カリフォルニア・ピズモビーチ・カスタマイズで自分好みのポキ丼を作る!

今回は、アメリカ、カリフォルニア州ピズモビーチの
カスタマイズできる美味しいポキ丼のお店
についてご紹介します!

****************************************************
余談ですが、旅行記のアップデートが溜まりに溜まってまだこのブログ記事は昨年の夏の話・・・この後の旅行記ではカリフォルニアのピズモビーチに続いて、アヴィラビーチ、サンタクルーズ、日本の石垣島、マレーシア、ベトナム、そして本日旅から戻ってきたアメリカのロッキーマウンテンについてご紹介予定です^^;
(これまでは日曜の週1のみのアップでしたが、アップデートの頻度を上げる予定です ε=┌( ^o^ ) ┘ )
****************************************************




2018年9月5日(水)。

旅で海外滞在日数が増してくると、ご飯派である私達はご飯ものが恋しくなってきます。
そんな時にありがたいのが、カリフォルニアではよく見かけるポキ丼のお店です。

ピズモビーチでもポキ丼のお店を見かけたので、入ってみることにしました。

★ Shin’s Poke
361 Pomeroy Ave, Pismo Beach, CA 93449, USA

Shin’s Poke

下の写真のように、すでに組み合わせが決まっているお店のおすすめメニューもありますが、

Shin’s Poke Menu (2018年9月5日時点)

せっかくなら自分でカスタマイズするのがおすすめです!

お店にはカスタマイズの仕方もちゃんと表示されている場合が多く、このお店にもカスタマイズ方法の説明がありました。
こちらのお店は下記の要領でポキ丼を作っていきます。

Shin’s Poke Menu (2018年9月5日時点)

Step 1: サイズを選ぶ
もちろん私たちはレギュラーサイズ(笑)

Step 2: ベースを選ぶ
ごはんが食べたい私達は白米をセレクト。そのほかにブラウンライスやサラダ、トルティーヤ、ブリトーなんかも選べます

Step 3: 具材(”プロテイン”)を選ぶ
まぐろ、サーモン、チキン胸肉から具材を選ぶ
(もちろん複数の組み合わせや全部!というのも可能)

Step 4: トッピングを選ぶ
こちらのお店ではショーケースに具材があるので、それを見ながらトッピングを選びます。
私が今まで行ったポキ丼のお店の多くは、お店のショーケースでトッピングが見れるので、指さしオーダーも可能ですよ。

Step 5: ソースを選ぶ
上の写真にあるよう、お店オリジナルのソースから、ポン酢、ゆず、テリヤキ、ハラペーニョまで!ソースも17種類と豊富にあります。
*上記、メニュー情報については2018年9月5日時点のものです

夫婦でそれぞれカスタマイズしてできたポキ丼がこちら!
左は私の、右は主人のポキ丼です。

うちの夫婦は好きなものが似ているので、数多くトッピングがあっても、結局はいつも二人で似たような仕上がりになってしまい・・・^^;、あまり二人の間の仕上がりに差が出ていないのですが、主人のにはマンゴーが入っています。

Shin’s Poki

私のポキ丼ですが、
具はマグロとサーモンをハーフ&ハーフにしてもらい、トッピングはトマト、スライスオニオン、きゅうり、海藻。
最後に上からフライドオニオンとゴマを自分でふりかけました。

とっても美味しく仕上がって大満足。

お店の店員さん達もとても感じが良くて、「ピズモビーチの後はどこか行くの?」と聞かれたので、「サンタクルーズに行く予定」と答えたら、「Cool!ショッピングが楽しめるね」と言われました。

私達は持ち帰りにしましたが、イートインスペース(下写真)もあるので便利ですよ!

Shin’s Poki

Shin’s Poki 、おすすめです!



ここでなくてもポキ丼屋さんは見かけるので、ぜひ訪れて カスタマイズして自分だけのオリジナルポキ丼作りにチャレンジしてみて下さい!
日本人にとって嬉しいご飯ものでありながら、アメリカらしさも味わえますよ~






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です