小豆島旅13・絶景!国立公園【寒霞渓】へ

2021年9月の香川県小豆島旅↓の続きです。

今回は、小豆島の大人気観光スポットの1つであり、日本三大渓谷美の1つと言われ、瀬戸内海を見下ろす眺望が楽しめる、国立公園【寒霞渓(かんかけい)】についてご紹介します。
近年では映画「八日目の蝉」のロケ地にもなったスポットです。

私達が訪れたのは初秋だったので、まだまだ木々が青々としていたのですが、寒霞渓は紅葉の名所でもあります。

2021年9月24日(木)。
前回ご紹介したおいしいジェラート屋さんと【マルキン醤油】見学の間に、寒霞渓に行ってきました。

ロープウェイのこううん駅まで車で行き、


このロープウェイに5分ほど乗って山頂駅まで行きます。


ロープウェイで登る途中にすでに瀬戸内の絶景が見えています。


山頂駅。規模はそんなに大きくはありませんが、こちらの白い建物に、レストラン、おみやげ屋さん、軽食のショップが入っています。


第1展望台へ。


第1展望台からの眺め。内海湾、瀬戸内海、その向こうには四国の山並みまで見えるという絶景スポットです!


ズーム撮影すると、内海湾周辺の街並みまで見えます。

寒霞渓は東西8キロ、南北4キロにわたり、奇岩怪石が広がり、独特な形の岩も観察できます。

この時はまだ木々が青々としていますが、山頂駅に飾られていた紅葉シーズンの写真を見たら、木々が美しい黄色やオレンジ、赤に染まり、紅葉も格別に美しい場所でした。
いつか紅葉シーズンにも行ってみたいなぁ…

映画「八日目の蝉」のロケ地であるという「鷹取展望台」にも行ってみました。

角田光代さん原作、「八日目の蝉」の映画版のロケ地だそうです。
私は映画は観ていないのですが、原作は読みました。
この旅が小豆島への初旅行だったので、作品を読んだ時点では小豆島は未知の場所だったのですが、小説を読みながら小豆島を何度となくイメージしていました。

「鷹取展望台」 ↓ 野々宮希和子と幼少期の秋山恵理菜が海を見下ろした場所、のロケ地だそうです。第1展望台と基本的に見えている景色は一緒で、こちらからも瀬戸内の景色を一望できます。


さてさて、寒霞渓では「かわら投げ」という円盤形で粘土を素焼きしたような「かわら」を崖の上から投げて、丸い輪の中に入れると願いが叶う!?というアクティビティ(?)があります。

どこからどう投げるのか、ということなんですけど、それがこちら↓
この1つ下の写真に、印を付けたのでご覧下さい!

結構距離がありますよね!?的となる輪は正面から見ると円の形をした、金属製の枠です。

かわらは5枚で200円で購入するのですが、主人がチャレンジして失敗し、悔しくてもう一度購入し、再チャレンジしていました^^;
でも、再チャレンジが実って、見事2回目の購入のかわらを円の中に入れていましたよ\(^o^)/

帰りに通りかかった【内海ダム】。ダムのすぐ近くにパーキングもあります。


うちは2人共高所が苦手で…、こちらの橋の上を途中まで行きましたが、なんだかムズムズしてすぐに引き返してきました(苦笑)

次回は小豆島グルメ、おしゃれ古民家カフェと美味しいベーカリーについてです^^

小豆島旅10・「魔女の宅急便」のロケ地でキキになる!?

2021年9月の香川県小豆島旅↓の続きです。

今回は、小豆島のおすすめグルメ&観光スポットの【道の駅 小豆島オリーブ公園】についてご紹介します!

レストランやスイーツ&ドリンクショップ、ギフトショップに加え、
景色も素晴らしく、写真を撮るにもとってもおすすめの場所
ですよ!!

★ 道の駅 小豆島オリーブ公園
香川県小豆郡小豆島町西村甲1941−1

私がこの 【道の駅 小豆島オリーブ公園】 に来たかった一番の理由は…
この↓ギリシャ風車を撮りたかったから…!!

実は晴天のギリシャ風車を撮りたくて、小豆島滞在中に3回も道の駅に来ました。
この↑↓写真は小豆島を発つ最後の朝、11時くらいに訪れて撮った人のいない写真です。

青空に三角の白いフラッグがかわいいです。

ところで、初めてこの道の駅に来た時に、道の駅のメインの建物からこのギリシャ風車まで歩いている途中、多くのほうきを持った若者とすれ違い、何でほうき?って不思議だったんですが、

この道の駅、映画「魔女の宅急便」のロケ地だったんですね。

しかも無料で「魔法のほうき」を貸出していました。

ほうきが架かっているフックがクロネコちゃんの尻尾というのがまたいい!

小豆島旅の初日にここに到着して、すぐに立ち寄った時は15時くらいだったんですが、その時はこんな風にギリシャ風車の周りにはほうきを持った女性のグループやカップルがたくさんいました。

この時は、何でみんなほうきにまたがってジャンプしているのかしら??
って謎だったんですが、みんなキキ(「魔女の宅急便」の主人公)になりきってたんですね~。

…で!
最後に来た時は人がいなかったので、アラフィフ夫婦も人がいないうちに魔女体験をしようと、夫婦で写真を撮りあいっこしました😅

なのに~~~!
私は主人に良い画角で写真を撮ったのに主人が撮った動画(からスクショした写真)はこちら 😒💧↓

↑画角はいいけど、一番ジャンプを高くした瞬間は頭が切れていました😒
あと、浮遊感があまり出ていない😔

次はこちら↓

こちら、浮遊感はバッチリ出てるけど、何で縦で撮るの💢!??
せっかくギリシャ風車の横という絶好のロケーション↓で撮っているのに、
縦で撮ったらただの芝生の上じゃないの~っ😫!??

…とまあ、主人のセンスのない画角でガッカリ動画しか撮れなかったんですが、2人で大笑いしながら撮りあって、面白い思い出になりました。

次回は、今回ご紹介できなかった、この道の駅のレストラン、スイーツ&ドリンクショップ、ギフトショップ、その他の施設をご紹介しますね!



コロラド州・ボールダーでランチ&街歩き

今回は、アメリカ・コロラド州・ボールダーの
① パール ストリート モール(Pearl Street Mall) 街歩き
② イタリアンレストランでのランチ
についてお伝えします。

2019年9月4日(水)。
アメリカ・コロラド州・ボールダー。

みなさんはボールダー というと何を思い浮かべますか?
私は歴史にも地理にも弱いリケジョ(言い訳に過ぎないけど…)なのですが、ボールダーと言うと高地トレーニング、マラソン金メダリストの高橋尚子さんのトレーニング地、であることを思い浮かべます。

この時まで、一度も訪れたことが無かったボールダー。
目的地はデンバーでしたが、ボールダーがちょうどデンバーへの通り道にあったので、ボールダ―でランチをしてからデンバーへいこうということになりました。

前回の記事ではボールダーの パールストリート(Pearl Street) についてお伝えしましたがその続きです。

パールストリート(Pearl Street) の中でも、11thと15th Streetの間は、【パール ストリート モール(Pearl Street Mall) 】と呼ばれていて、赤レンガ色の石畳の両脇には雑貨屋さんやカフェ、レストランが立ち並ぶ、街歩きには楽しい場所になっています。

私達も短時間でのボールダー訪問だったので、ピンポイントで、パール ストリート モールへ。

Pearl Street / パールストリート

この場所は一般車両の乗り入れが禁止なので、安心して街歩きができます。


このパール ストリート モールでランチのお店を探そうと、通りを歩いて、人気がありそうで軽めのランチが食べれそうだったお店がこちら。私達の大好きなテラス席もあるので、このお店に入ってみることにしました。 

Sforno Trattoria Romana
1308 Pearl St, Boulder, CO


私達はテラス席にしましたが、店内席も洞窟風(?)で素敵でした。


アメリカって日本とは違ってお得なランチセットとか余り見かけ無いのですが、このお店は$15とリーズナブルなパニーニランチセットがあったので、そちらをオーダーしました。


パニーニセットなのにパンが付いてくるという…( ̄▽ ̄)

でも、セットのパンも美味しかったですし、スープはトマトベースでセロリ、トマト、にんじん、じゃがいも等の具がたっぷり!パニーニにはモッツアレラチーズにトマト、オリーブ等が入っていて、パン自体も美味しかったです。
ふらりと入ったお店ですが大当たりで満足なランチとなりました。

ランチのレストランを出て、パーキングに向かいつつ、 パール ストリート モールをぶらぶら。

道の向こうには山が見えています。
この写真を見ると、以前、京都から移住した会社の同僚が、「京都だと山を目印にしていたのに、東京(都内)では山が一切見えない…」と言っていたのを思い出しました。


パール ストリート モールは、 赤レンガ色の石畳に緑も豊か。

あちこちにある花壇には、手入の行き届いた美しいお花が咲いていて、どこを切り取っても絵になるので、たくさん写真を撮ってしまいました。


通りで目に付いたのがこちらのバッファロー像です↓。

このバッファロー像は、 コロラド大学のキャンパスにある像のレプリカだそうです。 コロラド大学のマスコットはバッファーローの”ラルフィー (Ralphie) ” で、 バッファローは ボールダ―市民 (Boulderite) にとって重要なシンボルなのだそうです。 Public Artを巡るルートも紹介されていますよ^^
https://www.bouldercoloradousa.com/things-to-do/arts-and-culture/a-public-art-walking-tour/

余談ですが、 ニューヨーク居住者 は【New Yorker】だけど、
ボールダー市民は【Boulderite】で、 【 ボルダラー (Boulderer)】じゃないんですね~
私がほかに知っているのは、
ボストン市民が【Bostonian】、シカゴ市民は【Chicagoan】 …
なんでも ” er ” と付ければ良いってもんではないんですね、面白い!

ちなみに、中学校の授業で、
play → player
sing → singer
では、
poem → 何でしょう?
と、先生がこの問題に答えるようクラスメイトを指名し、指さされた彼の答えが”poemer”で、クラス中が爆笑になった…
というエピソードを思い出しました。
(「詩人」は “poet” と授業で習ったばかりだったので)


次回は、デンバーのアウトレットからデンバーの街ドライブ、デンバーの ホテル、ハイアットリージェンシーについてお伝えします!

コロラド州ドライブ・エステスパークからボールダーへ

今回は、アメリカ・コロラド州
① エステスパークからボールダーまでのドライブ
② ボールダーの街並み

についてお伝えしていきます。


2019年9月4日(水)。
アメリカ・コロラド州。

スタンレー・ホテルを出発した私達は、ランチ予定の場所、ボールダ―を目指して出発です!(下の地図はGoogleマップに一部加筆しています)
>>下の地図の【1】→【2】については前回の記事をご覧ください


2019年9月4日(水)。
アメリカ・コロラド州。

スタンレー・ホテルを出発した私達は、ランチ予定の場所、ボールダ―を目指して出発です!(下の地図はGoogleマップに一部加筆しています)
>>下の地図の【1】→【2】については前回の記事をご覧ください


これでエステスパークの町とも、ロッキーマウンテン国立公園ともお別れ…
とても楽しかった3泊4日ですが、エステスパークを後にし、ボールダ―を経由してこの日はデンバーまでドライブです。

岩山の間を走り抜けていきます。


行きにも通った小ぢんまりしてかわいい町、Lyons(このページ上部のマップの【3】)までやって来ました。私達はEAST 36方面へさらに進んでいきます。


しばらくすると、ボールダ―まであと14マイル(約22.5キロ)との看板がありました。


田舎道でよく見かける『Watch for Wildlife(野生生物に注意)』の看板。
これを見ると、いつも何か動物が見れるかとワクワクして周りを見渡しますが、この時は何にも出会えませんでした。


田舎道をさらに走って行きます。


前にもこのブログで書きましたが、こういう景色を見ると、B’zの『RUN』 の
♪荒野を走れ、どこまでも~♪の部分が浮かんでくるわ~


そして、今日のランチ休憩地、ボールダ―に到着!
街の建物の多くがレンガ色で統一されていて、とてもオシャレです。


パーキングに車を停め、街歩きへ。
こちらの↓パールストリート(Pearl Street)の前の横断歩道がレインボーカラーになっています。

ご存知の方も多いと思いますが、 レインボーカラーは、LGBTの象徴です。
このレインボーの横断歩道は、2019年の6月1日に公開セレモニーがあったそうなので、私達が訪れたのは、できてまだ3ヶ月後だったようです。
このレインボー横断歩道は、ボルダー市が地元のLGBTQ(Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender and Queer) コミュニティへの誇りを示すために作られたとのことです。

そして、私達のお目当ても、このパールストリート(Pearl Street)

レンガ色の石畳で、緑が豊か、歩行者のみの広い通りで、とても素敵です。

次回は、ボルダ―でのランチと街の風景についてお伝えします。

コロラド州・エステスパーク・あのホラー映画で有名なホテルへ

今回は、アメリカ・コロラド州・エステスパークの町にある有名なホテルについてお伝えします。

何故そのホテルが有名なのかというと…あるホラー映画の起源であり、同テレビドラマの撮影地となっているからです。
(ひとつ前の記事で「ホラー映画のロケ地」と書きましたが訂正します。本記事の執筆にあたり調べたところ、正確にはロケ地ではありませんでした。失礼いたしました。「起源」という表現の理由について、詳しくは以下の記事をご覧ください^^)


2019年9月4日(水)。
アメリカ・コロラド州。
快適だったエステスパークのロッジを出発した私達。

この町を離れる前に、行こう行こうと思いつつ、公園でのトレッキングに夢中になったあまり、まだ行けていなかった場所へ立ち寄ってみることにしました。


目的のホテルは、エステスパークの町の中心部からそう遠くない場所にあります。

だんだんとホテルが近づいて来ました。
山の麓に立っている赤茶色の屋根に白い壁の建物がそのホテルです。


Stanley Hotel / スタンレーホテル
333 E Wonderview Ave, Estes Park, CO

このホテルの名前を聞いてピンと来た人はかなりの映画通です!

1974年、この【Stanley Hotel】をスティーブンキングがに宿泊し、その際、古いホテル(ホテルは1909年に建てられた)のミステリアスな雰囲気から着想し、かの有名なホラー小説(映画・ドラマ)の『The Shining(シャイニング)』を執筆したそうで、映画に登場する「Overlook Hotel」のモデルになっているそうです。
また、1997年のテレビドラマシリーズでは、このホテルがロケ地になっています。

このホテル、 1911年にハウスキーパーの女性がホテルの217号室で嵐の時に感電をしたそうで、その女性は死ななかったものの、それ以降、その部屋では超常現象がたびたび起こると言われているそうです。

私はサイエンティストなので、科学で立証できない物事は信じない…と言いながらも、実はかなりの怖がりで、ホラー映画どころかお化け屋敷も、怖い話も大の苦手です。
なので、このホテルには怖くて宿泊できそうにありません(;;)
(子供の頃、夏になると昼頃に放映されていた「あなたの知らない世界」とか怖くて観れなかった→同世代にしか通じないテレビ番組ですが^^;)

さらにさらに、スティーブン・キングは、このホテル敷地内のペット墓地にインスパイアされて、 これもまた有名なあのホラー小説(映画)『Pet Cemetery(ペット・セメタリー』 を書いたそうです。

おまけの話ですが、 『The Shining(シャイニング)』 のホテルの内装は、ヨセミテ国立公園内にある「アメリカ人が一度は泊まりたいホテル」と言われる【The Majestic Yosemite Hotel】から着想したと言われています。
ご興味のある方は、ホテルの宿泊記事をこちらからご覧下さい^^


そして、話を私達のこの旅に戻しますと…
ここからは反省すべき私達の失敗談なのですが、結論を言うと
ホテルに入りたかったのですが、入れなかったんです( ̄▽ ̄)

理由は、ホテルの入り口に守衛さんのいるゲートがあり、「ホテルへの用事は?」と聞かれたからです。
今思えば正直に答えなければよかったのですが(!?)、正直に主人が ”Just go inside and walk around…”的なことを言ったんです。そしたら、「それはダメ」と言われてしまったのです~~~

で、本来時間があれば、ホテルに入るために中のラウンジ利用でもすれば良かったのですが、私達はこの日、コロラド州ボールダ―でランチ、そこからさらに移動してデンバーに行く予定だったので、時間が無くて、それもできず…
だったら嘘でも「ラウンジ利用します~!」と言えばよかったかしら…(苦笑)。

そしてダメと言われた私達は、守衛さんのいる建物の前でUターンしなくてはならなかったのですが、主人がその前に食い下がってくれ、”May we take pictures from here?”という感じで聞いてくれて、一瞬だけ車を停めて写真を撮らせてもらう了承を得ることができました!

そうして撮影したのがこちらの写真です。

笑えるのは、3枚上の写真に写っているブルーのBMWに乗った欧米人カップルも、私達と同じく写真を撮って守衛さんの前でUターンしていました
彼らも私達と同じシチュエーションだったのね…

普通、アメリカの大型ホテルなら、宿泊者でなくてもホテルに自由に出入りできる場合が多いので、今回の守衛さんの件は想定外でした。
そして、行く前に調べておけば中に入る理由を言えたのですが、ホテルHPを調べたところ、ホテル内にはレストランやバー、べストリーショップがありました。

ペストリーショップがあるのを事前に知っていたら、たとえ急いでいた私達でも「そこで買い物する」って言えたのにー!!と思うと残念ですが、ロッキーマウンテン国立公園には再訪するつもりでいるので、その時には必ずやこのホテルに(怖いから泊まらないけど)入ってブログの記事にします!

ちなみに以前、スイスに行った時にハイジのモデルとなった場所、マイエンフェルトのハイジ村に雨&開園時間に間に合わなくて行けなかったのですが、それも数年前に晴天の訪問を果たしました。


さて、この記事を書きながら、これまでの旅で色々なロケ地を訪れたなあ…と思い出しまして…「ロッキー」とか「シックス・センス」、「プラダを着た悪魔」、「アイ アム レジェンド」などなど…

この2019年9月の旅行記が終了後に「ロケ地訪問特集」、とかやれたらいいなぁ~と思っています。


次回はコロラド州・エステスパーク~ボールダ―編です。

セントラルパーク散歩

今回は、アメリカ・ニューヨーク州、マンハッタンの
・プラザ合意&日本人にも人気の映画のロケ地で有名なプラザホテルからセントラルパークへの街歩き
・セントラルパーク内のおすすめスポット
(桜が見える場所も!)
についてご紹介します。


2017年4月28日(金)。
ニューヨークシティ街歩きの続きです。

トランプタワーやティファニーのビルを背にして北方向へ5番街(5th Avenue)を歩くとすぐに、プラザホテル(The Plaza Hotel)が左手に見えてきます。

イメージ 1

プラザホテルは、あのプラザ合意で知られているホテルでもあり、
映画『ホーム・アローン2』で、主人公のマコーレー・カルキンが親のクレジットカードで1人で宿泊したシーンのロケ地でもあるんですよ。

NYに住んでいた時に、当時同じアパートメントに住んでいたKさんとプラザホテルでアフタヌーンティーを楽しんだこともあり、思い出のホテルでもあります。

ちなみにここのアフタヌーンティーは、空間は素敵ですがお味のクオリティーは日本の方が断然美味しいです・・・。


↓交差点に並んで停まるイエローキャブ。ニューヨークらしい~!!

イメージ 2



プラザホテルのすぐ北側は、セントラルパークの南側の入り口です↓。
初めてここに来たとき、この美しい金の像を見て、”ここがあのセントラルパークかぁ~!!! ” と興奮したことを覚えています。

イメージ 3

パークの花壇もきれい。
訪れたのがゴールデンウィークだったので、チューリップが美しく咲きそろっていました。

イメージ 4

私の大好きな灰色リスさんたちも相変わらずいてくれました!!

イメージ 5
イメージ 6

こちらの子は口に実を加えて、木に張り付いています。

イメージ 7


私にとっては懐かしい、パーク内のこの通り。

イメージ 17

在住時に友達のMさんと二人でここを訪れ、この左手にあるセントラルパーク動物園(Central Park Zoo))に行ったことを思い出します。
その時は、ど迫力のホワイトタイガーとシロクマを撮影できたんですよ~
(↑アメブロの過去記事へリンクします)

また、過去のブログの記事でも詳しくご紹介していますが、↓写真の、意外と日本人には知られていないセントラルパーク内の見どころの一つ、
The George Delacorte Music Clock
(↑アメブロの過去記事へリンクします)

イメージ 8

午前8時から午後5時の間、毎時きっかりごとにかわいらしい音楽が鳴り、
時計の一番上のサルが鐘を鳴らし、その下にいる動物たちがくるくると回ってかわいい仕掛け時計になっています。

パーク内にいたアメリカンロビン。お腹がふっくらしてかわいい。

イメージ 9

帰国時にぬいぐるみを買った帰ったくらい私の大好きな鳥の一つで、今でも一緒に寝ています^^


さらに歩いて・・・

イメージ 10

久しぶりに来たかった、セントラルパークと言えば・・・の一番日本人がイメージする場所、
シープメドウ(Sheep Meadow)へ。

イメージ 11

主人とも、友達とも、一人でもここに来たなぁ・・・。

セントラルパークはこの日、八重桜が見ごろでした。

イメージ 14

ちなみに以前私は一人でソメイヨシノを見にパークに来たこともあり、セントラルパークの桜お花見スポットお散歩マップを作ったので、ご興味のある方はご覧下さい。もうこの時は夜で暗かったので桜の綺麗さがわかる写真がそんなに撮れなかったのですが、雰囲気だけでもお伝えできれば・・・。

イメージ 15
イメージ 16

6年半ぶりのセントラルパークを味わえて幸な気持ちで満足して帰路へ・・・。
この日も宿泊していたホワイトプレーンズへ車で戻りました。

イメージ 13

次回は私がかつて住んでいた街、懐かしのホワイトプレーンズ編です!