クアラルンプール・リッツカールトンへ

今回は、

クアラルンプールのリッツカールトン・共有施設部分(客室内については次回の記事でご紹介します)

についてお伝えしていきます。



2019年5月2日。

クアラルンプールの空港からタクシーでクアラルンプールのブキッビンタンにあるリッツカールトンへ。 タクシー代は日本円で3000円位、所要時間は1時間少々でした。
(下記はGoogleマップより)

The Ritz-Carlton, Kuala Lumpur / リッツカールトン・クアラルンプール
168, Jalan Imbi, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia


こちらはショッピングセンターとホテルの連絡通路から撮った夜のホテルの外観です。


ホテル内はどこもゆったりとした造りになっていてラグジュアリー感があります。



こちらはロビーラウンジの一角で、このお隣がアフタヌーンティーのスペースです。(アフタヌーンティーは今後また改めて記事にしていきます!)


夜になるとバーラウンジになり、


写真奥に写っているようにテーブルにアルコール類が並べられます。
ただ、このさらに奥の部屋がシガーバーだからなのか、とにかくタバコの煙の様な香りがうっすら漂う空間なので、全くタバコを吸わない私たち夫婦は、ここは使いたいと思える空間ではありませんでした。



こちらはプール。
都心のホテルのプールなので、そんなに広くはありませんが、ざぶっと入って、ちょこっと泳いでひんやりする、という使い方ですかね^^


プール隣接のスペース。プールは利用客もおらず、閑散としていてました。


さすがは高級ホテルなので、広々した空間にラグジュアリー感のある造り、フロントスタッフの対応も良かったです。

次回はホテルの部屋内についてご紹介していきますが、チェックイン時にうれしい予想外の出来事が・・・!

何と理由はどうしてか分からないのですが、お部屋をスイートルームにグレードアップしてくれました!!!


次回、ホテルのスイートルームのお部屋の詳細をご紹介していきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です