、明らかに他のお客さんと間違えていると思しき確認が入り、その後10分以上放置されました・・・
で、最速の末、やっと会計が終わりました。

フォローするとウエイターさんの対応はとても感じ良かったです。

でも2000円ちょっとで、この内容なら、海外でのアフタヌーンティーの思い出としては良いのではないかなと思います(*^^*)

関連記事:2014年 シンガポール・ラッフルズホテルのアフタヌーンティー

シンガポール・ラッフルズホテルでのアフタヌーンティー

今回は、
シンガポール・ラッフルズホテルのアフタヌーンティー
についてご紹介していきます。

※下記、正直な私と主人の感想を書いていますが、あくまでも私達の個人的な評価ですので、どうぞご了承ください・・・。



2014年2月10日。
シンガポール、セントーサ旅行4日目。

前回の記事(←現在アメブロからの引っ越し作業中のため、「前回の記事」はアメブロへのリンクになっています)で書いたように、
シャングリラホテル(Shangri-La Hotel)でアフタヌーンティーを頂く予定が、まさかの私の予約ミスによりビュッフェになってしまったため、急遽、アフタヌーンティーを何が何でも楽しむためにラッフルズホテル (Raffles Hotel)を予約しました・・・。



そして今度こそのアフタヌーンティーを楽しむべく、到着したラッフルズホテル (Raffles Hotel)

ラッフルズホテルは、「スエズ運河以東で最も豪奢」と評されてきた、白亜のコロニアルテイストのホテルで、シンガポールを代表する老舗ホテルとして大変有名です。

シンガポールのホテルと言えばここ!という位有名なホテルなので、ご存知の方も多いと思います。

Raffles Hotel

ラッフルズホテルは以前シンガポールを訪れた時にも来ているのでこれで2回目ですが、アフタヌーンティーは初めて♪



早めに到着したので、ホテルの中庭を歩いてみました。

イメージ 2
Raffles Hotel

白のコロニアル調の建物が、暑~~~いシンガポールに清涼感を与えてくれているような感じです。

イメージ 3
Raffles Hotel

さて、ついにラッフルズホテル (Raffles Hotel) のティフィン・ルーム (Tiffin Room)でのアフタヌーンティータイム。

シンガポール1の老舗有名ホテルでのアフタヌーンティーにワクワクしていました♪


ここのアフタヌーンティーは、
店内の奥にスイーツやフルーツ、スコーン、そしてちょっとした点心などが置かれ、それらをビュッフェ形式で自由に取ることができるようになっていました。


ビュッフェ形式とは言え、つい何時間か前にシャングリラホテル(Shangri-La Hotel) のローズベランダ(the Rose Veranda)でハイティービュッフェをしたばかり( ̄▽ ̄; )
そんな次から次へとパクパク食べられません・・・。

なので、とりあえず私の好きなスコーンを食べてみました。

イメージ 4
Raffles Hotel

だけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、スコーンは別に普通過ぎるくらい普通の味。
取りたてて美味しくはありません・・・。

スコーンに付けるクロテッドクリームも特別おいしい訳でもなく、このクオリティーならマリーナベイサンズに行った時に入った「TWG」のスコーンとクロテッドクリームの方が美味しかったです。


そして運ばれてきた3段トレーのアフタヌーンティーセット。

Raffles Hotel

一番下のお皿がンドイッチ、

イメージ 6
Raffles Hotel

残りの二皿がスイーツでした。

イメージ 7
Raffles Hotel
イメージ 8
Raffles Hotel

正直言って、どれも特別に見た目が美しいわけでもなく、食べても美味しいわけでもありませんでした。

かなりガッカリ~~~~~。

主人は20代のころから私と一緒に美味しいスイーツを食べているので、男性にしてはかなり舌の肥えている方だと思うのですが、主人もここのアフタヌーンティーを見て、食べて、あまりの期待以下の内容に驚いていました。




そして、店内の雰囲気ですが、外観はコロニアル調の美しい、歴史あるホテルですが、アフタヌーンティーのスペースがこちら。

イメージ 9
Raffles Hotel

写真からはわかりにくいのですが、テーブル間が狭く、テーブル間を詰め過ぎで、お隣のテーブルでの会話が嫌でも、まるで同じテーブルの人と話しているかのように聞こえてきてしまいます。
しかも多くのお客さんが日本人・・・。

つまり、店内の雰囲気も良いとは言えません・・・


さらに、これはあくまでも主人の予想なのですが、もしかしてもしかしたらこのティースペース、本来は↓のイラストの黄色で塗りつぶした部分だけで、残りのブルーの線の枠内は後からムリヤリ席数を増やすためにテーブルを置いているのではないかと・・・。
予想図、笑↓

イメージ 10

(↑イラストは私の頼りない記憶により描いていますので、正確性には欠けると思いますが、ご了承くださいね^^)


確かに言われてみれば変に思うのが、店名「Tiffin」の文字が書かれた鉄の門扉の位置が↑イラストのグリーン部分&↓の写真の赤枠部分にあるのに、写真にあるように門扉の外(写真右手)にも客席用テーブルが置かれているのです。

イメージ 11
Raffles Hotel

その上、現在のお店のエントランスは、エントランスにしては普通の小さいドアのような扉でした。
(↑写真上のイラストの左下、「current entrance」部分)


つまり、主人の予想は・・・

元々このお店は、
↑イラスト右手のホテル自体の大きな入口からゲストが入り、
イラストグリーン部分の店名の書かれた鉄の門扉が本来の入り口で、そこから入り、
イエローで塗りつぶした部分だけが客席だったのではないか
ということです。

それが客席を増やしたいために門扉の外にもテーブル席を作り、そのために本来の入り口が使えなくなって、現在の入り口は、昔はただのドアの一つにすぎなかった小さなドアをエントランスにしたのではないかと・・・。


言われてみれば、私はあ~そうかもね~~~!!!と納得がいき、主人の予想はかなり当たっているのではないかと思っています。

言われなければ私は気が付かないままだったでしょうけど、とにかくテーブル数が多すぎるし、席の間が詰め詰めだし・・・。

それに本当に豪華で優雅なゆとりのある造りのレストランであれば、エントランスの門を入ってすぐに席があるのもなんだか変な感じ・・・。
イエローの部分以外は元々テーブルが無かったのでは、という意見もわかります。

でも、以上の説はあくまでもうちの主人説ですから、真実はわかりません!( ̄▽ ̄)



ところで、ラッフルズホテルと言えば、もう一つの名物がカクテルのシンガポールスリングです。
シンガポールスリングは ウィキペディアによれば、

シンガポールのラッフルズ・ホテルのバーテンダーであった、厳崇文(嚴崇文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まりである。なお、シンガポール・スリングのスリング(Sling)とは、ドイツ語のSchlingen(飲み込む)からきていると言われ、スピリッツに甘みと酸味を加えて水で割った飲み物。他にもジン・スリング、ウォッカ・スリングなどがある。このシンガポール・スリングも、本来そのバリエーションの一つである。”

なので、一度、「元祖 シンガポールスリング」を、そのカクテルが生まれた場所、ラッフルズのロング・バー(LONG BAR)で飲んでみたかったのです!

が・・・・・・・・!!

この日はなんとツキが無いのか、バーはイベントのためにクローズしておりましたil||li▄█▀█●il||li

でも、このアフタヌーンティーの場所、「Tiffin」で飲めないか、お店の方に聞いたところ、飲めるというお返事をいただけました!
やった~!!\(^o^)/☆


ということで、何だか変な組み合わせではありますが、アフタヌーンティーと共にシンガポールスリングもオーダーしました。

こちが、ラッフルズホテルの元祖・シンガポールスリングです♪

イメージ 12
Raffles Hotel

でもね、これも店員さんにオーダーを忘れられていたみたいで、なかなか運ばれてこなかったんです。

あまりにずっと待っても来ないため、ウェイターさんに「だいぶ前にオーダーしたのですが、まだですか?」と確認したところ、確認後に即刻、運ばれてきました^^;
やっぱり忘れられていたのね・・・。

そういったオーダー忘れも含め、そのほかの点でもお店の方々の対応も一流とはいいがたく、一方で、この日の最初に間違えたハイティーで行った、シャングリラホテルのローズベランダ(Shangri-La Hotel, the Rose Veranda)のほうがスイーツのレベルも店員さんの対応も上だと、私達は思いました。


でも、やっぱりそうなると、
結局は日本のアフタヌーンティーのレベルの方が断然上!
という結論に至ります・・・^^;
ちなみに私は日本橋マンダリンオリエンタルホテルのオリエンタルラウンジや新宿のパークハイアットのピークラウンジのアフタヌーンティーが好きです。


以上、終えるまでに色々あり、色々と思うところのあった、シンガポールでのアフタヌーンティーでした^^;