懐かしのホワイトプレーンズ散策☆その2

今回の記事の前に・・・。
今年の10月2日でニューヨークから帰国して7年が経ちました。
今日、改めてNYを去る直前に書いた自分のブログ記事、『さようなら、ニューヨーク!』を読むと、あの時こんな気持ちでニューヨークにお別れしたんだなぁ、と当時を思い出し、自分の記事ながら何だかじーんとしてしまいました^^;

今回も前回に引き続き、
アメリカ・ニューヨーク州・ウエストチェスター郡・ホワイトプレーンズの街歩き
についてお伝えします。


2017年4月28日(金)。
ホワイトプレーンズ(White Plains)

朝ごはん後の街歩き。
この坂を下ったところに昔住んでいたアパートメントがあります!! 懐かしいこの道…。

イメージ 1

ここは元アパートメントのごく近所なので、よく歩いて通った道ですが、7年前と変わっていなくて嬉しくなりました。

ついにやって来ました、Canfield Avenue
この通り沿いに昔住んでいたアパートメントがあります。

イメージ 2

ここが昔住んでいたアパート!!!

イメージ 3

懐かしくて胸が一杯・・・。

もう自分は住人ではなくなり、敷地内に入れないのは何とも残念でした。

私達は4階に住んでいたのですが、元住んでいた部屋を見上げると、バルコニーには鳥除けと思われるネットが張られていました

イメージ 4

それを見て思わず主人と二人で「私たちのせい!??」と苦笑い。
このブログには書いていなかったかもしれないのですが、実は私達がかつてここに住んでいた時、うちのバルコニーにハトのカップルがハンギングフラワー用のバスケットに卵を産み、子育てをし、子供ハトが元気に巣立っていった…ということがあったのです。

私達はその一部始終を温かく見守り、子ハトが無事に巣立って行ったときは感慨深いものがありました。

・・・ということで、きっとハト界(!?笑)で、うちのバルコニーがおすすめ物件として広まり、我々が引っ越した後も使われたのかしら??


これは別角度からのかつて住んでいた部屋の写真。
あのキッチンの小窓からよく外を眺めながらお料理したなぁ・・・。

イメージ 5



家の向かいのTurnure Park(ターナーパーク)
私がNYで一番好きな場所です。

イメージ 6


今回訪れたのはゴールデンウィークだったので、こんなに緑いっぱいで桜が美しく咲き誇っていましたが、

イメージ 7


私が引っ越した当時は冬だったので、引っ越して間もなく見舞われたスノーストームの時には、公園が一面こんなに雪に覆われていました。

イメージ 8

引っ越し当初、アメリカ生活には馴染めないし、寒いし、寂しいし・・・と、この真冬のターナーパークの写真を見ると、当時の不安な気持ちがよみがえります。

こうしてただただ懐かしい気持ちでこの公園を訪れる日が来るとは当時は思っていなかったなぁ・・・。

とにかく日本に帰りたくて、いつ帰れるのか!?と、住み始めて最初の10か月はそればっかりを考えていました。


そして・・・公園は変わらぬ様子だったのですが、お目当てのあの子達がいない!?

イメージ 9

いないんですけど・・・!???

イメージ 10

「あの子達」とは、私の大好きなリスちゃん達のこと!
ずっと会いたくて、それが旅の一番の楽しみなくらいだったのに、リスちゃんが一匹もいない|||||/(=ω=。)\||||| 
いつもなら軍団でいるのに・・・。

私の妄想ではリスちゃん達が「おかえり~♪おかえり~♪♪」とみんなで私を大歓迎で出迎えてくれるはずだったのに・・・。

この日の気温は、NY春には珍しく20度台後半だったため、暑くてリスがいなかったのかも!??

また別の日に仕切り直して来ようということになり、この日はリスちゃんとの再会を仕方なくあきらめました。

↓ここは住んでいたアパートメントの裏通り。
この通りはNY州ホワイトプレーンズでの運転免許試験コースの縦列駐車テスト場所になっていて、私もここで縦列駐車をしました。

イメージ 11


↓元住んでいたアパートから一番近いスーパー【Stop & Shop】。
住み始めの頃は、どこのスーパーが良いとかがまだわからなくて、主人とここに良く来ました。家から歩いてすぐだったので、一人でも歩いて行ける貴重なスーパーでもありました。

イメージ 12


売り場のレイアウトなども基本的には変わっていなくて、当時を思い出しました。

イメージ 13

お会計前にお菓子を開けて食べている人がいて驚いたり(ちゃんとレジでお支払いはしてたけど、これはアメリカ人でもお行儀が悪い人だと思うけど、たぶん)、ブドウは実をちぎり取って味見しても良いと知ったり・・・など、日本人からは信じられない出来事もこのスーパーで学習しました!

下の写真の右手のスーパーのお魚売り場。

イメージ 14

忘れもしない、ここのお魚売り場で買ったお寿司は
NYに引っ越して初めての自宅でのご飯だったのです。

そして、それがまずくてゴムみたいな臭いがしてがっかり・・・、だけど初めてNYで「おうちごはん」が出来たことに満足だった思い出があります。


次回へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です