サンフランシスコからグローブランドへ!ヨセミテ前日

今回のブログ記事からは、
2017年9月1日~9月8日まで旅した、アメリカ・カリフォルニア州の旅行記スタートです!

サンフランシスコ

ヨセミテ国立公園

ナパバレー・カリストガ

サンフランシスコ市内

の旅のレポートをしていきます!




2017年9月1日(金)。

成田発、サンフランシスコ行きの飛行機は「出発準備遅れ」が理由で出発時間が遅れる。

空の旅の終盤、飛行機の窓からは、なんとゴールデンゲートブリッジがハッキリと見えました!

イメージ 1

次にサンフランシスコ中心部のビル群(下の写真左)に見え、いよいよ着陸が近づいて来ます。

イメージ 2

しかし、サンフランシスコの空港では駐機場の混雑でなかなか飛行機が停まれず、さらに空港内移動用のトラムまでがトラブルでなかなか来ず、予定より2時間も押してしまいました・・・。

この日はサンフランシスコ空港を出て、東へ向かい、ヨセミテ国立公園のすぐ近くのホテルまで、というルート。

まずは空港を出発して、あらかじめネットで調べていたランチのお店へ向かいます。

走っていてすぐに渡った橋は、先が見えないほどの長~い橋。

サンマテオ・ヘイワードブリッジ(San Mateo–Hayward Bridge、一般的にはサンマテオ ブリッジと言われる)橋で、走っている道から撮影しているため、その長さが伝わりづらいのですが、11,270メートルの長さもある橋です。

イメージ 4
San Mateo–Hayward Bridge

下のマップで言うと、空港のすぐ東の部分です。
(下のマップはGoogleマップに加筆したものです)

イメージ 3

さらに走って、

イメージ 5

ランチのお店は、アウトレットから近い場所で、口コミ評価がまずまず良いところ、という条件で、あらかじめ旅の前に私がネットで探しておいた、Lazy Dog Restaurant & Barへ。
カリフォルニア州を中心に展開している(他州にも少し店舗があります)日本で言うとファミレスみたいな感じに近いようなお店でした。

Lazy Dog Restaurant & Bar
4805 Hacienda Dr, Dublin, CA, USA

イメージ 6
Lazy Dog Restaurant & Bar

私はデカフェ・パッションフルーツアイスティー、
主人はジャマイカンレモネードをオーダー。(確か下の写真はジャマイカンレモネードの方だったと思う・・・^^;)
ドリンクに何かが入ったスポイトが刺さっていてビックリ!

イメージ 7

フィッシュアンドチップスをオーダー。

イメージ 8

主人はツナサンドをオーダー。

イメージ 9

ツナサンドにはレーズンが入っていてそれが良いアクセントになっていて、セットに付いてきたスープはトルティーヤチップスがたっぷり入り、程良い辛味とトルティーヤの香ばしさがいい感じ。どれもなかなか美味しかったです!



再び車に乗り込むのですが・・・この日のカリフォルニアは異常な暑さで38度くらいあり、かなりの暑さにビックリ!パーキングも照り返しで灼熱でした。

こちらがこの時の旅で使用した日産車。

イメージ 10

ランチのお店からすぐ近くのサンフランシスコ・プレミアムアウトレットへ。

イメージ 11
San Francisco Premium Outlets

いやぁ~、ここのアウトレット、私にとってはトリーバーチが充実かつベーシックなデザインの品揃えで大満足でした。
興奮してトリーバーチのバッグ1個、ポシェット1個、カルバンクラインのワンピースを買いました。
今まで行ったアウトレットの中でも屈指の満足度の高さでした!



ここからはホテル目指して東方向へと走っていきます。
風力発電が一列に並んでいたり、

イメージ 12

散在していたり。

イメージ 13

途中で見かけた乾草色の小山がずらりと並んでいる風景。小山は一体何なんでしょうねぇ・・・。
幻想的な風景でした。

イメージ 14

このお店でガソリンを補給。
THE・アメリカの田舎町にぽつんとある小さなお店、空は茜色のに染まり、暮れかける夕日・・・って感じで渋い・・・。
有名な観光地よりこういう風景により強く旅のロマンを感じる私です。

イメージ 15

Modestoという町を通り抜け、

イメージ 16

更に走って目に飛び込んで来たThe Fruit Marketというお店へ入ってみることにしました。

イメージ 17
The Fruit Market

お店の前にはダックさんたちがお出迎え。
頭の後ろが盛り上がっていてかわいい。

イメージ 25

店内は素朴な田舎のフルーツ屋さんといった佇まい。
ここから先は、もう翌日行くヨセミテまではお店もあまりなさそうだし、夜も近づいてきたので、ここでペットボトルのお水を購入しました。



そして・・・ここからが主人にとってとても大変な道のりとなってしまいました。
本来ならば、サンフランシスコのアウトレットからホテルまで2時間程度で付くはずだったのが、途中の渋滞で3時間かかり、
ホテルまであと15分のはずのところで、カーナビには認識されていない道路工事のための通行止めに遭いました!!!
しかもその場所は人家もまばらな場所で、あたりもほぼ真っ暗・・・。
主人は飛行機で寝られないタイプなので疲れ切ってしまい、それでもカーナビの地図とにらめっこし、通行止めの道をしつこく勧めるカーナビと闘いながら、前にも後ろにも車がおらず、すれ違う車さえもごくたまにという真っ暗な山間部を大迂回して走り・・・・・、
ようやくヨセミテ公園の入り口近くの小さな小さな町、グローブランド(Groveland)へ到着することができました。
主人はへとへとでしたが、田舎の真っ暗なところでハプニングに遭わずに到着できて本当にホッとしました。



この晩、ヨセミテ国立からほど近い、このグローブランドで一泊だけ泊まったのは、
ホテル・シャーロット(Hotel Charlotte)
ホテルというよりB&Bという雰囲気の小さなお宿です。
(一部のホテル写真は翌朝に撮影したもの。)

Hotel Charlotte
18736 Main St, Groveland, CA

イメージ 18
Hotel Charlotte

ちなみにエレベーターは無く、2階の部屋だったのですが、主人が私のスーツケースを運ぼうとしたら、見知らぬほかの宿泊客の年配のおじさまが私のスーツケースを運んで下さいました。旅先で出会う優しさに感謝です。
(しかも、その後、部屋の古めかしい鍵の開閉と格闘する私達に、コツまで教えてくれたやさしいご夫婦でした・・・。)

こちらが小さなロビーのような場所。

イメージ 19
Hotel Charlotte

夜遅い到着だったため、ホテルの1階にあったビストロ&バーも閉店してしまっていました。

イメージ 20
Hotel Charlotte

こちらがホテルのお部屋。
ホテル自体はホームページで見て想像していたよりも古かったですが、宿泊費もお安かったし、かわいいインテリアだし、ヨセミテの前に一泊だけ泊まるには十分な設備でした。

イメージ 21
Hotel Charlotte

お腹が空いたので何か食べようと、ホテルを出て向かいのサルーンに併設しているデリを覗いてみたものの、そこも終わっていて、サルーンで提供しているドリンクならテイクアウトできるというので、2人でレモネードだけを買い、ホテルへ戻りました。

宿のスタッフさんにお願いしてお湯を貰い、1日目の夜にして早速、非常食用のカップ焼きそばに手を付けてしまいました(苦笑)。

でもホテルの人はとても親切で、「お湯を入れたいものがあるなら、入れますよ!」と言ってくれ、カップ焼きそばを受け取り、キッチンで直接お湯を注いで持ってきてくれました。

1日目にしてハードな内容となった私達は、明日のヨセミテ公園に向けて就寝・・・。



明けて、 2017年9月2日(土)。

昨晩は真っ暗であまりよく見えなかった、小さな町、グローブランドの朝。

イメージ 22

朝食は私たちのお宿の斜め向かいにある、姉妹ホテルのこちらで食べるシステムでした。

イメージ 23

誰も外で食べていませんでしたが、寄ってくるハチを必死によけながら意地でも外で朝食を食べました♪

イメージ 24

朝食は撮影しなかったですが無料で付いてきて、ビュッフェ式、とは言ってもパンやフルーツ、ヨーグルト、といったシンプルな内容でした。

山間の町の朝はとってもさわやか。
朝から外でご飯を食べて、ヨセミテへの期待が膨らみました。

次回、ヨセミテ国立公園編です!





【2017・夏・初秋 アメリカ・カリフォルニア州 おすすめ観光・レストラン・カフェ ショッピング・個人旅行・ロードトリップ・ドライブ旅行記 ブログ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です